MIRROR OF ES Diary
音楽制作メモやら音楽機材、生活グッズレビューを中心とした日記です。
Slate Digital 公式WEBショップでのトラブルと解決策(海外で買う時の注意点)
FG-X Mastering Processor DLライセンス版+DLライセンス&iLok2付を買って2ヶ月。



3/22のセールで買ったひとつを取り急ぎ作曲編曲用MACにインストール。
もうひとつはスタジオでの必要性に応じてインストールしようと保留。

Slate Digital FG-X Mastering Processor: DOWNLOAD ONLY NO ILOK INCLUDED QTY:1
&
Slate Digital FG-X Mastering Processor: DOWNLOAD w/FREE ilok2 plus shipping QTY:1

てっきりFG-X iLok Activation Code は二つ送られてきてると思ったのだ。
ところがメールボックスを探しても一通しか見つからない。

1週間くらい遅れて届いたiLok2梱包材の中にFG-X iLok Activation Code も入っている
と思って2ヶ月眠らせておいたのが悪かった。

なんと、二つ目のFG-X iLok Activation Code は送られてきていなかったのだ。
送られてきたiLok2に予め入っているかとも思ったけどそんなともなく。

ここからSlate Digitalとの英文メールによるやりとりが数回続く。

最初はもともと発行してもらっているコードならあるよと送ってきた。

いや、ちがうちがう。そうじゃなくてもうひとつ買ってるんだよと説明しても
そのように登録されていないの一点張り。

そりゃそうだ。カード決済のときにPDF印刷してなかったから証明できない…。
こうなったらカード決済明細が届き次第送ってやるぞー!ということで
早速決済証明書類の該当部分と2014年3月セール時のFG-Xのスクショを写メして送ってみる。

一日返答がない。
さすがにしつこいと思われたのだろうか。

しかし、確かに二つ買っていることは金額からもわかる。

さらにメールを。
どうしてもFG-X iLok Activation Code を発行する気がないなら
一つ分のライセンス料金分返金してくれと伝えてみると…。

そしたら、きましたきました。
料金明細から確かにライセンス二つ分を支払ったことがわかったってさー。(爆)

公式オンラインショップで買ったから購入管理くらいしてるだろうと
思ったのが甘かった。
やっぱ購入証明書類は大切ね。

ということで4日間にわたる英文でのやりとり。
自分の拙い英語でもなんとか分かってもらえて
のりきりました。

結果的にSlate Digitalの人は対応もすごく早く、
言ってることも、購入証明を出してねということで
なんら変な事は言ってなかった。
そしてその証明を送ったらすぐFG-X iLok Activation Code を
新しく送ってくれた!

やるな! Slate Digital!
対応が早いのは好印象!

まぁ、
公式WEBショップから買うときは
同じ製品はまとめて買うのではなくひとつずつ毎に
決済したほうが安全かも。

何はともあれこれでFG-Xがスタジオでも作曲ルームでも使えるようになった。
素晴らしい!
使い方も大分慣れてきて、L3との組み合わせによる迫力の足し方も分かってきた。
良いプラグインだ!
早く64bit化してほしいなと。


Slate Digitalの公式サイトは下記から♪
http://www.slatedigital.com


テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

MOGAMI モガミ #3080 XLR 2年で逝く ベルデン#8412お値打ちGET


ブースからコントロールルームにのばしていたMOGAMI モガミ #3080 XLRから
突如ノイズが。

最初に気がついたのは些細なノイズ。

一本はプツっというノイズ。
もう一本は明らかに電気的なノイズ。

録音したときの波形でも確認できたので本格的に調べることに。

まさかケーブルとは思わず、プリアンプを疑ったりマイク自体を疑ったり
オーディオインターフェイスを疑ったり。

よくよく考えるとどれも買って日が浅い上にメンテナンスも定期でしている。

そう。まさかのマイクケーブル自体からのノイズなのです。

念のためアナライザーでマイクプリ本体がもつ元々のノイズを調べ、
問題のケーブル、正常なケーブルを繋げた際で比較すると…。
はっきり違うんですねぇ。
MOGAMI モガミ #3080 XLR はノイズのりまくり。
たまたま手元にあったCANAREケーブルは
マイクプリだけの段階からさほど大きな変化がありません。

