MIRROR OF ES Diary
音楽制作メモやら音楽機材、生活グッズレビューを中心とした日記です。
Logic Pro X + Logic Remoteが凄い件について+DTMをすぐに始める方法

Macのみで動くDAW Logic Pro Xが凄いことになってます。

まず他のDAWと違い上位下位バージョンがありません。
これひとつ購入すると数千の音色、数万のループ素材が付いてきてピッチ補正機能も付いてる。
至れり尽くせりなんですね。

その中からES1、2というソフトシンセに着目。
この二つは随分昔からあるソフトシンセでLogicに搭載されています。
最初は気がつかず使用しているかも。
昨今様々なソフトシンセが出て特にシンセサイザー系はあれこれ出てますが
やはりES1とES2はとても凄いソフトシンセだと思わせます。
ES2に至ってはデジウェーブと呼ばれる波形が100も入っています。

「波形選択時のSineの上でcontrol+クリック」

これでびっくり!
100以上の波形が選択できます。
恐ろしいほどの音作りが…!
これに加えalchemyが加わったりもうシンセ系はお腹いっぱい?

生系はストリングスや民族楽器など一通り揃っており音質もDAWデフォルトとしては高品質。

エフェクトも半端ない量で付いてくるため
しばらくLogicのみでいいやってなります。


Logic Remote


さらに無料でiPad/iPhone(機能制限あり)用アプリが存在し、
これを使うとレイテンシーを気にせずワイヤレスで
iPad/iPhoneがコントローラー化します。
フェーダーを操作したり、ショートカットモードにしたり、ピアノやギター画面にして演奏をそのままMIDIでリアルタイム入力できます。
よほど鍵盤を弾きたいとならない限りこれで良いだろうとさすがに思います。
フェーダーや再生停止などの操作に至ってはフィジカルコントローラーの不必要性を感じさせる出来で
Mac、Logic Pro X、iPadがあれば恐ろしいほど高いと思われる高度なDTM環境が安価?で揃ってしまいます。

これらを利用していると本当機材要らずな時代になってきたなと思うんです。
DTMの間口は本当広くなり分かり易くなった反面、音楽機材の購入欲は結構落ちます。(笑)
ここ最近ブログもDAWネタだと何書こうか困りますもの…。(/ _ ; )
さらにパソコンのハイスペック化に伴いある程度困らないくらいのものを形にできてしまう。
そろそろiPhone/iPadでのDAW環境にシフトする手前くらいまできてる気がするんです。
そうしたらもうパソコンも要らない。実際機材もiOSに対応してきたり目まぐるしい。
これからDTMを始める方はWindowsならStudio One、Macならガレージバンドという無料で始められる凄いソフトを是非。iPhoneユーザーならApp Storeからガレージバンドをまず無料でDL。

ここに書いた記事内容を即座に体感できます!
本当凄いことなんだけど当たり前みたいになってきて恐ろしい。(笑)

Mac Book Pro


iPad

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

HONDA JADE 4ヶ月使用してみた感想



あまり走ってるのを見かけない?
ホンダJADE4ヶ月目突入で見えてきたこと。

・6人乗り
まさに緊急時的な。1時間以内の移動で成人男性でなければ3列目はなんとか。
それでも疲れますよ。足の置き場がないとはまさに。
ちょい移動として絶妙に働き、6人乗っても案外トランクにちょっとした荷物は乗ります。
A4ノートパソコンが入りそうなカバン4つくらいなら。
こういう想定している人にとってはかなりありな車ですが随時6人で1時間以上移動となると
確実に選択肢から外した方が良いです。

・車幅
これが結構問題。車幅がギリギリの駐車場は全然ダメです。ホイール擦るだけで無駄なあがきです。
ギリギリ入りますよと言われたら間違い無く入れない方が良い。ホイールやられます・・・。
で、結構そういう立駐は多いという。なので案外立駐は厳しかったりします。
高さは全然問題ないんですけどね。

・ハイブリッドと燃費
これは道路状況によるので気をつけて欲しいのですけど
ある程度法定速度内加速後アクセルを離してをうまく利用すると市街でも1l 20km以上でますね。
これはインサイトではできなかったので意外。
ポイントはハイブリッドモーターメーターです。踏み込んだ時に15km以下になりそうなタイミングで
アクセルを離すと大体そうなります。
信号待ちのない道や高速では一定速度で走った方が良いです。

・アクティブセンシング
高速道路では最強の能力を発揮します。
何度も高速に乗りましたがもはやこれがなければというほどに・・・。
クルーズコントロール(前車の速度に合わせて減速します)してしまうと
かなり運転が楽に。肩こりや足の疲れなどは格段に減り集中力も持続します。
こういった機能が付いていない別の車に乗り換えた時にはっきりわかります!
下り坂ではしっかりエンジンブレーキがかかり急に大きなエンジン音が聞こえビビります。(笑)
これだけのエンジンブレーキはSモードに入れたってかからないのに・・・。
パドルシフトがないのが悔やまれます。
それとたまに誤認識します。何もないところでもカメラ的に何かあると捉えて警告音が。
今の所誤認識が事故につながるような強制的動作はないです。

