MIRROR OF ES Diary
音楽制作メモやら音楽機材、生活グッズレビューを中心とした日記です。
ADAM A3X 購入して使用してみました♪ A3Xレビュー
ADAM A3Xを導入してみました♪
感想などを〜(^^)


ADAM 価格上がりましたね…。

A3Xってこんなに高かったっけ?

というのが最初のイメージ。

A7Xを買ったときに値上げ前みたいなことを言っていたような。



A7Xは今や14万円あたり。
値上げ前にA7X購入した際は10万〜11万だったような。

A3Xはあまり売れていないのかまだ旧価格在庫ショップがあったので
そちらで購入。
5万円台でした!!

5万円ならYAMAHA MSP5と良い勝負なんだけれど。(>_<)


今はMSP5 ペア価格で4万円台前半。
こちらは安くなりました。

ちょっと迷いましたが、MSP5の音は解像度面で一世代前のサウンドのような
気もしてきたのでA3Xに落ち着きました。

A3Xはとても面白い機材で、XLR(キャノン)以外に
RCAで繋ぐこともできます。
RCAで繋ぐとき、
ステレオRCAをどちらか一本のA3Xに繋ぎ、
そのA3Xからもう一本のA3XにモノラルRCAを突っ込むことで
片方のスピーカーボリュームで二本のスピーカーボリュームを
コントロールできてしまうのです!!

これがかなり便利。

現代ならではのスモールスペース制作環境に
向いてますね♪

ステレオRCAが差してあるA3Xの電源を切ると
フェードインアウトすような感じで小さめのノイズ音が
もう一本のA3Xにのってしまうので、
モノラルRCAを差したほうを先に切ってから
ステレオRCAが差さっているA3Xを切るということになります。

さてA3X、やはり100Vでは性能が発揮しきれないような
サウンドに聴こえました。

アップトランスを使うことで張りのある音に♪

ここはA7Xと全く同じ傾向ですね。

A3Xの音はかなり迫力があるというか、
MSP5より一回り小さいながら、
音像の広さ、繊細さ、芯の太さがとてもしっかりしている。
さらに見た目のボディとは裏腹に音量もかなり出ます。

付属の制振ゴムをつけてスピーカースタンドに置く形で
ある程度しっかり音が鳴ってくれました♪




AT6099はMSP5では良い感じですが、
ADAM Aシリーズでは音がボワンとしてしまい
うまく鳴ってくれなくなります。

A7Xより気持ち賑やかな雰囲気でしょうか。

そんな印象です。



ADAMから小型スピーカー用に
デスクトップスタンド がでていまして、
これを使ったときのサウンドが気になります。



Aシリーズは
部屋のサイズで選ぶ形でうまくいきそうな感じです。

ちょっと高くなってしまったのは残念ですが
とても良いスピーカーだと思います!


テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

KORG M3 再び逝きました。 故障症状
なんということ!?

またしてもKORG M3故障です。

久々に電源入れたときに妙にタッチパネルの反応が鈍くて
こんなものかなぁと思った翌日。

見事に故障してました。

・鍵盤の3カ所からMIDI出力されない、LocalONでも鳴らない
 たまに変なエクスクルーシブが飛ぶ、アフタータッチだけ効く

・ダンパーペダルが踏まれたままになっている

・タッチする位置が右に数センチずれている

という訳です。

最新のアップデータでタッチパネルキャリブレーションの修正が
来ているようですがそういう問題ではないような。

見た目も機能も超イケてるだけに残念すぎる。

KRONOSといい、M3といい故障率高い!?

ちなみにKRONOSはまたしても鍵盤右端と左端の押したときの
戻りが悪くなるという前回の修理内容と同じ現象が!?


たまたま故障しやすい個体差のある機種を買ってしまったのか?!

しかしRolandやYAMAHAで故障するなんていうことは10年以上使っている
機種でも起きないので…。

うーむ、KORGは意欲的なものを作っているだけに
気になるメーカー。
今後は頑丈さの面も追求してほしい。もちろん多少の値上がりは構わないので。

さて、修理に出せるのは…
あぁ、来週の月曜日までサービスセンターお休みかぁ…。(T-T)

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

ミラーレス一眼E-PM2を選択した理由 購入感想
ミラーレス一眼を購入した理由などをレビュー混ぜて♪

もともとニコンデジタル一眼を持っているのですが、
どうにもデカさと重さで持ち歩く機会が減っていて数年。

気軽にパシャパシャ撮れるカメラが欲しいと思いつつ、
携帯のカメラ機能で我慢していたのですが、
ついに仕事でデジタルカメラが再度必要になるときが
きてしまったのです。

