MIRROR OF ES Diary
音楽制作メモやら音楽機材、生活グッズレビューを中心とした日記です。
ROLAND SH-101 PLUG-OUT レビュー♪ 実践で使えるソフトシンセ!
SH-101 PLUG-OUT を早速制作に投入してみました!


PATCH名に音色の名前が出ているのだけど、これをクリックすると
音色の名前変更になってしまうのがまだ慣れない。
淵の△で選択するかPATCHボタンを押して一覧から選択という流れ。
__
ダブルクリックで名前変更としたほうが使い易いかな?

SH-101ソフトシンセ自体はとても良い出来で、
AIRA SYSTEM-1の音質のくせを取り除き純粋に高音質化した感じ。
解像度も高く、Sylenth1やNexus2の音色よりしっかり前に出る。
抜けも音の太さも煌びやかさもある。
ベースはTrilianクオリティ。
というか、SH-101だけでみるならTrilianより抜けもよく、
どっしりしたサウンドで高解像度という!


もちろんSYSTEM-1なしの単体でも起動可能。
コンピュータへは3台まで認証可能なアクティベーション方式。

モノフォニックな点だけが惜しい!
SHシリーズの再現だけでなくプラスアルファが欲しいところ。


さて、肝心のプラグアウト機能について。

SYSTEM-1に最大8つまでSH-101で作った音色をそのまま登録し
PCから切り離して単体でSH-101音色を鳴らせるところにあります。

SYSTEM-1のプラグアウトボタンを押すと
SYSTEM-1の操作子がSH-101コントローラに早変わり。
使えるノブやスライダーのみが点灯するので分かり易いです。

そして、ローカルコントロール情報がSH-101マニュアルに追加されている!!

SYSTEM-1ボタンとPLUG-OUTボタンを押しながら
SCATTER [TYPE]ダイヤルで変更可能。

1= ローカルコントロールオフ
2= ローカルコントロールオン
3= MIDIコントローラーモード(SYSTEM-1の内蔵音源が鳴らなくなる)

ということで、
SYSTEM-1はついに立派なMIDIキーボード+コントローラとして
使えることが判明!!

Logicの
プラグインの項目にROLANDという項目が!
地味に感動しますなぁ。(*´∀`*)


ROLAND、こんな良いソフトシンセ作れるなら
バンバン作ってくれないものかなぁ。
このクオリティでKOMPLETEみたいにROLANDの
ハードシンセ、マルチティンバー音源の抱き合わせ販売したら
それなりの値段でも導入してしまうだろう。

今回コンペにSH-101を投入してみて分かったことは

恐ろしく便利で良い音

ということ!

これは今年のMY制作音源ナンバーワンになる可能性大!

ということでSH-101レビューでした!

SH-101音色をSYSTEM-1に入れて
持ち運んだりは当分しないと思いますが
また機会があればレビューしてみようかと。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

ADAM A3X用デスクトップスタンド導入してみて♪ A3Xとともに再びレビュー


ADAMから発売されているA3X専用スタンド

ADAM A3X用デスクトップスタンド

というものがあるのはご存知でしょうか。



CLASSIC PRO MST20 モニタースピーカースタンド直置きだと
どうも中低域の膨らみが気になってしまうので、
どうせならと純正品スタンドを購入してみました。

見た目は一番上の写真の通りですがそれほど一体感はありません。(^_^;
A3Xに付属する設置面に貼る滑り止めシールとは干渉せず、
ぐらついたりすることもなく特に気にすることなく使えます。
重さは見た目ほど重くはないという印象です。


角度がつき、平らな場所では
スピーカーが少し上を向くことになるため、
デスクトップ用という印象は強いです。

MST20を一番短くして使用した場合でも、
通常のOAチェアあたりでは耳より高めにセッティングされてしまいます。

スタンド背面部の突起部分
で角度がついた分の支えをしています。

肝心の音は、中低域の暴れが大分おとなしくなった印象。

ただ、A3X自体、中低域が元気なようで、
SONAR Xシリーズ付属D-Proのベース音とか使うと発生する
中低域の一部だけ無駄に音量が大きくなる現象が
MSP5に比べ大げさに聴こえます。
もともとこれが気になって専用スタンドを導入したので
効果はあったといえますが…。


現在A3Xと繋げているAUDIO I/Fは RME Baby Faceで、フラット気味で繊細なサウンド。
ということは…A3X自体の導入には自身の音楽ジャンルを意識して導入したほうが良いということに。

中低域が元気なAUDIO I/Fと組み合わせた日には…。(・ω・ ;)(; ・ω・)

A3X持ちには買って損しないスタンドであることは確かです!
なぜかあまり在庫がないようなので、気になる方は店舗に
電話して予約してみるのがオススメ。


テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Roland AIRA シリーズ楽曲制作で暫く使い続けて気づいた事 レビュー続き♪
Roland AIRA SYSTEM-1、TB-3、TR-8を楽曲制作で暫く使い続けてみて
改めて思ったこと♪

・TB-3



TB-3の最大の利点はUSBバスパワーでも動作すること。
これにより小型で音質の良いオーディオインターフェイスとして
気軽にモバイルできる点。

タッチ・パッドを鍵盤として使ったり、
ステップシーケンサ機能で生成したランダムパターンを
DAWにMIDIで取り込んだりなかなか便利。

固有の形によるサウンドメイキングで生まれるベースパターンは
フレーズに行き詰まったときに閃きを与えてくれます!

