MIRROR OF ES Diary
音楽制作メモやら音楽機材、生活グッズレビューを中心とした日記です。
MacBook Pro 15,13インチ(Mid 2012) はDAW最強機か!? 理由とは?
MacBook Pro Mid 2012が結構DAW環境的に最強な気がする理由


・FW端子本体に搭載されている MID2012
TB→FW変換挟むと音質気になりますしね…。(ー_ー;)

・USB3、TBはついている MID2012
これ便利です。ぶっちゃけ拡張性高いノートで、
Mac Pro2013?に近い外部接続拡張型コンセプトなような。
TB2X2とかHDMIはないですけれども…。

上の写真は新型2013Mac book Pro

・有線LANケーブルを直接繋げる MID2012
euconやら音楽制作にはLAN接続が不可欠となりつつあります。
標準搭載は嬉しいですね。

USBポートひとつ使って有線LANというのも…。うーむ。

・メモリの換装可能 MID2012
これは拡張性だけでなく、メモリが壊れてもそこらで調達できるという点。
いちいち修理だしてたら仕事が…(>_<)
オンボードメモリとか鬼畜です。
Airもそうですが、故障したらここの部品変えてみようとか出来ず
修理出すしかないというオチで同じ機種2つ持ってないと不安に…。
そこだけがAirのネックポイントなんですが、2013最新Mac Book Proも
同様になるわけで。

写真はMac Book Pro Mid 2012で使える交換可能メモリ


・HDDの付け替え可能+光学ドライブ搭載 MID2012
実は光学ドライブ取り外してSSD+HDDなんてことも。(^_^)

写真は光学ドライブ取り付け位置にHDDをとりつけるマウントキット

新モデル、SSDは換装できそうだけれど、
Mid2012は一般的なSSDを搭載できるのが魅力的。
SSD、HDDは寿命品ですしね…。


写真は新型Mac Book Pro系のSSD。一般PC用と形状がちがいます。

何気に一台にDAWに必要な要素が集約されているモデルとなるMID2012。
まさに予想通りMac Book Pro最後のDAW最適マシンとなりそうです。

今後の移行は仕事のことを考えると、
miniかMac Proになりそうな気配。
うーん・・・

・Mac Book Proは停電しても制作続行できる
・いつでも制作環境を持ち出せる

とこが良いのですが。

Mac Proに近いニュアンスで多少厚みがあったり
重くなってもよいのでMac Book Pro拡張性の高い
モデルを出してほしいこの頃です…。

というわけで今年中はMac Book Pro 2012モデルはありでしょ!?

この記事のモデル、

15インチは
MD103xx/A
MD104xx/A


13インチは
MD101xx/A
MD102xx/A

が対象機種です。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Logic Pro 9 とOS X Mavericks 使用してみて
早速Mac Book Air 2013モデルにMavericksを入れて
Logicを立ち上げてみました。


結果は
特に問題なく動く印象です。

10.7→10.8のようなときと同じような。

OS自体は細々とした機能がブラッシュアップされているため、
ファインダーのタブ機能追加やら
タグという概念でファイルを区分けできる機能など
ちょっと便利機能が搭載されて10.8より使い易くなっている印象です。

メモリの効率化についてはなんとも言えず。

Memory Scopeを見る限り
OS起動したときに4GB中2GB使用されていることもあったり。
3000行近いエクセルデータと3つほどタブで表示したSafariを
起動しこの文書を書いている段階で残りメモリ105MB!!

それでも快適に動くのはAirならではですね。(^_^;

OS自体の劇的変化はないので無料も頷けるもので、
Numbersの進化とかのがびっくりします。(汗

取り急ぎDAW制作用途としてはメモリの安定化がうまくいくように
なればかなりファイル管理のし易いOSになる予感。

まだ楽曲制作用PCには入れられないといったところです。

取り急ぎファーストインプレッションでした!

