FC2ブログ
MIRROR OF ES Diary
音楽制作メモやら音楽機材、生活グッズレビューを中心とした日記です。
ADAM A7XとRX-5使用による感想
ADAM A7X、購入してから数ヶ月未開封のまま、仕事が立て込んでいましたが
ようやく年末の楽曲制作を終えて、年始はスタジオワークなので、
制作システムに組み込みました。

制作システムとしてはMSP5からの変更だったので、
音質の違いによるMIX感覚の違いにドキドキしていましたが
その結果はいかに!?

まず、A7Xにいまま使っていた
オーディオテクニカ ハイブリッドインシュレーター
AT6099を使用してみました。



これは結果から言うと、MSP5のように空気感が程よく出て、低音の迫力が
出るという形にはならず、低域と高域が分離し、低域は締まりがなく
ぼわぼわで強調された音になってしまいました。
スピーカースタンドによる運用なのですが、
本インシュレーターとは相性が悪いように感じます。

そこでおまけでつけてもらったRX-5スタビライザーを敷いてみることに。
見た目は厚いスポンジの上にゴムのようなものを貼りこんだようなもので、
作りとしてはお粗末かもしれません。ロゴマークもシールで
貼付けてある形で、片方は開封時からはがれていました。
もう片方は包んであるビニール袋がゴムのような素材とスポンジを
接着している部分に一部食い込んでしまっていました。


果たして、このような製品で効果があるのかと疑わしい気持ちをもちつつ、
RX-5を敷いてみると…。

これは驚き。低音はしっかりしまり、無駄な空気感がなくなりました。
鳴りはおとなしくなり、各音域がうまく混じり合う印象です。

敷いてみて思ったのは、スピーカー毎にインシュレーターの種類は工夫すべきということ。
A7XにはRX-5が最良の選択なのかもしれませんね。

肝心のA7Xは、
とにかくハイの抜け方が違います。
クリーミーというかとても滑らかにハイが伸びる。
それも相当高いHzまで。
気持ちいいサウンドとはまさにこのことですね。
LowもRX-5を敷いた後は締まった音もしっかり出て、
各種解像度がさらに良くなりました。

フロントにボリュームコントロールと電源スイッチが配置されているのも
配慮が行き届いていて使いやすいです。
背面はXLR/RCAと脱着できる電源ケーブル。
シンプルかつ、電源ケープルのグレードアップも検討できる構造で
好感が持てます。付属してくる電源ケーブルは短いので注意です。

まだ使い始めなので、これからどのようにこなれていくのか楽しみですが、
非常に優秀なスピーカーであり、
このスピーカーを導入する前のMSP5も優秀なスピーカーであったことが
裏付けられました。なぜなら、MSP5でうまくいったMIXは
A7Xでもしっかり聞こえるからなのです。
良いMIXはどの環境でもしっかり聞こえるものなのだと
改めて痛感しています。



より一層制作環境のブラッシュアップを行いましたので、
グレードの高いサウンドをご提供できます。

サウンド制作のご依頼、ご質問はこちらからお気軽に
ご連絡ください♪

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

太鼓の達人アーケードに「ドキドキ胸きゅん おまつりタイム」登場
当方楽曲制作をしました

ドキドキ胸きゅん おまつりタイム


太鼓の達人アーケード版
2013年1月から登場だそうです!!

AC収録というとても大きなプレゼントを
クリスマスの日に頂きまして、感無量です♪
大人になってもサンタさんはやってくるんですねー。
感激です。(T-T)

曲についてメロはもちろんですが、オケもいろいろと仕掛けていますので、
アーケード筐体での音もぜひお楽しみに♪
もちろん、自分も正月からのプレイ可能日を楽しみにしてます!

