MIRROR OF ES Diary
音楽制作メモやら音楽機材、生活グッズレビューを中心とした日記です。
進化するRoland TR-8 新音色追加発売された!!
まずこのTR-8追加音色についての動画をご覧ください!



まさかの

・TR-707
・TR-727 Rhythm
・TR-808
・TR-909

追加!!

価格はなんと¥9,720
(ソフトウェア・シンセサイザーとして使えない)

ん?

なんだこの価格設定は・・・?
高いような高くないような・・・。
いやぁ・・・。
昨今のソフトシンセの価格を見る限り高いよ…。(*_*)


そう、つい最近MASCHINE買ったらエクスパンション7つプレゼントとか
9つエクスパンションを入れて1万円とか見てしまっているからだ。
ソフトシンセ界?的にホリデーシーズンは半額以上も多いので、
そのうちローランドさんもそうなっていくのだろうか。
ちょっと期待。

さて、中身を見てみると

・TR-707とTR-727のオリジナルのPCMウェーブデータを活用して、
オリジナルの回路を詳細にモデリング。

・ACBモデリングでは、サンプリング分解能の低さや、アナログENVとVCA回路の動作を再現。

・ アタック特性を調整したTR-909のバスドラムとスネア追加。

・5つのTR-808サウンド追加。

・フラム強度と2段階から設定可能なアクセント調節が追加。


なるほど、TR707系も面白い音ですが、TR909、808の追加音色は魅力的。

前述のとおり、購入したいかと聞かれると即答できない悩ましい部分はあれど
こういったアップデートが加わるのは素晴らしいこと。

AIRAシリーズはまだまだ進化する可能性を秘めていそうですね。

AIRAシリーズ購入者でユーザー登録した方にいろいろと
要望を聞くスタイルをとってきただけあります。

そうそう、知らぬ間に下記のような機能も。

[ PTN SELECT ] ボタンを押しながら電源オン。
[ DEPTH ] ボタンを押しながら SCATTER つまみを回して、" 2 " に設定。
[ START/STOP ] ボタンを押して、設定を保存。

設定値
1 :ノーマル / Normal
2 :エコノミー / Economy
3 :プログレッシブ / Progressive
4 :オール・グリーン / All Green
5 :クリスマス / Christmas
6 :サクラ / Sakura

なんと、光り方を変えられるんですよね。
エコノミーは分かります。明るすぎるというケースもあるので。
5とか6あたりはもうサービス満載ですよね。
こういうの音そのものに関係ないのですが、
結構好きだったりします。

今年もTR-8は結構制作に使ったんですが、
来年も制作で大活躍しそうな予感♪


テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Apogee Thunderboltオーディオインターフェイス Ensemble アポジー 来年頭発売!


いよいよ2015年1月中旬発売!!!

サンダーボルト版オーディオインターフェイスになっただけと思うなかれ!

全面的なデザインの変更!!!


超低レーテンシーを実現したThunderbolt 接続
ゲイン75dBのステップ・ゲイン回路搭載のマイク・プリアンプ x 8
フロント・パネルにJFET ギター・インプット、デュアル・モード・リアンプ・アウト搭載
高出力ヘッドフォン・アウト x 2
アナログ・インプット x 10
ApogeeによるプレミアムなDAコンバージョンのアナログ・アウト x 16
フューチャー・プルーフ・モジュラー・アーキテクチャー
Thunderbolt 2 Mac オーディオ・インターフェイス
最高サンプル・レート:24 bit 192khz
独自のThunderbolt オーディオ・ドライバー & ESS Sabre 32 DACによるフル・32bit プレイバック
Core Audio に最適化したハードウエアDMAエンジンによりMac CPUの負担を軽減
高解像度 OLED ディスプレイ
パラメーターの選択とコントロールするインプット・セレクト・ボタン & コントロール・ノブ
機能選択可能なボタン x 4
トークバック(内蔵もしくは外部)
アウトプット設定(スピーカー・セット、ミュート、ディム、モノサムなど)
Apogee Maestro ソフトウエアにてにインプット/ アウトプットを完全にコントロール可能
Logic、Pro Tools、Ableton 及びMac Core Audio 対応アプリケーションに対応
カルフォルニア・デザイン、米国製

という仕様!