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Apple2013秋の新製品についてと音楽制作機材とを考察♪
かなり音楽制作観点から新型Apple製品を考察してみました♪

・Mac Book Pro

ついにRetinaディスプレイモデルのみに統一されました。

ストレージもSSDに。
DAW使うなら256GBあたりからがおすすめです。
※128GBはLogicだとかなりキツいですよ〜(T-T)

MagSafe 2電源ポート
Thunderboltポート(最大20Gbps) x 2
USB 3ポート(最大5Gbps) x 2
HDMIポート x 1
ヘッドフォンポート
SDXCカードスロット
Apple Thunderbolt - FireWireアダプタ
(別売り)
Apple Thunderbolt - ギガビットEthernet
アダプタ(別売り)

ということでついにFireWireは変換アダプタ必須になって
しまったのです。(泣)

※写真はTB→FW変換ケーブル付FWオーディオインターフェイス

音楽制作者なら周知の通り、まだまだFWは現役です。(T-T)

そうそう、
Thunderbolt 2とオーディオインターフェイスの相性も
気になるところですね。

写真のTB接続APOLLOは対応するのかな?

・OS X Mavericks

アップグレード無料。タダときました。
さすがにOSXの性能がタダとは衝撃です。

まぁ、専用マシンがなければ立ち上がらないOSなので
タダも今となっては変ではないような。
しかしユーザーへの配慮が凄まじいよ、アップルさん。

iPhoto、iMovie、GarageBand、Pages、Keynote、Numbers
無料でアプリ追加(OSX10.9プリインストールMAC新規購入の場合のみ)。

これはWindowsに対しても脅威では…。

iOSも上記アプリは無料化してくるという。
(iOS7プリインストールiPad、iPhone、ipod touch新規購入の場合のみ)
iOSとMacの親和性が素晴らしすぎる。

音楽関係としてはOSのメモリの効率化が影響してきそうです。
果たして10.6以来の最強OSの座につけるのか。
楽しみです。


・Mac Pro

約3000ドル。
久々にMac Pro!! って感じの価格です。
高い! でも欲しいかも!?
なんて思わせるところが価格下落するPC市場の中での
異端さを感じさせます。
ただ、新型として初期モデルとなるわけで
購入は様子見したいという気持ちも強いです。
音楽制作最強クラスなのは間違いないですね。


写真のProtools HDXなど
PCI-Eシャーシが必要な音楽機材がどう変化していくのか次第です。

サードからシャーシが出ているとはいえ、純正品ではないので
今後どうなるのか分からないんですよね。
PCI〜PCi-X〜PCI-Eと乱立した時期のようなイメージを勝手ながら持ってます。(-_-)
来年のNAMMが鍵を握ることでしょう。

予想ではUAD-2がAPOLLOに施したサンボル対応のように
各メーカーThunderbolt接続機器を出してくるのかなという。
いよいよAVIDの本気TB版HDXがくるのか!?

今後が楽しみです。


・iPad Air

完全Retina化。
あー、これだこれ。これなら買い替えできると久々に思えました。
SBのiPad2以来更新せず使ってきましたので。(^^;

薄い、軽い、ハイスペック、バッテリーもそこそこ、
iOS7の恩恵をフルで、各種APPもバッチリついてくる。

ガレージバンドまでついてくるのはちょっとウケました。
スケッチブックとして使うには十分かと。
データのやりとりは現状でもLogicやMAC版GBと
抜群ですし。
16trまで追加できるとは…。
もはや、2000年代前半の音楽制作スペック超えたような…。
恐ろしや。


・iPad Mini
Retina化。
これもすごいけど!
iPad Airに興味を完全にもっていかれました。(笑)


・iPad 純正フルカバー
いやぁ、さすが製造元。
どうやってカバーしてほしいかよくわかってらっしゃる!
ちょっと高いけれどね…。


というわけで音楽制作寄り新型Apple製品考察でした♪


また新型について何かしら記事を書いていきますのでよろしくお願いします♪

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Mac Book Air 2012のSSDが故障 の記事の原因判明!? まさかの!?
なんてこった!?

Mac Book Air 2012のSSDに不具合!?

