MIRROR OF ES Diary
音楽制作メモやら音楽機材、生活グッズレビューを中心とした日記です。
AIRA SYSTEM-1持ちが新製品SYSTEM-8を考察


ついにAIRAが本気に!?
SYSTEM-8登場です!

プラグアウトX3&ボコーダー、アルペジエーター、
ポリフォニック・ステップ・シーケンサー、コードメモリー、CV/GATE Out...。

おいしいところいっぱい詰め込んできましたね。
USB項目にAUDIO機能がある事からオーディオインターフェイスとしても。
ボコーダーの使えるオーディオインターフェイスはちょっと魅力的。

ドラム系を除くシンセサウンドはかなり作り込めそうですね。
これ一台で結構お腹いっぱいになれるかも。
アナログシンセとしてではなく技術の先端を貫くAIRA。
JD-XAとの差別化はしっかりしてます。


では、SYSTEM-1持ちから見るとどうでしょう。

やっぱり付加された機能分SYSTEM-8のが魅力的ですね。
コンパクトに最新サウンドというかAIRAサウンドをってなった時のSYSTEM-1は最強です。
このサイズでシンセしてるってのが今っぽいんです。
しかも手で触る時にリサイズして小さくなっていないので操作性はとてもよい。


JP-08とかみたいにリサイズして扱いやすい大きさにしてるのはとってもよいのだけど。
でも操作性を犠牲にしてるかもという。慣れかな?

初シンセでSYSTEM-1持ちってなるとなんともだけれど
幾つか持っていてSYSTEM-1を選択した方ならきっとわかるジレンマ。
SYSTEM-8にしてもPlug Out機能は結局ソフトシンセで賄っちゃうよねという。
DAWとの連携を想定してる時点でね。
そうすると余分な操作パネルを削ぎ落としたSYSTEM-1は実に利便性が高く
追加された機能はDAWで補えばよいのです。
そう考えるとサウンドキャラクターが激変しない限りSYSTEM-1のままが良いとも。
完全な上位機種って考えにくいのがAIRA製品らしいかなと思います。

そうなるとJD-XAのが魅力的。でもそんなにアナログシンセ取り込まないよって。


Doepferにハマった時期がある身としてはいろいろお腹いっぱいで。
それより制作的に必要なサウンドなのかが重要。
そういう観点からSYSTEM-1含めたAIRA製品はお仕事に活かせているので満足しています。

次を期待してしまうのはAIRA製品を完全にまとめて扱えるUSBハブ的なの。
前からこのブログで言い続けてますね...。

なんというかAKAIのSシリーズのSINE WAVEを使い続けるためにSシリーズを維持するのかとか。
そのためにシステムの維持するよりスマートにタブレット一台で曲作れちゃうみたいな方に
進んでる気がするのです。
もちろんSシリーズ、売り時を逃しました。笑
今時SシリーズのサンプリングCDを探す方が大変。笑
CDドライブ非搭載なんてSCSI接続型CD-ROMドライブを探さなきゃ。
懐古してる時間で何曲作れることやら。
時代の波ですね。( T_T)

というわけでSYSTEM-8はAIRA製品を持っていない方にこそ意義があると思うのです。
このでかさが問題ないならありあり!
AIRAサウンド、綺麗なので今っぽい(それでももうサウンド的に1-2年前かなー?)メイキングできます!

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Fact[オリジナル][男性ボーカル いど][BPM120][アコースティックサウンド]公開


a story-teller.
One lie makes many.
That rumor walks alone.
Misunderstandings lead to more misunderstandings.
a mixture of truth and falsehood.
Ill news comes too soon.
I just don't want you to get me wrong.
a world in which nothing exists.

タイトル Fact
歌詞 ES
作編曲 TAKUYA
歌 いど


叩きつけられる感情
割れたガラスに写る僕
偽りの僕が僕を消し去っていく

まるで月と太陽のように
重ならないまま影を残し
そこに痛みがあるから
僕はそれを変えたくて

闇を照らすように
痛みを理解して
縺れた糸を解くように
誤解を解いていく

それが結びつくと思っていたのに

叩きつけられる感情
破片に記憶のない世界
偽りの僕が僕を消し去っていく

痛みが憎しみに変わり
すべてが焼き尽くされて
そこには影すらできない
闇だけの世界に

僕に大きな穴を空けて
憎しみを飲み込もうとしたら
新たな憎しみに姿を変えて
僕に刃を あぁ
僕に刃を向けただけだった

割れたガラスに写る僕
破片に記憶のない世界
偽りの僕が僕を消し去っていく

砕け散るガラスに
赤く染まる苦しみ
偽りの僕を切り刻んでいく

燃え盛る憎悪
作り出された悪意
真実はもう存在せず
僕ごと闇で埋め尽くされていく

割れたガラスに写る僕
破片に記憶のない世界
偽りの僕が僕を消し去っていく

砕け散るガラスに
赤く染まる苦しみ
偽りの僕を切り刻んでいく

テーマ:男性アーティスト - ジャンル:音楽



プロフィール

TAKUYA

Author:TAKUYA
公開している音楽制作HPに多少?関係したゆったり日記です。
音楽制作依頼のご連絡はこちら

運営中の音楽HPはこちら



Google



ツイッター



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



こーこく



カウンター



アクセスby



楽天ナイスアイテム



AMAZON



ブログ内検索



RSSフィード



iTunes音楽ランキング



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



楽天ランキング



買得情報



最近のトラックバック



月別アーカイブ



APPLE



QRコード

QR