そりゃAVALONやVHD通しても艶やハリがないわけだ。(T-T)


まぁ、録れないとかそんなレベルかというとそうでもないのだけど、
間違いなく録りたくない音。

スタジオを這うケーブルはスタジオ立ち上げ初期はMOGAMIだったのだけど、
途中からBELDEN ベルデン #8412 に変更したので、
これを期に#8412化しちゃおうと。

とはいえレコーディングも迫ってきている中、
長いケーブルはなかなか在庫があるわけもなく、
いろいろ探していると…。

SPREAD SOUNDというお店が他店よりかなり値打ちかつ種類豊富に
販売しているのを発見!
唯一レコーディングに間に合いそうな配送設定だったので
急いで発注しました!
このお店、ケーブルを作っているようで、キャノンプラグの色を選べたりします。
これが地味に便利で、色分けすることでケーブルにシール貼らなくて済む訳です。

金曜早朝に頼んで佐川経由で火曜日午前着。

8m 7560(円) x 2(個) = 15120(円) でした。



早速繋ぎ変えました。

BELDEN ベルデン #8412は
ケーブルに粘力が少しあり巻くのがちょっと大変なのだけど、
音は安心できる。
ケーブルはMOGAMI #3080より少し太い。

このままケーブルの状態が良さそうなら今後はこのお店でケーブル買おうかなと。
8mのベルデンだと1本で1万円超えることあるからバカにならない…。

スタジオで用意するアナログケーブルは一定以上の品質を持っていることが重要。
そしてケーブルもブランド力として重要。
高いケーブルはいくらでもあるけれど、あまり高すぎると
スタジオ料金に反映させざるを得ないこともあるので、
バランスのとれたケーブルを使って行きたい。(^^)

しかしXLR(キャノンケーブル)自体が2年でノイズを出すとは吃驚した。
トラブルに典型例を当てはめず、色んなものを疑ってかかるべし!


テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

MDR-CD900ST ソニー スタジオ用モニターヘッドホン 修理記+改造


MDR-CD900ST、ついに右から音が聴こえなくなりました。(ー_ー;)

購入してから10年以上は経っていて、
修理歴は二度目。

どちらも片方の音が鳴らなくなるというものでした。

CD900STは持ち運ぶと結構な頻度で逝きます。
毎日持ち運んだら1年くらいかな?

スタジオに置いておいたり、制作用だったりは
大抵イヤーパッドとかの交換がきますね。





この二つは自分で直すのも簡単でおすすめ。
しかも2000円くらいで買える♪

ウレタンリングは数百円のものだけど侮るなかれ。
取り替えると結構音質変わることに気づく。
新品の頃はこんな音だったんだなーと。


ここまで自分で直すと大変。(^_^;A


さて、
CD900STの修理はMakeup Companyさんが行っています。

昔はソニーのサービスセンターに持ち込んだけど、そのときですら
古いものですねー と受付のお姉様に言われたもんだ。
確かに古い。もう発売して何十年?

