FC2ブログ
MIRROR OF ES Diary
音楽制作メモやら音楽機材、生活グッズレビューを中心とした日記です。
MSP7 STUDIO、MSP5 STUDIOに使うサブウーハーSW10の能力分析
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YAMAHA MSP5 STUDIO 【ペア】
価格:45662円(税込、送料無料) (2018/12/12時点)




DTMのど定番スピーカーMSP5はもう名前も知られて有名かと思います。
このスピーカーは発売から随分経ちましたが未だ現役。
少し煌びやかながら締まりのある音はモニタースピーカーとして十分な能力を発揮。

このMSP5のワンサイズ上MSP7も鉄板ですよね。
ところがなんと!?

MSP7は販売終了していました!

どうやらヤマハはHSシリーズへ移行したようです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YAMAHA HS5 [Pair]
価格:30618円(税込、送料無料) (2018/12/12時点)




大昔の鉄板10モニを再現したかのような白いスピーカーコーン。
この機種、そこまで良いと感じないんですよね。

でも今ヤマハでサブウーハーを組み込むサウンドを作るならHSシリーズしかないのです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YAMAHA HS8S 【サブウーハー】
価格:46224円(税込、送料無料) (2018/12/12時点)




なんとMSPシリーズのサブウーハーSW10も販売終了しています!

今はMSP5だけ販売しているようです。MSP7を適切音量で鳴らせる家なかなかないですからね...。

さて、SW10について。

SW10は地味なマイナーチェンジをしていたようで初期版と後期版は背面パネルの記載内容が違います。
初期版は In Out が順に1、2、3 としか書かれておらずどこに何を繋げるのか明記されていません。
SW10背面

LEVELコントロールの下をL、真ん中がR、最後に残ったのがサブウーハー用です。

さて、まず気になる結線の仕方。
説明書もざっくりとしか書いていません。

普通に2本のMSPシリーズにSW10を加える場合はSW10のLとRのインプットに
オーディンインターフェイスのアウトプットキャノンケーブルを繋げてます。
それぞれの下段にあるアウトプット端子からMSPシリーズへそれぞれ繋ぎます。

いわゆるHUBのような繋ぎ方ですね。ケーブルは4本必要です。

最近はベルデンなど業務用に向いたケーブルを販売しているところも増え安価になりました。
このブログでもケーブルについてはよく触れていますが、
結論はベルデンかモガミの二択になります。しっかりした音はベルデン、明るめならモガミといったところでしょう。
お好きな方をチョイスしてくださいね。

さて、ここで2つの疑問が出ます。

・MSPシリーズだけ電源が入っていてSW10の電源が入っていない場合はどうなるのか?
答え MSP5だけで音が鳴ります。パッシブ機能があるようですね。
   サブウーハーから音を出したくない時に便利。

・SW10だけ電源が入っていてMSPシリーズの電源が入っていない場合はどうなるのか?
答え SW10だけのサブウーハー音を確認できます。


次に調整のお話。
MSPの5か7かで調整の仕方は異なります。
マニュアルに調整の仕方は書いてありますが基準は出したい音量と自分の耳だと思ってください。
まずMSPシリーズの音量を普段聴く音量に調整します。
そのあとSW10のハイカット80Hzを基準にレベルコントロールを真左に回してから少しずつ右へ回して調整します。
ロー周りがどっしりしてきます。ある程度回すとローだけ飛び出たように聞こえます。
そこまで回してしまったら回しすぎです。
MSPのローがしっかり締まるような響きで止めるのがコツです。
MSP5の場合だと8時の方向あたりで既にかなりローが出ます。
決して思いっきり右に回さないようにしてくださいね。
そんなことしたら部屋全体が共鳴して揺れるほどの爆音になりますw

このようにしてSW10を追加したMSPシリーズは数ランク上のスピーカーのような鳴りに聞こえます。

MSPシリーズでサラウンド構築する場合にも必要で
その場合はサブウーハーという箇所にオーディオインターフェィスから直で一本結線するだけでOKです。

SW10の弱点があるとするとでかい重い(27.5kg)一般の住宅マンションは重低音を出すことはまず無理ですね。
それゆえかあまり出回ってないようにも感じます。
もし中古で巡り会えるならオススメの一品ですよ!