もちろんMAC専用機です。

最高サンプルレート24bitなのはちょっともったいないような気がしますが
再生時は32bit対応。

サンダーボルト機器のド定番間違いなし!!!

RMEはUSB3方面に流れていて、Windowsでも使えることから納得。

いよいよFW終了してTB全盛期がくるのか!?

RME、Apogeeの動向がはっきりしてきただけに
ハイエンドオーディオインターフェイスの動向も気になります。


METRIC HALO / Mobile I/O ULN-8


PrismSound Orpheus

の二大ハイエンドメーカーの動向がとくに。

METRIC HALO は対応を検討しているとのことで、まさかなにかしら基盤を出すのだろうか。
このメーカーはあとからいろいろな機能を付加してくるため、
所有していて良かったと思い続けられるのが良いんですよね。


AVIDもすでにサンダーボルト対応はしてたりする。
ネイティブだけど・・・。
これ持ってるんだけど今の所出番なし。
ネイティブで動作させる商業スタジオ展開が
今後ありうるのかだ。
というかありうるならインターフェイスもAVIDである必要が・・・。

当ブログでもThunderbolt端子関係をよく書いているけれど
いよいよ来年には周りに使ってる作家さんが増えてくるんだろうなと予想。

NAMM2015も楽しみ♪

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

DAWのお供にハードウェア音源を追加すると厚みがしっかりでることも


昨今の音楽制作はソフトシンセ中心ということが間違いなくハードは
アナログシンセなどオンリーワン系が主役になりやすい。

ところがRoland INTEGRA-7などもしっかり役立ってくれるのだ。

たとえば白玉で弾くストリングス。ソフトシンセのリッチなストリングス音に
ハード音源の音で全く同じ演奏内容を重ねてみよう。
※もちろんハード音源の音量は控えめに。

すると中低域がしっかりとして、厚みが出てくるんだな。
この方法は何もINTEGRA-7のような最近のモデルじゃなくてもよい。


古い機材だけどRoland SC88だって構わないと思う。

というか有名どころの旧マルチ音源ならなんでも。

ヤマハMUシリーズ Motifシリーズ MOシリーズ・・・。
Roland SCシリーズ SDシリーズ JVシリーズ XVシリーズ・・・。

割となんでもあり。
ここ最近デジタルハード音源は恐ろしく価格低下しているので
数千円で買えそうなこういったシリーズを導入してみるのもありかもしれない。


ポケットミクだってUSB繋げば立派なGM系ハード音源さ。

何か厚みがと思ったらハードの音を足してみよう。
音程もガチガチになってて、しっかりしてるものが多いため安定した
サウンドになることだってある。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

HARAチェア ニーチェ壊れるの巻 (音楽制作用チェアを真剣に検討し続ける)
ついにHARAチェア ニーチェが壊れました。´д` ;

リクライニングの固定ができなくなった。
たかだかそれだけと思うなかれ。
構造的にリクライニングオフ時は垂直より心もち前に倒れこむかのような感じなのだ。
座っていると疲れるのなんのって。
リクライニングオンだともたれかかると後ろに倒れていってしまうので意味なし。
もはや使えない。他は傷んでいる気配がないだけに悔しい故障の仕方です。

しかし、何年もったんでしょう。
長かったほうかなと。
どうもネットで調べる限り、いまだサポート体制はあまり
優れない様子。

そこで椅子修理店を探してみたところ、
大体は木製の修理屋さんばかり。

そしてニーチェクラスの椅子は安いものと判断される。
なるほど、修理するより買い換えるクラスなのね。

というか当時より大分ニーチェの価格下がってきてますね。
2万台で買えるとは驚き。(^^;;

やっぱり音楽スタジオ標準ともいえるアーロンあたりじゃないと安心できないものか・・・。
アーロンなら12年の保証つくしねぇ。
こんな時期に壊れるとわ不運。
1ドル80円時代にアーロンを買っておくべきだったか。


ところで椅子の耐久年数ってどれくらいがバランス良いのでしょうね。
1年〜10年 人によってまちまちかと思いますが
HARAチェアクラスだと個人的に最低3年は持ってほしいかなと。
5年はちょっと欲張りなような?