ずっとスタンダードってほんとすごい!
良いモニターヘッドフォンはいくらでも出てくるけれど、
ある基準をもとに話すとなるとやっぱコイツなんだな。

基準音さえ知っていれば何使っても大体CD900STなら
こうなるとか分かってくる。
それまではCD900STの音に慣れておくことは制作側として重要。

んでは修理過程を。

修理の見積りは有料。
直すか諦めるかしかないので、ここはもちろん見積などしない。(笑)

故障内容
依頼者名
担当者名
住所(所在地)、電話番号、FAX番号
請求先
E-Mail

を専用用紙(PDFが用意されている)に記載して
CD900STを同梱して配送するだけ。
いたってシンプル。

そのほか改造もできる。

標準プラグ(6.3mm)をミニプラグ(3.5mm)に交換
標準プラグ(6.3mm)を他社の標準プラグ(6.35mm)に交換
標準ケーブル長(2.5m)を、ご希望の長さに
詰めた残りのケーブルに、ミニのメスプラグを付ける

ノイトリック製(金メッキ)
アンフェノール製(金メッキ)
なんかも指定できるのだ!

ここはもう、標準プラグでノイトリック製金メッキを選択しました。
経年劣化してる部分はとことん交換してもらうようにお願いしたので、
1万円超えました。(,, ゚Д゚)

修理金額は≪部品代≫+≪技術費(1台につき)≫+≪送料≫+≪代引き手数料≫とのこと。

結果的に買うより数千円安いくらいになってしまったものの、
大満足。

音はあぁ、はじめて買ったとき、確かにこれくらいシャキっとしてたなーと。
やっぱ経年劣化するとヘタレた音になるのねと実感できました。
まぁ、もとがヘタレてたので修理後のプラグの効果まではわからなかったのですが、
見た目が改造感あって好きです。愛着湧きますよね!

修理はパーツ在庫切れとか土日祝被ってない場合はかなり早いんじゃないかと。
スタジオに設置してたものなので一週間も修理でてたらどうしようもないので
代替としてもう一個買うしかと思ってたら2日で届いたという。(≧∀≦)

これからも末永く使っていきます♪



そういえば、
スタジオリファレンス・ヘッドホンアンプ、Umbrella-Company BTL-900
がでてますよね。

MDR-CD900STスタジオヘッドホンに特性を最適化したというヘッドフォンアンプ。

The Fader Controlのヘッドフォンアンプも
MDR-CD900ST用サウンドチューニングがされているのだとか。
密閉型のSONY MDR-CD900STとMDR-7506、
オープンエアー型のSENNHEISER HD650
をもとに作られたみたい。

実際900STを繋ぐと900STの特性がアップしたようなサウンドに。(^^)
しかし、手持ちのAKG K240はあまり良い印象ではなかったという。(´・ω・`)


Umbrella CompanyさんのCD900ST特化系機材、
CD900STマニアならひとつ持っておくのもありかなとは思いました。

ところでUmbrella Companyさん、
The Fader Controlもトップページに大々的に載せてやってください…。
絶対良い製品だと思うのですよ。(*´∀`*)


さて、今週もレコーディング案件入ってるので頑張っていこう♪

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

iPad Air 落としたら割れた。.・゚・(ノд`)゚・. ならこれ買う!!!

ソフトバンク純正カバーをiPad Airといっしょに買って
iPadの角も含めて全面保護するうえに、
蓋の開閉で画面オンオフするのがお気に入り。
しかも薄い。

まぁこれで事足りるだろうと思ったのが甘かった。

車高の低い車でおりるときに乗せてた人が
助手席から落としてしまって

iPad角パリーン・゚・(ノД`)・゚・

あぁ無情。
カバーの意味なんてなかった。
擦れ傷防止程度かいな…。

ガラスにヒビが入ったわけだけどこれだけで
29800円の修理費。

最近はApple公式ページからチャットで相談に
のってくれるので迅速ではあります。

ただ、近くにアップルストアがあるなら
商品ごと交換になるみたいなのでこちらのがお得かな?