個人的に上記が最大の長所。

ベース音そのものはまずまずといったところだけれど
やっぱりもっとエディットしたくなりますね。
まぁ、エディットできちゃったらもはや普通のシンセなんですが…。


・TR-8



ルックスと光の演出は全機種中ナンバーワン。
存在感があります。
結構しっかり作られているようで、
YAMAHAデジタルミキサーで全チャンネルMuteしようと
だだだだだーって各Muteボタンの上を指ですべらすような荒技が
TR-8のPADで使えます。リアルタイムにパターン変更しながら
シーケンスを演奏するという荒技が手軽にできるのはすごい。
押し心地はクリック感があり、滑り心地も良く言う事なし!

使い方については本体だけを使うのではなくDAWと連動する場合では
例えば単発音ならサンプリングしてBatteryに読み込ませたりという手も
ありますのでなんとも。

今は
ループパターンをMIDIで吐き出させDAWに記録していく方式で
使ってます。シンクさせ続けるため、USB接続の場合は
DAWのレイテンシーがとても重要になってきます。

ある程度楽曲のリズムパターンを組んで、
USBパラREC機能でDAWに取り込み、細かく編集したいところだけ
DAWの波形編集で作り込むという使い方です。

なんだかんだ使っているとTR-8を入力コントローラとして使っている感は
否めないです。良いことなのですけどね。(^_^;

取り込んだTR-8サウンドは様々なエフェクトを通して音作りをしていくので
素の音をそのまま使うことは今のところないです。

本体の音色は
制作としては決め打ちかデモあたりじゃないと使い難いかなと。
何より次の曲を作ろうとしたとき、ノブやスライダーの位置を変えざるを得ないのがね…。
SYSTEM-1のようにバルクダンプ的なものを吐き出せるようにしてもらえると助かるのだけど。


・SYSTEM-1



扱いなれてくると、基本をしっかり押さえ、コンパクトに設計されたシンセだということが
よくわかる。
バルクダンプ送信のような機能が搭載されたため、制作投入がとてもし易い機種。
唯一気になるのは他の二機種よりなぜか見た目がチープな気がすること。
つまみやらは頑丈そうなので良いですが。

ベース、PAD、リード、Arp各種音色作りできることもあり
一曲中に何音色か作って利用することも多々。

それだけ使い易いということです。
今回の3機種の中で一番制作に心強い味方。
シンセならではのリアルタイムに音色を変えて行く奏法は
やはり実機に限ります。
最近の音楽の方向性にもマッチするため、出来上がる音色も申し分なし。

SYSTEM-1はプリセットを弾くシンセというより0から音色を作るシンセという印象。
最近ソフトシンセでこれといったシンセサイザーが見当たらずマンネリ気味だったので
一番制作に加わって嬉しい機種でした。

7月下旬にはPlug Out対応ソフトシンセも無料提供されるようなので楽しみ。


・3機種について

USB接続時のレイテンシー問題は大きい。
心地よく弾くにはレイテンシーを下げる必要があり、
それなりのアレンジが出来上がっている頃に各機種を導入すると
レイテンシーが上がっていることが多いので苦労する。

96kHzにしか対応しない点。
Logicの場合
オーディオインターフェイス In OUTで機材を変えられ、
オーディオインターフェイスOUT側のヘルツで無理矢理動かすことはできます。

MIDI同期機能を使う必要がある点。
TB-3のシーケンス機能、TR-8のリズム、SYSTEM-1のアルペジオなどなど。
結構地味に重要。
USB接続の場合、レイテンシーによってはずれてしまったりするんだな。
TB-3とSYSTEM-1はMIDIケーブルとアナログアウトで繋げても良いかと思うのだけど、
TR-8はさすがにパラアウトをUSBでしたい。これはとても便利なので。



オーディオインターフェイスとしてUSB接続できるのは1機種。
これも仕方ない。同時に繋げたってINは一機種しかね…。
もちろんMIDIをUSBで送信する分には問題ないです。
AIRAシリーズそれぞれをUSBで繋げて、最終てきに各機種の音を
1台のマスターAIRAシリーズで管理、PCにUSB接続できたら便利なんだろうなと。
似たようなことしようと思ったら今のところMIDIケーブルとアナログケーブル。