また、いよいよコンテスト曲も全曲集合!
こちらもとても楽しみですね♪

詳細は太鼓の達人 開発日記をご覧ください♪

テーマ:音ゲー全般 - ジャンル:ゲーム

Digital Performer 8 使用感想

Digital Peformer 8 がついに届きました。
案外早い入荷でした♪

分厚い日本語取説とクイックマニュアル、宣伝チラシ一枚とDVD一枚。

外装こと外箱はなし!! 昔と変わらずの姿勢ですね。(^^)
エコでよいのではないでしょうか。結局数年後に捨てることになるので。
…まぁ、箱収集も楽しいんですけど。(笑)

インストーラDVDが5回ほどブランクディスク認識されたのはご愛嬌。
そのあとハイレゾ様から新品ディスクをすぐ送って頂けました。
なんと1日で着!! サービスにやる気を感じさせます!!
ありがとうございました

インストールはすんなり。1GB強くらいの容量のようです。
マニュアルには旧serialで動くと書いてありますが、
実際には、分厚いマニュアルの一番後ろのページに張り付けてある
Key Codeを利用します。

マニュアルにはDPインストーラDVDがドングルのような役割をもち、
最初の起動のときのみ、インストーラDVDを入れる必要があると
書いてあります。
実際にはDPを立ち上げると、ネットへの接続が求められ、
メアド、ユーザー名、Key codeを入力し、オーサライズして完了となります。

DP5からのアップグレードなんですが、DP5より劇的に変わっているというより、
今風な機能が追加された感じでした。
MIDIのPPQはヤバスギマス。2兆という驚きのキャッチフレーズ通り、
480.xxxx というように分解能分かりやすく細かく設定することができます。
※デフォルトは480
発音タイミング精度の良さはLogicからだと結構分かるかもしれません。(^_^;)
ソフトシンセは相変わらず少な目で、DP8のみで曲を色々作れるとは言い切れません。
追加プラグインありきですが、VSTにも対応しているので色々と敷居は
低くなった気がします。
※Mac ではAUかVSTのどちらか片方を使用する形になる

ピッチ補正ツールもさらに高機能化、テイクコンピングも備え、
十分な機能を持っています。

あと一か所機能追加をと思うのは、
クリップ(リージョン)上でのタイムストレッチ機能追加でしょうか。
タイムストレッチ機能の細かい設定をしながらはDP8でかなり押しの機能ですが、
もう少し気軽(感覚的)に操作できればと思いました。

MIDIエフェクトも充実しており、ダイナミクスも32bit。

個人的にLogicから乗り換えるならという選択肢ナンバーワンです。

体験版など配布されるともっと知名度が上がりそうですね♪
とにかく今後Windows版もリリースされるので
楽しみなDAWです!!

他社DAWからの乗り換え版も出てます♪

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Cubase7をVistaで動かしてみました♪

Cubase7 をVista 32bitにて動かしてみました。
結果はばっちり動いています。

さて、導入方法と動作実験のご報告を♪

まず、国内版Ver6からのアップグレードとなります。
2万円くらいかかるので、DP乗り換え版もありありな選択肢な気がしましたが、
ここはとりあえず、最新版にのってみました。

Discはたくさんついてきますが、
Cubase6からのアップグレードでは実質二枚しか使いません。
インストールの流れは、

1・eLicencerを予めネットから最新版にしておく
  ※バックアップもしておく
2・eLicencer Control Centerを起動し、アップグレードについてきた
  アクティベーションコードを入力
 ※このときオンラインにしておく
3・オンライン環境にてCubase インストーラーディスクを入れる
 インストールを始める
 このとき、eLicencerのインストールが最初に発生するが
 このインストールキャンセルをする。
4・Harion Sonic SEのインストーラーディスクを入れるよう促されるので
 指示とおり入れる
 入れてもそのままディスクを挿入してくださいで止まったままになるので
 「ディスクを挿入してください」のアラートウィンドウをクリックして
 前面に選択表示されてからパソコンのエンターキーを押すと再び
 インストールが始まる
5・インストール中にオンラインでネットから更新情報をアップデートして
 いっているようなのでオフラインは避けたほうがよい



以上です。

・動作実験

目玉となっている、ミックスウインドウのチャンネルストリップですが、
画面左上の□ボックスを押してEQやらインサートやら
表示させる形に変更されています。
最初から表示されていないのがデフォルトのようですね…。
すべて表示させるとフェーダー部分が縦に圧縮されてぺったんこです。
イメージとして100mmフェーダーが急に60mmフェーダーになり、最終的に
KORGのnanoシリーズばりの短いストロークになるというのには
驚きでした…。

チャンネルストリツプの備え付けEQはなかなか感覚的に触れるのですが、
数値など細かく調整できるEQエディットの部分の数値が非表示で、
マウスを表示させたいパラメータの上にもっていかないといけないようです。

インサートエフェクトを再生しながら刺すと、エラーアラートにて
フリーズすることが多いような気がします。
いや、実際はフリーズしないんですが、再生している音がおかしいという。

今回はとにかくミキサーウィンドウが縦に長いので、ディスプレイを縦置きしたく
なります。(^_^;)

コードトラックはなかなか面白い概念でした。
確かにコードに従ってくれる。SSWを思い出します!