現行機種でサブウーハー環境作るならHSシリーズになることもお忘れなく!

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

古びたWindows機種NEC PC-LL750BS1YR改良計画スタート



NEC PC-LL750BS1YRという隠れた名機。
何が凄いかってUSB3(3が2ポート、2が3ポート)ありFWありSDカードOK、Blu-Rayドライブあり、eSATAあり、HDMI出力ありというなかなかのど変態機種なのです。
画面も綺麗。

とはいえSSDに慣れるともう遅いのなんの。
Windowsでちょこっとメール受信しようにも数分以上は待たされるいや10分超えます。
どうも標準HDDは599GB rpm5400っぽいんですよね。
それは遅いわけだ。
蓋をあけるとすぐ使えるMacと比べると電源入れるのすら苦になります。

じゃあ新しいWindowsPCをとも思わないですよ。
マカーですからw
Vチューバーやゆっくりムービーメーカーで動画は作りたいんですけど
それって超ハイスペックPCになるのでまた別次元かなと思いましてw

とりあえずMac Mini2011に挿さっていたPC3-10600S 1333 4GBX2を挿してみたんです。
MAX8GBらしいのでちょうどかなと思い。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

3802 RAMMAX RM-SD1066-8GB  DDR3 1066 (PC-8500) 8GB
価格:6490円(税込、送料別) (2018/12/7時点)



あ、この機種はPC8500しかだめ的なことが書いてありますので動きましたが一応注意ですw

そしたらですね...普通に起動しました。
問題なく認識しますし動作が少し早くなりました!
SSDほどの衝撃はないですけどね。
事務用途や簡単なイラストレーター、フォトショップ使い程度ならこの機種に
SSD1TBと8GBメモリあれば十分かなと思いまして。
さらに後日記事にしますがMac miniも大改造計画中で...。

SSDは下記の860EVO 1TBにしました。


この機種、なんと期間限定でAMAZONで15480円です!

SSD馬鹿みたいに安くなりましたね...。

最近知ったんですがSSDは2.5インチタイプよりm.2という基板剥き出し系のが爆速だそうです。
このことも後日Mac Book Air大改造計画で記事にしたいと思います!

取り合えずいまSSDでポイントなのは
2.5インチSSDは安価、容量が大きい、速度は500MB/Sくらい
M.2系SSD(棒状のもの)は高く発熱量が凄まじいが速度が1000MB/Sを超えるということです。
いまいちわからないのは例えばこのM.2系SSDをMac Book Proの2.5インチHDDの換装に使うと
2.5インチSSDより爆速になるのかですね。
最近のMacはM.2系SSDですが自分がメインにしてるMacはHDD世代なので...。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SAMSUNG(サムスン)SSD 970 EVO M.2 MZ-V7E1T0B/IT (SSD/M.2 2280/1TB)
価格:34862円(税込、送料無料) (2018/12/7時点)




少しパソコンの世界から離れていたら何もかも凄い勢いで進化していて
USB-CタイプやTB3機器なんかはTB2やTB1に比べて劇的に安いし普及してました。
レガシーPCを持たせるより新しいの買えばってなりそうなんですが、
そこまで新しいPCに魅力を感じていないんですよね。


DTM的にはコスパ含めMac mini2018が一番強そうです!
もし再びノートにするのならSSDが8TBで出た時ですね!
自分の持ってる音楽制作システムの容量がちょうどそれくらいなので。
本当再来年くらいにはノートパソコン一台で良くなりそうなのでそれまで待つことにしましたw

少し話が脱線しましたが現在はSSD到着待ちです!
また届き次第レビューしていきます!