Yahoo! に突如載ったその記事には目を疑いました。

去年買ったMac Book Air 2012はまさに
SSDが突如お亡くなりになるというもの。

無償修理期間内とはいえ、その間ノートがないという状況は不可能で、
結局2013モデルを買うはめに。


Appleタイマーだぁ。(*´∀`*)

じゃない!!

MacBook Air Flash Storage Firmware Update 1.1

というのがアップルのサイトに出ています。

もしかして、ファームウェアの問題だったのか…。

いずれにしろ時すでに遅し。

お亡くなりになったデータは戻ってきません。

そういえば2012モデル、SSD交換してもらって、まだ箱からすら出してないです…。

そうまでしてMac使うのか?
という方もいらっしゃるかと思います。

が、Macの利便性は使ってみないと分からないものです。
メール返信、事務作業も恐ろしいほど迅速。
Pagesやらは簡単にすぐ綺麗なレイアウトを作成できるし。
Windowsでの一手間がない。
それだけのことなんですが、効率化とはそういうもので
一手間なくなることでさらに多くの業務をこなせるものなんです。

今ではWindowsはWEB関係の仕事のときしか使わないほど。

タイムマシン機能やらそこらじゅうに張り巡らされた
Mac保護機能が便利すぎるというのもあります。


まぁ、無償修理してもらえたので良しとしますか。(・ε・)
Apple製品は故障理由がWindowsほど複雑でなく、
Appleが無償修理対応を表明すれば確実に直ってくるというのが
良いところです。
Windowsの場合は慎重に機種製造メーカーを選べば同様のことが
言えると思ってます。


さて、たまにはMACのフリーソフトのお話でも。

GIMP  グラフィック作成ソフト(Photoshopみたいな)
Inksape ベクターグラフィック作成ソフト(Illustratorみたいな)
Filezilla FTPソフト
Elmedia Player フラッシュ再生プレイヤー(SNS音楽制作で必要不可欠)
VitualBox WindowsをMacで走らせるエミュレータ
Skype 会議用です
Emacs テキストデータの作成 Linuxを感じます!!
NADの顔文字辞書(ソフトというか辞書としてことえりへの登録ですね)

こんな感じで簡易的ながらもそれらしいソフトが無料で手に入る時代。
凄いですねー。昔のMacとは違うのだ!!(>_<)

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

BEHRINGER XENYX Q802USB導入してみて

USBオーディオインターフェイス付アナログミキサー
XENYX Q802USB
を導入してみました♪

iphoneやらモバイル機器を繋ぐため、
オーディオインターフェイスのインに繋げる形で
使用しています。

この機種、¥5000円台という価格で

■タイプ:アナログミキサー
■48V付マイクプリ モノラルチャンネル数:2
■モノラルチャンネル数:2
■ステレオチャンネル数:2
■EQ:3バンド
■AUX:2
■グループ(バス):-
■デジタルエフェクト:-
■寸法:195(W)x248(D)x50(H)mm
■重量:0.6kg

となっています。
AUXがステレオ使用できるため、
ここにシンセを繋げることも。
と、実質ステレオ3チャンネル!!

USBオーディオインターフェイス機能までついて
この価格はベリンガープライスすぎます!!

GAINノブが貧弱な点が少し気になるものの、
価格と性能のバランスでいうと性能が上回るのでは
と思わせるところが良いですね♪


しかもベリンガーのオーディオインターフェイスを買うと
DAWが無料でついてくる!!


くわしくは上記動画を!!

これ一台で機材面含めてかなり音楽の勉強が出来る
入門機でもあり中盤あたりまで使えるスペックです!

音楽を始める方には、
超おすすめ♪

音を気軽にまとめるのにも便利♪
小型アナログミキサー+小インプットオーディオインターフェイスという
組み合わせは抜群の使い回し方です!!


ほかにもベリンガープライス最強¥13,000台の
オーディオインターフェイス、コンデンサーマイク、ミキサー、ヘッドフォンが
最初からついてくる入門機であり音楽制作にまで耐えうる
強烈セット品も!!