DTMという分野はとかく座って仕事するタイプなので
とにかく椅子は重要。
次の椅子をどうするのか。
またまた悩ましい問題が発生してしまいました。ε-(´∀`; )

どこかニーチェ直してくれる椅子屋さんいないですかね。
往復含めた送料を見積もりで送ってくれたら嬉しいです。(苦笑)
ブログから始まるビジネス提案。(笑)
まじめに考えてくださる方、ニーチェ破棄前にご連絡を!

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

KRONOS 2の機能のほとんどを搭載できる初代KRONOSアップデートしてみた!
↓初代KRONOS

KRONOS2


KORG KRONOS 2が発売されたなか、
まさかのKORG 初代KRONOSが2とほぼ同じ仕様に無償アップグレードを
行うという神対応!!!

初代および2といえる
KRONOS システム・バージョン3.0.2
アップグレードしてみたレビューをお届け♪

・SGX-2(Premium Piano)ピアノ音源
KRONOS2に搭載された新音源。
まさかの初代搭載確定!
初代でのアップグレードの場合、
画面にはSGX-1のみの記載となるものの、
2015年1月発売の有償2と同等音色追加により
使えるようになるとのこと。
これは楽しみ♪

・KRONOS Sound Libraries
もちろんこれも含め、2から搭載されている音色は
来年発売の有償音色追加により初代も2と同等になる。

・ライブや現場で威力を発揮、新しいセット・リスト・モード
これはV3にアップデートで即利用できました。

・コルグ独自のタッチ・ビューにタッチ・ドラッグ機能を追加
吃驚!
これ初代も対応しました!
もともとこういうこともできるタッチビュー構造だったんですね!
驚きの一言。
ピアノの蓋を開けたりは別にという感じですが
ドローバー引っ張ったり、モジュールシンセの結線変えたりは
かなり便利。
今回のV3最大の目玉かと。

・KARMA、ドラム・トラック、サンプリング、オーディオ録音、MIDIシーケンサー
まぁ、DAW使うのであまり気にならないのですが
ざっくり見た感じ、本当充実してます。
15年前に発売していたらこの機能で曲を作ることも全然あり。

※ドラム・トラック機能
KORG M3にあって地味に便利な機能だっただけにありがたい!
これバックで鳴らしながらだとイメージしやすいんですよね。
V3の良いところだと思います!

※サンプリング機能
確実に進化しています。
ライブ仕込みにはかなり良い機能だと思います!

※16トラックMIDIシーケンサー/16トラック・オーディオ・レコーダー
これはすごいですよね。
32トラック。
Roland VSシリーズが出てた頃なら驚愕してたことでしょう。(笑)

※全16系統を同時使用可能、専用機を凌駕するリッチで高品位なエフェクト
これも。PC(KRONOSはPCみたいなものだが・・・)全盛の今となってはですが。

・全モードで常に有効、音色切り替え時の音切れを解消したスムース・サウンド・トランジション
音色切り替えしながら演奏する方に朗報。
常に前の出音を優先して、エフェクトを保持したままプログラム・チェンジを行い、音切れを解消。
何気にこういう機種は少ないと思います。

・コンビネーションやソングからのプログラム・エディット
これは便利すぎる!
プログラムで作った音を重ねて音色作ったりしますからね。
作曲時に便利です。あるようでなかった新機能。

・ビンテージ・エフェクト
CX-3、EP-1に内蔵の12種類のビンテージ・エフェクト・カテゴリー が
新追加。
太っ腹ですねぇ。これはV3にした段階ですぐ利用できます!

・Find機能
あるようでなかった音色検索機能。
これも便利機能。KRONOSは音色拡張したら膨大すぎる量なので・・・。

・各種メーター
見やすくなりました !

