MIRROR OF ES Diary
音楽制作メモやら音楽機材、生活グッズレビューを中心とした日記です。
Logic pro 9に外部から取り込んだオーディオデータをタイムストレッチ

Logic Pro 9 で数十?数百小節のオーディオデータをタイムストレッチで
テンポチェンジする方法がようやく理解できました。

手順は、

オーディオファイルの元のテンポにLogicのテンポをあわせる

テンポを変えたいオーディオリージョンを選択

メニュー→オプション→テンポ→「テンポ情報をオーディオファィルに書き出す」

オーディオの元のリージョンの長さジャストでロケータセット

その状態で変えたいテンポをトランスポートに入力

アレンジウィンドウ→オーディオ→リージョンをロケータ位置までタイムストレッチ

でOK。

この方法はACIDやAPPLE LOOPS等のテンポ情報を含むものや、Logicで録音したもの以外の
オーディオデータ、わかりやすくいえばテンポを変えたときにテンポに追従しないオーディオデータ
に対して有効です。


メニュー→オプション→テンポ→「テンポ情報をオーディオファィルに書き出す」

がとても重要で、これを行っても見た目何も変わりませんが、
行わないと、ほとんどエラーで強制終了するはめになります。

サンプルエディタからタイムアンドピッチマシンを使用しても同様にエラーなので
基本的にはテンポ情報の書き出しが必要です。

といってもこの方法、元のオーディオファイルのテンポを計測しないといけませんが…。
また、この機能、実はLogic pro9でようやくできるようになった機能のひとつです。

ProtoolsのTCEみたいにもっと感覚的にできないものかなと思うこのごろです。


テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mofes.blog66.fc2.com/tb.php/245-6c9052a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TAKUYA

Author:TAKUYA
公開している音楽制作HPに多少?関係したゆったり日記です。
音楽制作依頼のご連絡はこちら

運営中の音楽HPはこちら



Google



ツイッター



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



こーこく



カウンター



アクセスby



楽天ナイスアイテム



AMAZON



ブログ内検索



RSSフィード



iTunes音楽ランキング



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



楽天ランキング



買得情報



最近のトラックバック



月別アーカイブ



APPLE



QRコード

QR