昔ならこのセット集めるのに数万〜10万単位でかかったような。
これにもDAWが無料でついてくるなんて…。
良い時代になりましたね…。(T-T)

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

100Vを115Vにすると音は良くなるのか? 実験してみた



アップトランス 1012-1000 容量1000W 100V→115V[110〜120V]

ついにやってしまった。
アップトランス。(^_^;

ケーブルやらクリーン電源など求めてきて、唯一ふれなかった部分です。

興味本位程度だったので安価にアップトランスできるものを選びました。

繋ぎ方としては、

壁コンセント→アップトランス→115Vを使用したい機材

です。

壁コンセント→100Vタップ(ディストリビューション)→アップトランス→115Vを使用したい機材

も可能です。


壁コンセント→100Vタップ(ディストリビューション)→アップトランス
→115〜120V対応タップ→115Vを使用したい機材
※超たこ足配線で危ないです(>_<)

も可能ではあります。

さて、電圧(100V ~ 240V)に応じて自動的に切り換わる100V~240V対応機器 といえば

まず

MAC

ですね。

MACは全製品対応しています。
音質に影響する部分としてはもっともかと。

現在MAC PROに使用していますが、それほど変化がないような?
こちら引き続き検証していきたいと思います。

続いてオーディオインターフェイス。
バスパワーのみだとMACへの供給次第になりますね。
電源ケーブルが必要なオーディオインターフェイスとして
各国の電圧(100V ~ 240V)に応じて自動的に切り換わるHD I/Oに試してみました。

PCの次に音質に影響しそうですよね。
ところがこちらもそれほど変化がないような?
現在検証中です。

スタジオ機材で明らかな変化があったのは

1176LNでした。

まず全面のVUメーターランプの明るさが違うという。(^_^;
サウンドはこれから検証しようかと。

手持ちで劇的変化があったのは


ADAM A7Xでした!!

分解能が細かくなったというか、
音程の微妙なズレがとてもくっきり分かるようになったのです!!
もともとA7Xには厳選した電源ケーブル、オーディオケーブルを使用しているのですが
ここまで違うものかという変化に最初戸惑いました。(>_<)

下手な生録音物は即分かりますし、シンセの微妙な音程の揺らぎもはっきり聞こえます。
LogicのESシリーズに入っているBasicリード系も相当な揺らぎなんですね。
115Vにする前まではESって意外と野太いんだなという感覚だったんですが、
115Vにしてからは音程解像度が上がり、野太いというより揺らぎがくっきり感じられ、
少し細くなったような。

後々よーく考えてみると、音程が曖昧で凝縮された状態のものが厚みに聴こえていて、
くっきりとしたおかげで本来の音の厚みと音程の揺らぎが分かるようになった
という感覚に近いです。

その他の音色も劇的変化です。
こうなってくると曖昧に音程をとってしまったセンスのないメロディや
アレンジも気になる気になる…。(ー_ー;)

これは今後の音楽制作に多大な影響を与えます!!
特にモニタースピーカーの場合はMIXに多大な影響を及ぼすので
早めの改善がおすすめです。

今のところ実感できたのはこの辺りまでとなります。
今後、LIO-8やFIREFACE UFX、マイクプリにも試してみたいと思ってます♪


さて、ここで注意事項を。

115-120Vに対応した機材は手短かではPCなのですが、
音響機器で国内購入したものは100V固定されているものがあります。
この場合115Vにアップトランスすると発火の原因になりかねません。

例えば、



MSP5は100Vのみ対応です。


KRONOS Xも100Vのみ対応ですね。

各機材の説明書やメーカーWEBページでよく確認してから
アップトランスしてみてください。もちろん自己責任ですよ?