・USB QWERTYキーボードに対応
KRONOSでしかサウンド組み立てないなら重要な機能だと思います。

他、細々としたバグ修正が入ってます。

正直ここまで対応してくるとはさすがフラッグシップモデルとしか!
力を入れていることがよくわかります!
2の発表時は改善すべき点(ノブスライダーの貧弱さ、鍵盤の貧弱さ)が
なされていなくガッカリしたものですが、
2に搭載されている音色などには興味津々だったわけで。
それが無償/有償アップグレードで手に入るとはユーザーに優しい!
あとは音色のアップグレード価格の発表次第ですね。
恐ろしく高い値段でなければ初代は十分満足できます!

ということでKRONOS導入予定の方、
2も良いですがまさかの1という手も。
1なら価格も2より安く、機能的にはかなり同じなのでコスパ良いと思います!

以上各機能毎レビューですが
やはり最初に衝撃を受けるのはタッチビューの動作です!
1持ちの方はぜひアップグレードしてみてください♪



テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

DTM 新商品続々 気になるものをピックアップ

まずは Cubase Pro 8
なんとすでにDL販売してます!

箱は12月下旬らしい。

SONAR X4の発表より先になるとは驚きました。
今回加わった機能を見る限り7のミキサーウィンドウの見難さの改善を含め
オートメーションの書き方のバリエーション追加など
かなり実用性の高い機能が増えた様子。
後ほどアップグレードしてレビューしてみたいと思ってます♪




本ブログでも紹介しているAKAI Rhythm Wolf。
やっぱりアナログマシンでリズムマシンが発売されるというのは
来年頭あたりまでのトレンドになるかもしれないパンチ力。
この機種がどれくらい売れるかで他メーカーさんもいろいろ打ち出してきそう。



TRAKTOR S8
NI新製品。
PADまでついてこの製品MASCHINEと競合しそうな勢い。
どうなるんだろう。
NIはそろそろバラバラにギア出すんじゃなく
全NI製品を操れる一台を作ってもいいんじゃないかと・・・。^_^;


DiGiGrid

こいつがレコーディングの世界で最大のネックだろう。
いつぞやも似た製品を出してこけてる。
WAVESどこにいくんだ?
オーディオインターフェイスも作っちゃってもはやカオス。
Protoolsソフトウェアだけが残りインターフェイスはなんでもありになるのか。
先の読めない展開っぷりにPTは9か10が主流のまま。
11を入れるとなったらDiGiGridも考慮することに・・・。
そもそもCPUパワーゴリ押しでもいいんじゃないのっていう。
悩ましい。



KORG KRONOS 2

・・・。
1?所有者から見るとこの出し方はなんか違う。
システムバージョンがあがって容量が増えたことによる
音色強化くらいしか魅力が・・・。
2というならやはりノブやスライダー、鍵盤の貧弱さを
大幅改良するべきだ。
3に期待するしか・・・。


なんと12/5よりKRONOS1ユーザー向けに
Ver3のアップデートが無償実施された!
音色は来年1月有償販売らしいがほぼKRONOS2にできるとのこと!
すごいよKORGさん!!!!!!!




AIRA SBX-1

うーん・・・。
まぁ、あると楽しいよね。
高いね。
これを作るよりPlug Outの強化をしてほしいんだ。
せっかくのアイデアなのにもったいない。
SHシリーズはお腹いっぱい。
もっと斬新なことしてほしい。
ほんと音は良いからさ。
Rolandならソフトシンセ界でもトップクオリティを
作れるはず。ハードに固執せずガンガン攻めて欲しい。



MOTU 828X

サンダーボルト端子搭載。
魅力はそこ。
がしかし、RMEやApogee
またはハイエンドが出揃った今
端子に拘ることもないような。
そしてApogeeがEnsembleサンダーボルト版を出すというパンチのが強い。



ポケットミク。
これすごいよ。
ミクを気軽に演奏できる。
そして何よりUSB繋げば
159種類の音色とミクの声で曲が作れてしまうハードウェアでもあるのさ。
GM音源搭載、ハードウェアリバーブなども搭載。
すごいでしょ?
でも時代がちょっと遅かった。
今時Sys-EX入力したりセットアップ小節打ち込んでCC駆使したりするんだろうか?
そんなカラオケ職人みたいな制作方法はやるんだろうか?
FL StudioとかStudio Oneのが幸せになれる気がする。