人物撮影+暗い場所+場合によっては日差しの強い屋外という
環境で携帯カメラ機能ではちょっと無理が…。

それならばコンパクトカメラでもと一瞬思ったものの、
どうにも一眼を触っていたこともあり乗り気になれず。

そんな折、ミラーレス一眼の魅力に取り憑かれてしまったのです。(^_^;

検討段階で
3〜4万以内で収まるものという条件をつけて探してみると…。

4万の上はもうデジタル一眼が買えるじゃないですか…。(>_<)
この業界もかなり価格破壊を起こしている…。
浦島太郎気味になりながら、
色々探していると!?



ニコン Nikon 1 J2 ダブルズームキットが4万を切り、



ニコン Nikon 1 S1 ダブルズームキットは3万5千円切るくらいに。

なんという価格!?

どちらも1000万画素クラス。

さらにミラーレスの中ではどうやら最速シャッター、連写撮影数を誇るようで。
ここはかなり惹かれました。

二つの機能は動くものを撮影するときはかなり重要な要素ですからね。
今回の目的には理にかなった機能なわけです。

さて、ここで噂に聞くPENを調べてみました。



オリンパス PEN E-PM2。 安いところだと2,5〜3万くらいでしょうか。

ダブルズームだと+8000以上の様子。

これと、


PEN Lite E-PL3 レンズキット

がよくわからず最初?でした。

画素数はE-PM2のが上、しかも高感度。
E-PL3は操作が楽みたい。

ミラーレスの世界はどれも似たり寄ったり機種が多く、
劇的違いがないため迷う迷う。(ー_ー;)

他メーカーも視野に入れて考えるので、
選択肢の広さに結構疲弊します。

結局多少操作が面倒でも感度や画素数をとることにして
E-PM2を選択。

あとはニコン機種との一騎打ち。
どう考えてもダブルズーム付きで破格のニコンは魅力的すぎる。
手持ちもニコンということもあって。

でもなんだろう、PENの所有したい欲求というのかな。
CM効果、本体の見た目、画素数の圧倒的差、タッチして撮影できる
ライト操作が人気。
ここらで勝敗が…。

レンズの交換楽しみはニコンレンズを取り付けられるアダプタで
解決するだろうと割り切ってPENを購入してしまいました(/∇\*)


早速、手持ちのレンズも使えるようニコン用アダプタも購入。
マニュアル撮影しかできなくなりますが、手持ちのは慣れているレンズかつ、
マニュアルで撮影ばかりしていたので良いかなと思ってます♪




保護シールやレンズプロテクターも買って準備完了♪

注文翌日には届きました。(^^)

感想は…。
まず簡単に綺麗な写真が撮れる。
本当にちょうど一眼とコンパクトデジタルカメラとの間の子って感じで、
パシャパシャいけるし、一眼のような拘りもできる。
そしてコンパクトで軽い。
これは凄い!!

本業として生粋のカメラマンになるのならともかく、
仕事の最中にカメラが必須という状況では
必要なシーンを手軽にとれるほうが重要なのです。

それを叶えてくれる夢のカメラでした♪

液晶ビューワも最初は不安でしたが、
秋の青空の中では十分視認できました。
絶対光学ファインダ一じゃなければ駄目だろうという
概念を覆してくれました!
これは使ってみないと分からないものですよ!?

ムービー機能もバッチリ、音声録音もなかなか頑張ってる感じ。
やっぱり操作系は面倒なのだけど、そこは工夫すれば
なんとかというところ。

気になるというかまだ方法が分からない部分として、
ムービー撮影中にピントが合わなくなってしまうこと。
これはなんとかならないものか。
もしくはマニュアルでいけるのか…。

バッテリーの持ちもなかなか長くて良いです!

機能が豊富でマニュアルチラ見しておかないといけないところも
ありますがRAW撮影もできるので概ね満足しています!

RAW撮影したデータはなんとフリーソフトのGimpで細々と修正できるのです!!
MacOSX10.9はデジタルカメラRAW互換性アップデートもありますし。

PhotoshopはバージョンをあげないとRAWの新しい規格に対応せずとほほです。
最近Gimpで事足りるというかショートカットやら覚え直せば
Photoshop要らないのではという…。
フリーソフト恐るべし!!

そんなこんなでPENをお仕事にガンガン投入してます♪

撮影に没頭ばかりもしていられない現場では
ミラーレス一眼はとても素晴らしい機材です!!