Sonic SEの音色が増えたり、MIDI LOOPSを貼付けると自動的に
それに合う音色のソフトシンセが立ち上がるところなど
Logicっぽい動きも加わりました。この部分はかなり
良い進化に感じます。

ピアノロールのデフォルト色が灰色系になったのにはびっくりしましたが
使い勝手は相変わらず良い感じです♪

6.5からの進化という点では0.5分の進化という感じで、
6から7へはしっかり進化を感じる形になっています。

アップグレードや7新規導入にあたり気をつけたい点は
安定性です。
2012/12現在、
http://japan.steinberg.net/jp/support/additional_support_pages/cubase_7_known_issues.html
相当致命的なレベルのバグが発生しているようです。
Cubase4から5のときは相当バグに泣かされましたが、今回もなかなか。
記事によると来年1月末にはという文書が書かれていますので、
今Cubaseを導入したい方はV6.5+7無償アップグレードセットがおすすめです♪


ファーストインプレッションとなりますが、
画面の見せ方など、もう少しバージョンアップ待ちしたいという印象は強かったです。

SONAR X2が結構使いやすさを意識したアップグレードだっただけに、
Cubase7はX1のように新たなイメージを作りたいという印象に映りました。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Independence ProがMAGIX製に変更。V2.5からV3が無料アップグレード

MAGIXといえば、 DAW であるSamplitude Pro で有名なメーカー。
IndependenceがYellow toolsからMAGIXに変更となったのです。

V2.5+ドングルで安定していたので、アップグレードを放置していたのですが、
無料に飛びついてしまいました。汗

Yellow toolsにユーザー登録している場合は自動的に
ユーザー情報とソフトウェアの権利が移動しているので、
そのままMAGIXのサイトにてログインできます。

ログインすると、手持ちの製品項目にIndependenceのダウンロードが
できる項目があるので、そこを選びインストールするだけなんですが…。

なんと、数十GBものライブラリ、ほとんど変わらないにも関わらず、
MAGIXから手に入れたライブラリインストーラーにて、
全部DLし直してあげなければいけないようなのです。
旧Yellow toolsのライブラリは一切認識されません。(ー_ー;)

かなり面倒なうえに、変化がさほどないという点から、
労力だけを感じるアップグレードでした…。

64bit化されたので、この部分はとても重要なんですが。



※補足メモ
ダウンロード購入したライセンスはライブラリと本体ともにうまくMAGIXに移行されていた
バッケージ購入+ドングル版は本体はMAGIXに移行できていたがライブラリがうまく移行
できていない?


・32bit

そうそう、最近Logic 9での32bitプラグインがよく強制終了します。
Sylenth1が64bitになったら、確実に32bitは使わない方向になるのですが…。
随分浸透してきた64bit、今後のメーカーさんの動向が気になります!

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

BEHRINGER / ベリンガー MINIMON MON800 ステレオモニターマトリックスミキサー使用感想

何か良いトークバックシステム案はないものかと思案していたところ、
破格の値段でトークバック機能がついたモニターセレクター機器が!!!

そう、痒いところに手が届くベリンガーさんでした!!

MIX IN A+B
CD/TAPE IN C+D
2-TRACK OUT A+B
CUE OUT
PHONES
SPEAKERS OUT A
SPEAKERS OUT B+C

という接続となります。
ちょっと音をまとめてスピーカーに出したいときなんかにもありですね♪

スタジオに置くという意味では、シビアな音質の必要性によりこの機種でも
チープとなってしまうんですが、トークバックとしてのみの利用であれば
かなりありです。音量もプリアンプでゲイン稼がなくても十分
オーディオインターフェイスに音量が上がってきます。というか
MON800のトークバックVolをマックスにする前に割れます。(笑)

感度もとてもよく、オーディオテクニカの
グースネックコンデンサーマイクで取り急ぎ
作った簡易トークバックとさほど聞き取りやすさは変わりません。
※問題点といえば、MON800はトークバックオンにすると
 ノイズがずっと鳴っていることくらいでしょうか…。