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

HD Native見事にSierraで認識せず。実験結果報告
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AVID PRO TOOLS | HD NATIVE Thunderbolt + HD I/O 16x16 Analog System
価格:885600円(税込、送料無料) (2018/12/7時点)




HD Nativeは今年からドライバが有料になったわけですが古いドライバでは動かないのか実験してみました。

環境は
Sierra PTHD10インストール済み

この時点でPTHD10側にCoreAudioドライバも入っているはずなんですがもちろん認識されず。
ハードウェアとしてはしっかり接続され認識されてます。

じゃあHD11用のCoreAudioドライバを入れてみたら?
...やはり認識しません。
HDデバイス0と出ます。

結論。
SierraはPTHD12.8以上のライセンスを持っていないと認識しない。
High SierraではPT Ultimateライセンスが必要。
Mojaveはそもそも入れてはいけない。何も認識しなくなる。

こんなところですね。
ひどい...あまりに酷すぎる。
高い機材なのにドライバ有料って初めてですよほんと...。
年間支払いの月々払いで9000円くらいというプランがあるようですが
やはり年間12万近くも払いたくないですね。
完全にHDXの後継機待ちです。



それとSierraでHDX10が動くのかという話ですが、微妙です。
インストールはできます。
が、文字が消えたりショートカットが一部無効になるなど謎の現象が。
でも例えば他社のI/Oはちゃんと認識して音も出るんですよね。
まあ個人で使う分にはこんなものかなと。
商業用としては全然ダメです。

残念ながらNative HDシステムはずっと新品のまま箱に収まることになりそうです。
それと良くお店が推奨するOMNIは絶対NGです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AVID HD OMNI I/O
価格:318600円(税込、送料無料) (2018/12/7時点)



これ借りたことありますがまともなスタジオワークは絶対できないしとても使いにくいです。
これ買うくらいならRMEやらの1Uオーディオインターフェイスのが全然良いですよ!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RME Fireface UFX II【p5】
価格:278640円(税込、送料無料) (2018/12/7時点)




そもそもHD Natvie単体売りしてるみたいですが


今や迂闊に買ってはいけない機種入りです。

Protoolsはかなり厳しい状況なのでこれからDTM始める人は無視して良いです。
スタジオと作家のやりとりもパラデータのノンエフェクト状態が多かったりしますし。
なので商業用としては細やかなパラデータ書き出しに強いDAWがオススメです。

AAXになったことにより販売されているDSPエフェクトが極端に減り、
AAXになり離れたWAVESは落ちぶれていったことが
Protoolsのオワコン化を加速させている気がしてならないです。

ということで残念な結果報告でした。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

年末音楽スタジオ大改修スタートに向けて色々がっつり購入モニター編

ただいまサイバーマンデー中で45,980円となっている
LG モニター ディスプレイ 43UD79T-B 42.5インチ/4K/IPS非光沢/HDMI×4・DP・USB Type-C・RS-232C/スピーカー/ブルーライト低減
をレコーディングスタジオの中核モニターにしました!

今までは47インチプラズマTVを置いていたんですが、どうにも描画タイムラグが
乗り込みエンジニアさんのレコーディング時に不評だったのでどうしたものかと
思いつつもとても重たいプラズマTVを撤去する気になれず放置していたのです。

最近は本当PCモニターが安く大きくなっているんですね!
42.5インチでサイズダウンはしますが4Kだし、USB-C対応だし色々な機器を同時入力できるHUB機能もあるし
至れり尽くせりなのでこれに決めました!

現状レコーディングスタジオはPTHDシステムによるRECとLogic ProXにミックスという形に
分けることにしました。
Logic ProでのRecは個人ではガンガン使いますが商業規模ではまだ怖いですねw
ただ、ミックスプラグインはProtoolsがAAXになってから極端に使い物にならないものばかりで
Logicのが高度なMixを行えることからこのようにしました。
あとはHDシステムが走っているMac ProをSSD化する程度です。
このやり方では
Logic Pro X導入PC→AudioI/O→オプティカル接続→HD/IO→各種スピーカーへ
という流れになるためPTHDパソコンとLogicのパソコン両方の画面を見ることが必要なのです。
そういう意味でもこのモニターは大正解!

そしてあれこれ考えるほどHD I/Oは本当よく出来たI/Oだとわかりました!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AVID HD I/O 8x8x8
価格:447120円(税込、送料無料) (2018/12/7時点)



8X8X8に関しては知らなかったのですがADATで16chまで行くんですよね!
本体の標準オプティカル端子がADATだとは思いませんでした...。
さらにAES/EBUも別途あるのでGENELEC8260Aをデジタル接続にチャレンジしてみます!