・ナビ
純正ナビは起動が早いと思ってましたが最近遅いなと思うように。
というのもエンジン始動時無音でハイブリッドモーターで始動することが多いんです。
そうするとすぐ発進できるものだからその速度には間に合わないという。
ナビのルート設定するのに待ち時間。
検索が地味に面倒な手順。
音声検索も細々と質問に答えなければならず面倒。
目的地履歴やよくいく地点のハンドルについているショートカットは
便利なんですが最近行ったところのみの表示なのか地点登録の固定が出来ない?
標準ルートは高速使用オンで最短時間案内になっている。
時々ビックリするルートを案内する。
ルート変更が途中で入った時もとんでもルートを案内することがある。
一般道路優先でも自動ルート変更時に高速を勝手にチョイスすることがある。
まぁまぁ様々な情報を喋るのでちょっとうるさい(良い時もあります)。
本当あと一歩感。
CD録音は外部メモリのみ。HDDもいけそうだけどどうしたものか・・・。
Bluetooth機能が秀逸ですぐ自動認識、iPhone/iPadなどの音声を簡単に飛ばせる(ちょっとこもってるけど)。
インフォメーションディスプレイに右や左にあと何メートルで回るかなどルート情報が表示され分かりやすい。

・道路標識識別
おまけくらいのイメージ。たまに反対側車線情報を引っ張ってきたりするものだから。

・ウインカー
ちょい押しすると数秒カチカチ。これが地味に便利。慣れるとこれが付いてない車で不便さを・・・。

・全消灯点灯
車内の上部ライトを運転席から一気に付けたり消したりできる機能は便利。だけと使わないかも・・・。

・純正ラバーマット


後部座席用のマットは確実にずれます。そして雨の日はキュッという感じでちょっとだけ滑る。
が、さすがラバー。ゴミ掃除しやすい、拭き取りやすい。
経年劣化しちゃうものって考えるとラバーが無難かなとも。

・室内の汚れ
後部座席もそうですがまぁまぁ靴跡とかあちこちにつきますね。
低い車なので仕方ないかな。
そして意外と傷つきやすい気がします。

・前面ガラスのサンシェード
今の所ほぼ効果のない高さまでで悲しい。
サングラス入れが上部についている理由がわかります。

・窓ガラス
じりっとした熱さは側面窓ガラスより感じます。日焼けはしたことないです。

・ライト
十分に明るいのでフォグの出番もなく。
真っ暗な山道でようやくハイビーム使うかなくらいです。
使わなくても走れなくはないですが闇へ突っ込んでいく感覚がなくなる分の安心感。

・騒音
室内は静か。
でも案外音漏れしてると思います。

・SモードとかEcon
結構な峠や坂道も走りましたがSモードは使いませんでした・・・。
安全に落ち着いた走行をする限りいらない。Econオンのままで十分走れます。

・特殊機能?
乗車する前にキーのロック解除ボタン長押しで押している時間全部のウインドウが開きます。
すごいなーと思ったんですがカバンにしまい込んだキーをわざわざ出さなければならず
案外夏場でも活躍しません。ちなみにロックボタン長押しでウィンドウが閉まります。
真夏の34度超えでもエアコンがすぐ効くのでエンジン始動した方が早い気がします。

・全体的な大きさ
やっぱり大きいです。Uターンとか無理しない方がいいです。
駐車場でも大きさは意識することに。
また、意外と前方カメラがなくても気にならないです。
気になるとすると車高が低いので前止めの場合縁石でも擦る可能性があります。
低めの縁石でギリギリ剃らない感じです。常に注意するしかないですね。

・ドアミラー左カメラ
左側ドアミラーを見なくていい感じになりますが実際は見ちゃいます。
これだけは頼らないようにしているのでむしろナビに割り込まれるたび解除ボタンを押す必要が。
常時このカメラを表示しっぱなしにできるんですがそれつけるならリアかフロントカメラを常時にしてほしい。
しかもフロントカメラは純正装備にないという。

・リアカメラ
3種類の表示ができるようになっているので駐車場に入れる時なのか単純にバックしたい時なのかで使い分けできます。
インサイトの時と比べると車幅の問題かドアミラーをよく見る気がします。
なんにせよリアカメラのみ頼るのは絶対よくないです!


というわけで細々と書いてみました!
乗り手を選ぶのは間違いないですが使い道が
あっていればなかなかこれに近い感覚の車種もないと思います!
普通ではない車だと思います(笑)

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク



プロフィール

TAKUYA

Author:TAKUYA
公開している音楽制作HPに多少?関係したゆったり日記です。
音楽制作依頼のご連絡はこちら

運営中の音楽HPはこちら



Google



ツイッター



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



こーこく



カウンター



アクセスby



楽天ナイスアイテム



AMAZON



ブログ内検索



RSSフィード



iTunes音楽ランキング



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



楽天ランキング



買得情報



最近のトラックバック



月別アーカイブ



APPLE



QRコード

QR