さて、
例年の流れならばSONAR X3.XかX4が控えているはず。
なにせ海外では半額セールしてたくらいだし。

AVIDは
Pro Tools | S3なるオーディオインターフェイス+euconという
壮大な謎装置を販売予定。
Protoolsの機材としてでなくとも使えるのだとか。
あたりまえだ。euconなんだもん。
euconで最大の弱点といえば
1チャンネルストリップ毎メンテができず、
どっか1チャンネルストリップ壊れたら
製品丸ごとチェンジとなってしまう点だ。
どうもPro Tools | S3もそんな気配。
これじゃあデジ時代のフィジコン付オーディオインターフェイスと
変わらん。
迷走してるのか?
この規模ならArtistシリーズで十分です。

というかArtistシリーズ値上げしすぎでしょ・・・。

宅録規模でだと
繊細なMIDIキーボード、
超速反応のeucon、
超音質重視インプットはMic+ギターの小規模オーディオインターフェイス、
繊細なモニタースピーカー、
モニターヘッドフォン、
手足のように動くDAW
「使える」ソフトシンセ、エフェクト
でしょう。

と、お勧めは

eucon Artist Control

Roland A88

RME Babyface

SONODYNE SM100Ak

SONY MDR900ST

NI KOMPLETE

Waves Platinum Native Bundle


になる。
DAWはCubase、Sonar、Protools、Studio One、Logicあたりならどれでも。
楽器みたいなもんなので自分と相性の良いソフトが良いでしょう。
MACかWindowsかも自分との相性の問題。

この定番セットが変動するかがヒットする新商品の鍵なんだな。
少し辛口な内容になってしまったけれど、各メーカーさんには超期待してます!!!
来年のNAMMショーが楽しみでならない。(^ ^)

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

現行200系ハイエース ワゴン DXにぴったりのアームレストはこれだ!


ハイエースワゴン現行モデル DXにぴったり取り付けることができた
破格4500円程で購入できちゃうアームレストをご紹介!



この写真のものです!
これバッチリすぎます!( ´ ▽ ` )ノ

箱結構デカかったです。

ハイエース アームレスト

なんとですね。箱には一切ワゴンDXに取り付けられるとは書いてないのです。
完全に店舗側で調査して、WEB購入画面の注意書きにワゴンタイプOKとなっているわけですよ。
親切なショップだ!( ^ω^ )
ハイエース愛を感じたね!

右側のドアのところとちょうど同じ高さ、幅に合わさるので
ドライブが超楽になります。
ハイエース ワゴンはとにかくセンターコンソールがどでかい。
上記の製品写真のがワゴンのセンターコンソールと思うなかれ。
違います。もっと横長です。

この商品は助手席分もついてます。
もちろん取り付けできジャストフィットですが
助手席の人はおそらくアームレストにてを伸ばして置く必要があります。
なので運転者用と考えてよいかと。
ひとつは予備でとっておくのもあり。

インサイトのときはアームレスト標準装備者にもかかわらず、
ドア側とアームレストの高さがあっていないというオチ。
これで悩まされ、結局タオルを重ねおりして高さ調整しているという・・・。(虚)

ハイエース専用グッズはしっかり設計されていて
とにかく楽しい。

次はやっぱりフルシートに憧れちゃうなぁ。



かっこいいやつはとことんカッコよくなるからなぁ。

いろいろ楽しみなんだけど、ちょっとこのあたりで休憩。
重要なのは送迎ですからね。(⌒-⌒; )



テーマ:カー用品 - ジャンル:車・バイク



プロフィール

TAKUYA

Author:TAKUYA
公開している音楽制作HPに多少?関係したゆったり日記です。
音楽制作依頼のご連絡はこちら

運営中の音楽HPはこちら



Google



ツイッター



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



こーこく



カウンター



アクセスby



楽天ナイスアイテム



AMAZON



ブログ内検索



RSSフィード



iTunes音楽ランキング



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



楽天ランキング



買得情報



最近のトラックバック



月別アーカイブ



APPLE



QRコード

QR