USBケーブルがどの商品にも標準付属しない。
地味に不便。いっきにUSBケーブル不足になりました。(笑)


総じて、
現代のソフトシンセ中心制作のなかに装置の形状から生まれるサウンドを
追加するのにはどの機種も向いています。

リズムマシーンとしてのベースを足したい=TB-3
リズムマシーンならではのリズムを組みたい=TR-8
フットワークが軽く、制作にも使えるシンセが欲しい=SYSTEM-1


というところでしょうか。
個人的見解ですが参考になれば幸いです!(^_^)

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

AVID HD OMNI を使ってみて スタジオ使用レビュー


AVID HD OMNIをHD I/Oの代替品として使ってみた感想を。


まず今回のブログ内容はHD I/Oとの比較であることをお忘れなく。(^_^;


HD OMNI はフロントパネルから様々なバラメータアクセスができ、数値視認もできる
液晶画面もできるためHD OMNIで楽曲制作+ギターやボーカル宅録には向いているように
感じました。

Pro Tools | HDとタイトに統合され、ルーティング、ミキシング、モニタリングが
フルコントロールされるというのが売り。

が!?

例えばCRというアウト(スピーカーに繋げるのがベター)のMuteボタンが
本体にあるわけだけど、これのオンオフがどうみてもToolsアプリケーションで
同期制御されているように見えない…。
スタジオで遠くにHD OMNI設置してたら、結局本体を見ないと
どうなっているかわからないところがあるという…。
これはかなり不自由。


[MICROPHONE 1] と [MICROPHONE 2] は、
フロントパネルでインプット ・タイプを[MIC]に設定
フロントチャンネル1 または2へマイクを接続した場合、
これに対応するバックパネルのインプットは 「バイパス」される。

まぁ、そういう機種も中にはありますよね。
スタジオとしてはケーブルは差しっぱなしなので扱いづらいですが、
個人で使う場合にはうまく使えば背面さしっぱなし+全面マイクさしたら
自動優先のため工夫したら面白いシステムが組めそう。


HD OMNIは、8チャンネルのアナログオーディオアウトプット用
DB-25 コネクタを備えています。



アナログインプット1-4(1-2はマイクプリと共通)
ADAT IN/OUTX2にマイクプリX2、S/PDIF IN/OUTに
AES/EBU INに AES/EBU OUT

という仕様。

この仕様、最初はすごいような気がしますが冷静に使い方を考えてみると…。
実に絶妙。DB-25コネクタ使うならINもそうしてほしかったり、
インとアウトの数が統一されていないところ。

まぁ、ここまでは色々つけてくれたのでありがたいと考えるべきですが。

Protoolsのハードウェア設定画面を見るとですね…。
Input 1-8
Output 1-8

インアウトそれぞれ8カ所に対してこの機種の豊富なインアウト端子を選ぶ
形なんですよ!!

ついている全部のインアウト端子が使えない!

コンセプト上わかるのですが、これだけ豊富な入出力端子を備えるなら
インアウト全部使えるようにしてもらいたかった。(ー_ー;)

いや、せめて16インアウトでもいいんですよ…。
さすがに8INOUTはスタジオでは入出力が少なくて使えない。

例えばですよ?

ブース内CUEに ステレオカラオケ、リターン、リバーブ、クリック、ガイドメロ、トークバック返し
使ったら7ch使用ですよ!?
これにメインスピーカーで9chでオーバー。
スモールスピーカーとかに送る余裕はまったくありません。

HD OMNI導入の際は、
見た目通りの機種ではないので、
自分のシステムをよく調べて
ちゃんと結線できるか、ちゃんと音を入力出力できるか
確かめてから購入するのが吉です。

もう一ひねりして入出力端子をすべて使えるHD OMNI2が出たら
結構良さそうなんですが…。(>_<)

音自体はHD I/Oとかけ離れるようなものではなかったので安心感ありました。

今回はHD I/O修理中ということでHD OMNIが届き使用している訳ですが、
HD I/O AVID年間保守(¥1,000,000〜)に入っていない限り
修理が長引く可能性と代替品が存在しないことを念頭に
おなじI/Oを二個入れておくか HDシステムが稼働できる
APOGEE ( アポジー ) Symphony I/Oなどを一台予備で
入れておかないと仕事になりません。(ー_ー;)



AVID、HD関連ハードシステムあたりだけは別途有償でも代替品
準備してくれないかなぁ。
常に最新のI/Oに交換し続けるとか出ない限り
16ch同時録音程度の規模であの年間保守料金はさすがにぶっ飛んでる…。


というわけでスタジオに配置してみたHD OMNIレビューでした!

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Roland AIRA SYSTEM-1 続使ってみた 使用感想
Roland AIRA SYSTEM-1 レビュー続きです!