とにかく日程管理やら即メールチェックやら
乗り換えや渋滞チェックやらもう日常的にこれなしに
仕事なんてできないというレベル。

だったら徹底的にガードしてやろうじゃないかと、



専用Griffin サバイバー防雨水耐衝撃ケースの購入に踏み切りました。
上記のショップ、直輸入とかで安いみたい。
安かろう悪かろうなのかちょっと心配ですが、
とりあえず購入してみました。
届いたらまたレビューしてみようと思ってます♪


ほかにもお値打ちで
ipad air ケース かわいい 軽量 オートスリープ デニム 360 カバー 2014
保護フィルム フィルム 衝撃 スタンド付き 防塵 防震 防水(軽量) 軍用レベル ipad5 保護 ハードカバー
という商品を見つけました。

ただ、この商品、レビューも見つけられず折角買うのならば
しっかりした性能であってほしいので、今回は見送り。

まぁ、とにかくiPad Airは過去iPad1、iPad2と比べて落としまくる。
そして脆い。

薄いからうっかり落とし易い。
そしてすぐ割れる。
iPad2だと少し歪むことはあっても割れるまではいかなった。

外持ち運びして使うので、頑丈さはとても大切。

というわけでそれならいっそ、薄さなんて捨ててしまえという…。(^_^;A

スペックは…

 アメリカ国防総省の規格810Fに準拠した、
高い衝撃吸収性能を持つiPad2専用のケース。
泥や砂、雨、衝撃や振動などの様々な条件から本体を保護。

 スタンド付きで、動画視聴なども快適に行える。カメラ、ボタン、Dock部分はカバー式で開閉可能。

【サイズ表】外寸:約縦25.9×横20×厚2cm/パッケージ:約縦27.8×横22.4×厚3.7cm
 /ストラップホール:無/セット内容:ケース本体、スタンドパーツ

周りの作家さんでも使っているのを見た事あって、そこまでするかーって思ったもんですが
仕事道具ですもん。そこまですべきでした…。(T-T)

届くのに1週間以上かかるみたいなので、
それまでに落とさないことを祈るしか!



テーマ:Apple - ジャンル:コンピュータ

brotherのプリンタでインクがでなくなったときの対処方法(自己責任)
brotherのプリンタ、互換インクを使って印刷し続けていると…。

ついに印刷できなくなりました。
しかも二台。

一台目はインクが充填されないというエラー。

二台目はエラーは出ないけれどインクは出ず。

どちらも最初に黄色が出なくなりました。(^_^;A
意外に黄色って使うんですよね。

相当な数の互換インクを使ったので元は十分にとれています。
互換インクが悪いのか検証してないですが
今の使い方だと半年〜1年で1台インクトラブルが起きるので
買い替えもちょっともったいないかなと。


純正インクが最初についてくることを考えると
買い替えが一番スマートなんですけれど…。(ー_ー;)


買い替えはプリンタ機能やインクの型番などが大幅に追加されたらとし、
今回は自力で修理を試みました。
参考にされる場合、
このまま復旧できず壊れてもいいやくらいの気持ちですのでくれぐれも自己責任でお願いします。


正直これひとつで十分というのが結論。
ワンコインで直せます。
あとは数時間プリンタにつきっきりになれるかですね。

色んなタイプでてますが、洗浄液とスポイトのみでOK。

brotherはとくに簡単なようで、

インクカートリッジを取り外す

プリンタの電源を切る(コンセント抜く)

スポイトに1〜2.5ml洗浄液を入れる

プリンタのカートリッジを差し込む部分の穴にスポイトを差す。

液をゆっくり入れる(強くいれると壊れる可能性)。
入りにくい場合は一度引いてまた押す。

液を入れて1〜2分後スポイトを引いて液をプリンタから抜き取る

スポイトを清掃

液を入れ替え再度カートリッジ差し込み口を清掃
(2-3回程度でよさそう)

清掃完了後、洗浄液が蒸発するまでまつ(1時間以上あけてみました)