自分の中でしっかりミラーレスとデジタル一眼の棲み分けが出来て
とってもすっきりしました♪

もう少し使い込んでみてわかったことがあったら
またレビューしてみようと思ってます。

テーマ:デジカメ - ジャンル:写真

音楽製品色々起きてます+Arturia MINI BRUTE レビューとか色々。
いやー、音楽製品色々起きてます。

まずはSONAR X3から。



RolandがX2へのアップグレード期間を延長したので何が起きるのかと思いきや、


  ・SONAR X3 PRODUCER

         <仕様変更前> <仕様変更後>
   -V-Vocal    : 搭載  →  非搭載
   -R-MIX SONAR  : 搭載  →  非搭載


  ・SONAR X3 STUDIO

         <仕様変更前> <仕様変更後>
   -V-Vocal    : 搭載  →  非搭載

なんという(´・ω・`)ショボーン仕様!!

V-Vocalがなくなるなんて致命的すぎますよ…。
いくら代理店やめるからってX3は今年ローランドが代理店を務めるなら
X4からでも良いだろうに…。

R-MIXはまだ良いですよ。別売りで売ってる機能で
みんながみんな要る機能じゃないでしょうし。


これからSONARどうなっていくのだろう。
CAKEWALKユーザーとして長らく愛用して、早くプロユースに耐えられるように
なってほしいと思って10年以上。
漸くそれらしい機能が追加されいよいよ本格的なDAWの仲間入りかと思いきや。

・・・、まぁV-Vocalを超える機能をCAKEWALKさんがつけてくれればいいのです。
RolandにもTASCAMにも頼らない自社バワーを楽しみにするとしよう。(^_^;




Arturia MICRO BRUTE 来ますね。
前機種MiniBruteの受けはかなり良いみたいで、モノフォニックアナログシンセという
ピンポイント仕様がDAW全盛の今、オンリーワンを確立しそうな勢い。

MiniBrute、何度か触らせて頂く機会があり、
性能は申し分ないです。
フィルターのかかり具合も音の迫力もGOOD。
アナログでありながらMIDI端子搭載、USB端子搭載というのもDAW連携側面から○。
ノブやフェーダーの位置を写メしなければいけないけれどね。(^_^;
OSCは、ノコギリ波、矩形波、三角波、ホワイトノイズ、オーディオイン。
なかなかです。各OSCをフェーダーボリュームで混ぜて行けるので
1OSCという訳でもなく。なかなか興味深い作りです。
強いて言うならサイン波がSUB OSCにしかなく、-1〜-2オクターブでしか
混ぜられないというところでしょうか。

KRONOS 2.1も来ました!!

大幅にグレードアップしたCX-3
ロータリー・スピーカーの回転状態のリアルタイム表示
コンビネーション/ソングでのティンバー/トラックのミュート機能の動作モードの追加
ペダル・コントローラー等の外部MIDIコントロール・チェンジによる
プログラム・アップ/ダウン等のファンクション・アサイン機能など。

KRONOS ソフトウェア・バージョン2.1.0のリリースに伴い、
新しいプリロード・サウンドを収めたPRELOAD_V2.PCGファイルをリリース。

KRS-06: CX-3 Signature Sounds
KRONOSシステム・バージョン 2.1には、
CX-3(Tonewheel Organ)エンジンの大幅なグレード・アップ!!


いやー、ライブパフォーマンス機能追加とまさかのオルガン機能アップグレード!!
しかも無償!!

KORGさんのそういう攻め方は絶対時代に合ってます!!

そういうユーザーを大切にする展開をされると次の商品も購入したくなるんですよね。(^_^)
KRONOSは如何せん鍵盤部分がネックですが、それを補うかのような
機能追加をし続け、ハードウェアシンセの頂点を行こうとしている姿勢が好きです。
メーカーから機材が愛を受けている感じですね♪

今年の音楽機材は出だしからアナログシンセの勢いがあり、
非常に楽しかったです。

来年はどうなることやら。
NAMM2014が楽しみです!!

そしてもうすぐ来たるホリデーシーズン!!
果たして何が激安に!?
年末年始は楽しみはつきませんね♪

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽



プロフィール

TAKUYA

Author:TAKUYA
公開している音楽制作HPに多少?関係したゆったり日記です。
音楽制作依頼のご連絡はこちら

運営中の音楽HPはこちら



Google



ツイッター



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



こーこく



カウンター



アクセスby



楽天ナイスアイテム



AMAZON



ブログ内検索



RSSフィード



iTunes音楽ランキング



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



楽天ランキング



買得情報



最近のトラックバック



月別アーカイブ



APPLE



QRコード

QR