MIRROR OF ES Diary
音楽制作メモやら音楽機材、生活グッズレビューを中心とした日記です。
CRYPTON CHRIS HEIN HORNS COMPLETE とEthno World5レビュー 使用感想

CRYPTON CHRIS HEIN HORNS VOL.1-4 COMPLETE ブラスサウンド BEST SERVICE クリスハイン・ホーンズ
導入、使用感想から♪

VOLパックだけに、もともと発売時期が違うため、VOL毎にインストール方法が少し違ったり
付属するKontaktプレイヤーのバージョンも違います。

インストーラでnkiなどの音色プログラムをインストールしたあと、ライブラリを手動で
ドラックアンドドロップする方法とインストーラでライブラリもいっしょにインストール
する方法までディスク毎に違うという感じです。

ちなみにKontaktの最新バージョンであればどのライブラリも読み込みできますので
カスタムインストールでKontaktプレイヤーをインストールしないようにしておくとよいかと。

イントール完了後、DAWを立ち上げてKontaktを立ち上げると、すでにインストールしたタイトルが
ライブラリに表示されています。
ライブラリに表示されていなければAdd Libraryでインストールしたフォルダを指定
してあげればOKです。これはライブラリを別のHDDに移動したときも同様です。

DEMOモードを解除するにはKontaktのライブラリ画面に出てくる各ライブラリ毎の
アクティベートボタンを押すだけ。
といってもひとつ押せばNIのService centerが立ち上がり、ネットにつながっていれば
自動的にインストールしたライブラリを識別し、アクティベートのための番号入力画面が
現れます。

ひとつずつアクティベートするのは面倒なので、購入したライブラリをすべてインストールしてから
アクティベートするのが吉です♪

CRYPTON CHRIS HEIN HORNS VOL.1-4 COMPLETEには
『CHRIS HEIN HORNS COMPACT』(ボーナスライブラリとして同梱)が付属しています。
基本的にVOL1-4は単音でしか演奏できないため、
スケッチ段階では和音が鳴らせ、すぐにホーンを組み換えできる『CHRIS HEIN HORNS COMPACT』は
地味ながら便利です。

とにかく奏法が多彩でようやくホーン系の表現を様々にできるようになりました♪
POPS系に向く鋭い音も鳴るので非常にありがたいソフトです!!
ブラス音源はDTM制作するにあたり、チープとかデフォルメな音とか手持ちの音源では
なかなか好評得られず、結局ハード音源を引っ張ったりしていました。
このあたり悩みの種だったので助かります♪

次におまけで貰った
ETHNO WORLD 5 PROFESSIONAL & VOICES(エスノ・ワールド5プロフェッショナル&ボイス)
は大量にライブラリが入っていますが、
EAST WESTの質感のほうがリアルでした。(^_^;)
ただ、これにしか入っていない音色もあり、VOICE系もEAST WESTとかぶらず、
シンプルに使いやすい雰囲気だったため、使いどころは十分にあります!

楽曲制作の仕事を始めた当初はそう簡単に民族音楽系をやらせてもらえないだろうと
思ってましたが、結構な比率で入ってきます。
お蔭様で民族音楽ライブラリも充実し、幸せです♪

ETHNO WORLD 5 PROFESSIONAL & VOICES(エスノ・ワールド5プロフェッショナル&ボイス)で
少し残念なのは、三味線がないことでしょうか。
GMにあるのにソフトシンセではなかなかお目にかかれないという不思議な現象です。


さて、今回のライブラリ追加で
さらなる表現力を備えた楽曲をご提案できるようになりました♪
楽曲制作のご依頼ぜひともご検討下さい。
お問い合わせはこちらまで♪
お気軽にご質問ください!!


テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

ブレスエアー 丸洗いできる シートクッション 長時間のデスクワークに良い♪

DAW/DTM制作環境において、今のところ個人的に最強のクッション紹介♪

現在のシステムが88鍵盤+鍵盤スタンドとその奥にモニターを設置しているため、
どうしても通常のチェアでは高さが僅かに足りない。


高さ(厚み)のある低反発クッションとか、色々試してみるものの、
2~3か月後にはペチャンコになり、陰干ししてももとには戻らないという。

綿系なら自分で詰めかえたりすればいいのだけど、かなり億劫なのと、
どうしても夏は蒸れやすいという点がひっかかります。

何かないものかと考えてみたところ、

エアクッションなるものを発見♪
ブレスエアー 丸洗いできる シートクッション は抗菌、防臭機能に加え、
丸洗いができるというのがとても魅力的。

実際に導入して2か月ほど経ちましたが、
ペチャンコになることもなく、すわり心地もよいです!!