その他手持ち機材で面白いものとして、

GENELEC 8260Aがあります。

これはメーカーさんのほうで何Vなのか調整してもらう形になるのです。
手持ちのものは購入時に確認済みで100V固定になっているそうな。
変更するには、オタリテック株式会社に依頼する必要があるのだとか。
こういう製品の中古品は何Vになっているのか分からないこともあるので
気をつけて下さいね。


もうひとつ注意事項を。

アップトランスはどれも少し唸り音が聴こえます。
これはモノによりますが、本文一番上の写真のような
小型なタイプでも近場に置けばかなりノイジーです。
MAC PROの動作音(ファンやらHDD音やら)より
中低音が五月蝿く聴こえる感じですね。

MAC PROをそばに置いたことがある方なら分かると
思いますが非常に不快です。(-_-)

離れたところに置くか、吸音材を大きめのボックス上に
組み立てて、裏側は熱排気用に空ける形で設置するなど
対策が必要です。何か遮蔽物の後ろ、
2〜3mくらい離れて設置すれば自分の場合、
気になるレベルではなくなりました。

アップトランス、実に奥深いです!
もう少し研究してみようと意欲的になれる久々の
マニアックネタでした!!

※本文は音質の違いを細かく気にされる方向けです。
一般的な聴き方だと何か変わったかな? みたいな感じ
になる可能性があるのでご注意。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

気になる音楽機材
秋に突入して新しい機材も続々。
まずは

KAWAI VPC1


KAWAIといえば最強すぎるピアノタッチ。そのタッチ感覚は
Roland RDシリーズを上回るとも。

ついにソフトシンセ側に合わせる形で機材発表してきましたね!
Ivory II

など各ソフトシンセ毎ベロシティカーブ設定があるのだとか。
気になりますね!!

MASCHINE STUDIO


いや、これは凄い!!
なんだろうこの意味のなさそうなことを堂々とやってしまう感じ。
DAW全盛時代にあえて、MASCHINE本体側のみで操作する設計にし、
PCはディスプレイみたいな役割(もちろん音色などのインストールはPC側ですが)。

HDD部分と編集/MIX画面だけをPCに移しただけという仕様は
古い時代のHDR VS2480を彷彿させますね・・・。

果たしてこのご時世に!?
と思わずにいられませんが、
その形とコンセプトから思わず衝動買いしたくなるような。

時には無駄なことも大胆に というやつですね。
きっと買ってもMASCHINEの大半の機能は本体側から制御しないんでしょう。
それでも欲しいと思わせるコンセプトがあるような気がします。

FXpansion / BFD 3


すでに発売されていて、動画などではそれほど購入欲がわかないのですが、
解像度が上がったという情報の通りなら導入せざるを得ないソフトですね。
ドラムソフトを単独で持っていない方で生系を探している方は
間違いなく一押しソフトです。

その他は冬にSONAR X3も控えていたり
なかなか賑やかになってきました。

とりあえずBFD3は手に入れておきたいと思うこのごろです。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

ガラスキューブハロゲンペンダントライト[Cube] 3灯 消耗品について


一年ほど
ガラスキューブハロゲンペンダントライト[Cube] 3灯
を使用してみましたが、
合計30wほどで部屋の雰囲気を見違えるほど変える効果があり、
大変気に入っています。

ハロゲンライトの寿命は約1年といったところでしょうか。
いよいよ切れはじめてきました。

そこで、ハロゲンライト
三菱 12Vハロゲン電球 ハロスター スターライトピン差し J12V10W-AXS
を9個購入しました。



切れたとき、なかなか近場に売っていない、または高いことが多いので
ネット通販で大量に買っておく方式ですね。

インターネット通販時代、モノを厳選していけば必ず良いモノに巡り会えます。
近場で手に入りにくい消耗品すら安価に大量購入できます。

特殊な消耗品を使う器具は事前に消耗品が手に入るかを調べておくと良いですね。
また、通販サイトに消耗品の購入リンクが貼ってあるところもちらほら出てきました。
お客さんのことをよく考えていて好感がもてます♪

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用



プロフィール

TAKUYA

Author:TAKUYA
公開している音楽制作HPに多少?関係したゆったり日記です。
音楽制作依頼のご連絡はこちら

運営中の音楽HPはこちら



Google



ツイッター



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



こーこく



カウンター



アクセスby



楽天ナイスアイテム



AMAZON



ブログ内検索



RSSフィード



iTunes音楽ランキング



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



楽天ランキング



買得情報



最近のトラックバック



月別アーカイブ



APPLE



QRコード

QR