まずなんといっても PLUG OUT がまだ使えない。
なのでSYSTEM-1のみの音作りとなるわけです。

このSYSTEM-1にもVSTやAUソフトシンセがあると思うなかれ。
SYSTEM-1音色はハードオンリーなんです…。
これは結構ショボーン(´・ω・`)

パラメータがどれくらいの方向を向いているのか
発光ギミック作るくらいなら、ある程度でも良いから
音色ロードしたとき、大体のつまみの向きがわかるよう
発光してほしかった。

他の機種ではそういうのありますよね。

アナログシンセならともかく、アナログモデリングなので
そのあたりは利便性を上げてほしいなぁと思いつつ、
音色を読み出したあとそんなに複雑なパラメータはないので
演奏に支障はさほどないわけですが。

OSCにサイン波が欲しかったなと。

SUB OSCが三角波。
まぁ、破壊的サウンドの低音支えにはなってくれますが。
SINE波ほしいなー。(T-T)

MODボタンは強くおしても弱く押しても一応の深さ。

ベロシティ固定(噂ではスピードを感知する装置がつけられている?)


[LEGATO]ボタンを押しながら[TYPE]ダイヤルをまわすことで、
±2オクターブまで可変できるのだけどぱっとみ分かりにくい。

1(±1半音): "1" が点灯の状態
12(±1オクターブ):"10" が点灯、かつ "2" が点灯の状態
24(±2オクターブ):"10" が点滅、かつ "4" が点灯の状態

まぁ慣れですかね。

COLORツマミはSYSTEM-1の要ですね。

のこぎり波…2つののこぎり波間の位相が変わります。
矩形波…パルス幅(デューティー比)が変わります。
三角波…上下で非対称な波形に変わります。
のこぎり波2…複数ののこぎり波のピッチのずれが変わります。
矩形波2…複数の矩形波のピッチのずれが変わります。
三角波2…複数の三角波のピッチのずれが変わります。

これで大分音作りの幅変わりますよ!?

OSC2 の RING または SYNC をオンにしている場合、
LFO PITCH は OSC2 へのみ効果がかかるようです。

OSC2 の RING または SYNC をオンにしている場合、
LFO PITCH は OSC2 へのみ効果がかかるようです。

DELAY TIME と LFO RATE をテンポ同期できる。
[TEMPO SYNC] ボタンをオン(点灯)にする。

SCATTERパターンは作れないがテンポ同期する。

MACの場合は2つのオーディオインターフェイスをつかって
インをAIRAシリーズ、アウトを普段使っているオーディオインターフェイスに
することで併用可能です。
レイテンシーはかなり詰めたほうが良いですね。

MIDIインプリメンテーションチャートはこちら

ローカルコントロール非対応なんですよねぇ。
なぜそうした!?
地味に不憫。

ちなみにSYSTEM-!の初期CHは1chなので

TB-3 初期2ch

TR-8 初期10ch


となり
往年のMIDI制作のベタパターン配列です。(^_^;A
もちろん任意に変えられますけどね。

COLORパラメータをうまく駆使し、SUB OSCを混ぜることで
ようやく派手なサウンドも構築できるようになってきました。

迫力がありつつダイナミクスレンジがあり高解像度というシンセで
荒々しさの究極系とは言えないですが、エッセンスという形での
機種特徴はしっかり出てます。

あとはこのサウンドが流行るかですね。
やはり一般的なシンプルシンセながら一癖ある質感だと思います。

とにかくソフトシンセ版SYSTEM-1のリリースを希望。
SH系よりそっちでしょって思ってしまう。(・ω・ ;)(; ・ω・)

というわけで結構制作にねじ込んで使ってます。
リアルタイムで音色変化をささっと終わらせることができる直感性は
ソフトシンセにはないインスピレーションがあり、
ちょっとだけ本体がデカいのが気になる程度です。

まぁ、
個人的には64bit版 Sylenth2あたりが出てくれた方が助か…。|д・) ソォー

PLUG OUTに期待しつつ使い倒していこうと思ってます。

といいつつ、最近マネージメントやらプロデュース業で奮闘する毎日ですが。(´・ω・`)
今日も主催ライブの打ち合わせやそれのまとめで終電前に帰ってもう早朝。
結局オールでした(爆死)

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽



プロフィール

TAKUYA

Author:TAKUYA
公開している音楽制作HPに多少?関係したゆったり日記です。
音楽制作依頼のご連絡はこちら

運営中の音楽HPはこちら



Google



ツイッター



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



こーこく



カウンター



アクセスby



楽天ナイスアイテム



AMAZON



ブログ内検索



RSSフィード



iTunes音楽ランキング



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



楽天ランキング



買得情報



最近のトラックバック



月別アーカイブ



APPLE



QRコード

QR