背面にフットスイッチを差し込めば、フットスイッチにて
トークバックのオンオフが出来るようになっています。

フットスイッチには極性があります。
本機と下記写真のヤマハフットスイッチは逆となり、
フットスイッチを踏み込んでいないときにトークバックオンとなってしまいます。


下記のM-Audio SP-1は極性スイッチが本体についているのでおすすめです♪
ちなみに、今回のセットアップではこのM-Audio SP-1を利用しました♪




この機種、すべてステレオアウト仕様なんですが、
Lチャンネルだけの接続で問題なしです♪

バランス対応ではなく、アンバランス対応のみではありますが、
素晴らしいポテンシャルを持っています。
価格相応というより、価格以上?!

ベリンガー恐るべし!!

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

SONAR X2 Windows7へインストールと使用感想

SONAR X2 いつの間にかアップグレード販売していたんですね。
いつもだとアップグレードのアナウンスが来るんですが…。(^_^;)
とりあえず、インターネットのRoland BRIDGE(旧MyRoland)から購入。
X1Exからなので代引き11,602円でした。

発送はとても迅速で、翌々日に届きました♪
Digital Performer8は、未だ入荷予定メールすらこないですが…。

さて、早速インストール編へ。

ディスクは全部で4枚+VC64(32bit用)1枚で計5枚

Expandedからのアップグレードだと、
ディスク1と2しか必要ありません。

ディスク1が本体なので、まずはこちらをインストール。
インストール完了後、SONARを立ち上げないまま、
ディスク2をインストール。
最後にディスク1に戻してQuick Fixフォルダのアップデータをインストール。
これで完了です。
インストールガイド本がとても丁寧なので、迷うことはないと思われます。(^^)

新機能含め簡単な操作で制作工程を説明した基本操作ガイドは
分かりやすさだけではなく、オーディオ信号の専門的な部分を図解でしっかり説明。
まるでヤマハの音響機器マニュアル並!?
丁寧で好感がもてます。国内サポートする気をしっかり感じます。
ユーザーズガイドもこれまた分かりやすく、濃厚にまとめられています。
Xシリーズの分かりにくいパネル群をよくこれほどまとめたものだと感心感心♪

Rapture1.2.2のレジストレーションコード入力欄に文字入力が入らないのが謎ですが、
使用期限30日後に入力できるようになるのだと信じて放置。(^_^;)

その他Rapture立ち上げて、そのトラックごとデリートしたときに
聞きなれないエラーで、何かしらがWindowsプログラムにアクセスしているという趣旨の
文字が出て、OKを押すとクラッシュして強制終了という…。
で、クラッシュ内容をCakewalkに送信しますかというLogicでよく見るあれが
出てきました。(^_^;)

ざっと触ってみたところ、
X1よりはサクサクしているかなという印象。
ノート入力もしやすいです。
が、ペロシティ濃淡があまりに分かりにくい。濃淡なしに見えるくらい…。

クリップビューはたしかに扱いやすくなった。
が、クリップの長さを短くして、戻そうとすると、元の長さより短いところで
止まってしまう。何度も戻せばもとには戻るんですけどね。

D-Pro 1.5はディスク3に収録されていますが、SONAR X1 EXと同じらしく
インストールは省く形になりました。

さて、肝心のR-MIX。
これはヤバい!!!


YUIの曲取り込んで実験してみたんですが、
マジでかなりボーカル消えますね。
SONARの説明書にもイレーサーツールとして、またはギターソロだけを
抜き出したりして練習にお使い頂けますと書いてあるわけで。

直観的な操作が基本となってるし、凄い技術だ!!

抜き出しもDJライクに混ぜるなら全然きにならないのではないかと。
さらに、ピックアップした音のゲインを上げたり…。
ノイズ除去もあるじゃないですか。
このソフト、単品でも売ってますが、かなり買いですね…。

X1Exと比べるとようやく洗練を意識しはじめたというところで、
まだまだショートカットも利便性はよくないのですが、
Xシリーズの向かう方向性はヒシヒシと感じました。
バグが色々ありそうなので、早急なアップデータを待ち望んでいます。

以上ファーストインプレッションでした!!


テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

AVALON V5 使用感想とAD2022との感覚的な違い
AVALON AD2022をスタジオに設備投資として手放してしまったので
急きょ、制作専用としてAVALON V5を導入することに。



AVALON V5は、
一台で3役をこなすマルチ・ユニット。

・VT-737SPのインプット・トランスを使用して開発されたV5専用のプリアンプ
・AVALON U5の伝統を引き継ぎながらも新たなサウンドを目指したD.I.サウンド
・クリアな音質のトランス・アイソレーテッド・リアンプ・サーキット

を売り文句にしています。


V5 一台で、
マイクケーブル(背面差し)とギターシールド(前面差し可)を差しっぱなしにできます。
切替はノブで行うので、差しっぱなしでも問題ないわけですね。

マイク48Vはノブを右に回し切るとかかります。
ノブはカチカチっと動くタイプなので、間違えてしまうことはありません。
何より真右に48Vを設置しているのが素晴らしい。
不意の事故を防ぐ細かい配慮ですね。

ちなみに機器右下のノブが入力機器の切替を意味していて、
左 LINE-Instrument Hi-Z-Mic(Hi-Z)-Mic(Lo-Z)+48V 右
となっています。

TONE機能により、
・6種のU5 のトーン・バンク・フィルター アコースティック/エレクトリック楽器に
 最適化して実戦向けプログラム
・2種のハイパス・フィルター ヴォーカル/アコースティック楽器に最適化した
 ローカット・フィルター
・2種のパッシヴAIR LIFT フィルター ヴォーカル/アコースティック楽器に
 臨場感あふれるエアー感
をセットできます。

マイク/ライン・プリアンプやD.I.として使うだけではなく、
リアンピングも可能なように、背面IN/OUT端子が工夫されています。

天井のスリットからは、VT-737SPと書かれた電子基板が見えます。
AD2022とは異なり、
電源ユニットは内臓型となり、背面に電源オンオフスイッチが付きました。

何の世界でもいえることですが、電源ユニットが与えるノイズは如何にと
思ってしまいますが、実際に録音されたV5の音は極めてクリアです。
ギターのライン入力でも透き通った空気感のある音はとても綺麗で
芯もしっかりあります。ダイナミクスが大きくぶれない分
ロック系ギター音がカッコよく聞こえます。(^_^;)

AD2022では、どデカイ電源ユニットが分離されており、
電源スイッチはない業務仕様。
2CHマイクプリなので、1CHずつマイク用とギターシールド用に分けて
いましたが、同時録音しないこと前提としてV5ならば一台で事足ります。

ちなみに、
サウンドキャラクターはどちらも同じなので安心です。

持ち運びを考えるならばV5は圧倒的に手軽に扱える機材ですね♪

AD2022とV5で感じるのは、AD2022が少しサウンドのダイナミクスに
対してシビアな印象で、GAINをとるのもなかなか難しいです。
その分ばっちり決まったときは素晴らしい音(ダイナミクスが凄い)で
録れるのがAD2022の魅力ですね♪



費用を考えるとV5のコストパフォーマンスは計り知れないものがあります。
お急ぎ制作のときのV5のダイナミクス感はちょっとした「楽」ツールかも。(笑)

AD2022の2CHも要らないという場合、
M5という選択肢もありますし、AVALON製品は痒いところに手が届くラインナップですね!


以上、V5使用感想でした!

--各機能について--
・ローノイズ、ハイゲイン、ディスクリート・クラスA マイク・プリアンプ
・リボン・マイクからハイレベル・コンデンサー・マイクまで対応するデュアル・インピーダンス仕様
・アクティブ・プリアンプにも対応する最大+36dBのD.I.入力
・アヴァロン・クオリティのクリーン・サウンドを実現するリアンプ・アウトプット
・ユニークなパッシヴ・トーンセレクターを10種類搭載

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽



プロフィール

Mirror of ES

Author:Mirror of ES
公開している音楽制作HPに多少?関係したゆったり日記です。
音楽制作依頼のご連絡はこちら

運営中の音楽HPはこちら



Google



ツイッター



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



こーこく



カウンター



アクセスby



楽天ナイスアイテム



AMAZON



ブログ内検索



RSSフィード



iTunes音楽ランキング



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



楽天ランキング



買得情報



最近のトラックバック



月別アーカイブ



APPLE



QRコード

QR