プリンタの電源を入れてインクカートリッジ装着

ヘッドクリーニングを色がでるまで繰り返す
※あまり回数が多いとプリンタが痛む原因になるらしいです

出ない色をベタ塗(例えばCMYKのC100でその他0とか)状態にした
画像を用意し、色がでるまで印刷を繰り返す。

これで二台ともなんと復活しました♪

ネット上ではこの方法は意味がないとか
効果があるとか様々でしたが、
無事色がでて一安心。

とはいえ、プリンタに負担のかかる方法と思われます。
何度プリントしても直る兆しが掴み難いため
緊急時の手法としてはNGです。

あくまで直ったらいいなー程度で
プリンタに時間を費やせるときに。


洗浄液部分は数分〜数十分ですが
プリント時間は何時間といきましたので、
次故障したら買い替えかなーと。(^_^;A

再三となりますが本記事内容を試すのは完全自己責任でお願いします!

テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

現時点最高のMIDIキーボード/ステージピアノ 弾き心地に絞って考えてみた
現時点でMIDIキーボードでグランドピアノタッチという条件にて
個人的最強は

Roland RD800


RD-800はPHA-4コンサート鍵盤(エスケープメント付き)。
微妙なニュアンスやコントロールが得意。
例えば同音連打とダイナミクス表現。グランドピアノでできてMIDIキーボードでできないことで
まず気になるところですよね。
RD-800は試奏するとこの点はすぐに違いがわかります。

鍵盤は象牙と黒檀のような触感を実現。
吸湿性もあり快適な演奏が。

収録されている音色もこれまた良い音なんですわ。
心地よい音というか。

その他のコントローラー入力もしっかり搭載されているし。

ぶっちゃけKRONOS売ってRD800使いたい。

RD800が発売されたことによりA-88への憧れが一気になくなってしまいました…。

Roland A-88


 A-88も本格的なピアノ・タッチを実現した88鍵MIDIキーボード・コントローラー。
RD-300NXに使われているアイボリー・フィールG鍵盤。
高い連打性を実現するとともに微妙な演奏表現や抑揚感を表現できるということで
出た当時はこれぞ最強MIDIキーボードかと思ったものですが。

RD-800と弾き比べてみてください。
自分でも弾き比べてみましたが雲泥の差です。

そして・・・

Kawai VPC


カワイデジタルピアノの代名詞と言える木製鍵盤。
バネを使わずに鍵盤奥のハンマーを跳ね上げ、
強打時の手応え・重さ・手応え感の持続、そして弱打時の軽やかさを再現。

一時期最強といわれたKawai名機MP10


「Realistic Material, Realistic Mechanism, Realistic Motion」
という3つの特徴を備えた鍵盤機構「RM3 グランド」

鍵盤のタッチ感を左右する材質と機構、
グランドピアノのアクションの動きを再現する木製鍵盤。

RM3グランドIIがVPCに搭載されているのです。
ちなみにMP10は生産終了の様子。価格が落ちてきているので狙い目なんですが
タッチに関して新技術が出たとなると当然VPCに傾きます。

このVPC噂は聞くのですが展示品に未だ出会えていない。
とても気になっています。

どの機種もお安くはないので、
ベストチョイスしたいものです。

これらに揺らぐのもKRONOS内部音源を最近あまり使ってないという…。
かといって売るにはとても惜しい機種なんですよね。

やっぱ制作で一番触るのは鍵盤とPCキーボードとマウスとミキサーな訳で。
触り心地の追求はどうしてもしてしまいます。
さてさてどうしたものか。

もうちょっと悩むのを楽しもうと思います。(^_^;A


テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽



プロフィール

TAKUYA

Author:TAKUYA
公開している音楽制作HPに多少?関係したゆったり日記です。
音楽制作依頼のご連絡はこちら

運営中の音楽HPはこちら



Google



ツイッター



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



こーこく



カウンター



アクセスby



楽天ナイスアイテム



AMAZON



ブログ内検索



RSSフィード



iTunes音楽ランキング



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



楽天ランキング



買得情報



最近のトラックバック



月別アーカイブ



APPLE



QRコード

QR