とんでも爆音がなるんじゃないかと不安は未だあるんですがw

自分自身の制作としてはモニタに不満があるとすると解像度縦幅1080なのが不満で。
27インチあればLogic Pro Xならなんとかディスプレイ一枚でいけるし
2枚で作るより楽なことに気づいたんです。


[ひかりそこでTVショッピング] ViewSonic 31.5型カーブモニター WQHD VAパネル VX3217-2KC-MHD
を購入してみました(29800円)!

ノングレアWQHD(2560x1440)
HDMI1.4x2
DisplayPortx1
miniDisplayPortx1

そしてなんとなく憧れる曲面ディスプレイ♪
Logic Pro XはRetinaに最適化されていて縦幅1080じゃ全てのメニューを展開できないんです。
それがなんとなくストレスだったのでようやく解放されます!
曲面モニタに拘らなければもっと安い金額で大きなインチか4Kなんかも選べそうなんですが
憧れには勝てませんねw

とかく制作ではあまりディスプレイに力を入れておらず解像度はHD止まりでしたが
いよいよ4Kにも手を出し、余ったモニタを10mのHDMI延長ケーブルで
ブース内から映像を見ながら歌ったりナレーションできる専用モニタを設置予定!

ケーブルは4K対応でも2000円くらいでした。

スタジオにとってのモニターとは派手さの演出、映像出力としてのモニターといったところ。
個人使用はとにかく疲れにくいものであること。

今まで2枚以上のモニターディスプレイ派でしたが一枚とシンプルにまとめて
ごちゃごちゃ感を減らす作戦です!
2019年はよりシンプルにしたい!

※今回はセール中ともあり、楽天では下記のように高いので一部アマゾンリンクでご紹介しています。


テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

UNDERTALE Bonetrousle [Rockアレンジ][アンダーテール]

弦楽Bonetrousleにドラム、エレキギターを添えて荒々しく迫力あるサウンドへアレンジ

目指せチャンネル登録1000人チャレンジ中!
ぜひ、Youtubeチャンネル登録お願いします!
https://www.youtube.com/user/Mirrorofes
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

UNDERTALE Nintendo Switch版
価格:4320円(税込、送料無料) (2018/12/6時点)




この曲はニコニ・コモンズにてMP3配信

作曲 Toby Fox
リアレンジ Mirror of ES
http://mirrorofes.com
ツイッター @mirrorofes



新規楽曲制作は
http://mirrorofes.com
にて受付。

フリーBGM素材大量公開中
http://mirrorofes.com/esnomy/index.htm
より手に入ります。


テーマ:ゲーム音楽 - ジャンル:ゲーム

追いかけられる夢[Free BGM素材][sound track][恐怖]

イメージ
追いかけられる 逃げる 夢 怖い
恐怖 焦燥 焦る 走る 悪夢



目指せチャンネル登録1000人チャレンジ中!
ぜひ、Youtubeチャンネル登録お願いします!
https://www.youtube.com/user/Mirrorofes

新規楽曲制作は
http://mirrorofes.com
にて受付。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】研磨済 追跡可 送料無料 PS クロックタワー2
価格:730円(税込、送料無料) (2018/12/6時点)



フリーBGM素材大量公開中
http://mirrorofes.com/esnomy/index.htm
より手に入ります。


追いかけられる夢[Free BGM素材][sound track][恐怖]
作曲 MOES
Twitter @mirrorofes
制作 Mirror of ES
http://mirrorofes.com


テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽



プロフィール

TAKUYA

Author:TAKUYA
公開している音楽制作HPに多少?関係したゆったり日記です。
音楽制作依頼のご連絡はこちら

運営中の音楽HPはこちら



Google



ツイッター



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



こーこく



カウンター



アクセスby



楽天ナイスアイテム



AMAZON



ブログ内検索



RSSフィード



iTunes音楽ランキング



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



楽天ランキング



買得情報



最近のトラックバック



月別アーカイブ



APPLE



QRコード

QR