蒸れもなく、弾力が程よいため、長時間のチェア作業に向いています。

いつかはペチャンコになることは仕方ないとして、
その間隔が低反発系より長いというのは、リーズナブルで、
丸洗いできるというのが何より素晴らしいです。

色々と快適な椅子探しをしていく中、
今回のこのクッションは非常に品質が高いのではないかと思いました。

滑り止めもついていて、見た目もオフィス系チェア(レザー系等除く)に結構合います。

テーマ:からだにいいもの - ジャンル:ヘルス・ダイエット

LCD-8000UD DVI-I外部出力搭載USBサブモニターをMACに♪

CENTURY LCD-8000UDをINTEL系 MAC PROとMAC BOOK PROに取り付けてみました。
結論からだとDisplay Linkの最新版ドライバをインストールしてから接続すれば認識、即使用できます。

ただ、MACPROではなかなかそのように行かず、直差しもUSBハブ差しも認識されず仕舞いでした。
SAMSUNGのU70のときにDisplay Linkドライバを使っていたので、
旧ドライバの削除、新ドライバのインストール
を行い、さらにUSBハブ+ハブのAC電源付でようやく認識されました。

U70だとどのポートでも認識したのでかなり焦りました。
ちなみにMAC BOOK PROのほうでも同様の結果です。

機能面についてですが、
Windows VistaとXPでは縦置き、横置き時、自動的に画面回転するための
アプリケーションがついています。

輝度は10段階で背面横のスイッチで変化可能。
※最低輝度でもUSBのバスパワー供給を最大限利用してしまうらしい

液晶カバー付(UDのみ)
今回は持ち運びで使うWindowsノートのサブディスプレイとしても使う予定なので、有難い♪

DVI-I出力可能(UDのみ)
より大きな画面にサブモニター画面内用を映せる

DVI-I端子対応プロジェクタを使用してVJというのもありです♪


さて、U70と比べると画面サイズが適切というか非常に見やすいサイズになり、
エクセル書類の閲覧や動画の再生でもしっかり目視できます。
画面の解像度と鮮明さのバランスが良い印象です。

また、持ち運びに便利なブラ製液晶保護ケースもついていて、
USBも1本で動く仕様。なかなか便利です。

最近エクセルと動画を見ながら曲の制作をすることが多いので
小さな液晶モニタがあることは大きな液晶モニタがあることよりも
重要な気がしてきました。

まだまだベストモニタ環境の旅は続きそうですが、
過程としてのUSB液晶モニタ選択は大いにありです♪

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

BEHRINGER HA4700 Powerplay Pro-XL 使用感想とPOWERPLAY 16導入設編


BEHRINGER HA4700 Powerplay Pro-XL を導入してみました。
LIO-8のフォンアウトが一系統で、VoREC時に苦労するということで、
中古美品を購入。

仕様はなかなかで、ボーカルが聞きやすいようソースをモノラルに変換できる
ボタンがついていたり、背面のメインインとは別に前面のAUXインをMIXして
聴くことができるノブが4チャンネル分用意されているという。
ボーカル様自身で自分の声の音量とオケの音量を調節できる仕組みです。
新品で買っても9000円あたりなことを考えると非常に多機能です。

ただ、はずれを引いたのか、各チャンネルノイズがかなり。
ジーというノイズからサーというノイズまで、チャンネル毎に違い、
掃除しても治らず。
他のレビューにもそのようなことが書いてあったりするので
そういうものなのだと割り切りました。
早めに良質ヘッドフォンアンプに乗り換えたいところです。

それと、改めてLIO-8のヘッドフォンアンプの良さに気付きました。
やはりモチベーション上がる音です。


それと、同じPowerplayシリーズである、
POWERPLAY 16 P16-M
POWERPLAY 16 P16-I
を導入しました。
micpre

スタジオ内部をADATで這わせて、マイクプリへ、そのあとアナログケーブルで
POWERPLAY 16 P16-Iに送る形で、
POWERPLAY 16 P16-Iを録音ブース側に設置できました。
これにより、6人まで同時に異なるMIXバランスをミュージシャン自身が手元の
コントローラP16-Mにて操作できるようになったわけです。
素晴らしく快適そうです!!
Powerplay_P16データ

が、色々と立て込んでいてまだ設置までしかできていなかったり。(^_^;)
またテストRECまで進んだら導入したマルチチャンネルマイクプリ含めて
reviewしようと思います♪



テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

EUCON AVID Artist MIXが故障するとどうなる?

Euphonix MC MIXが壊れた。というかebayのショップから購入したMC MIXがなんと
輸送事故で破損していたのだ。それはもうすごい破損の仕方で、
フェーダーの部分が割れて盛り上がっているという…。
このショップは依然もMC Controlを購入していて安心できるショップ。
非常に丁寧な梱包と迅速対応で、日本を超えるかのような対応っぷりに驚く。

今回も迅速かつすごい対応を。
輸送事故な感じで故障していることを伝えると、
返品しなくてOKですぐに返金までしてくれたのです!
お詫びのメールまで。
なんという対応速度…。色々見習わねば!?

さて、故障して動かないMC MIX。
どうしたものかとAVIDに問い合わせてみると、
基本的にEuphonix MCシリーズ/Avid Artistシリーズは
故障したら修理ではなく
「交換」になるとのこと。


フェーダーモーターがひとつやられただけでも交換らしい…。
いいんだかわるいんだか…。
エコではないかも。

ちなみに価格は
Artist Mixとの交換価格は保証外の場合
47,250円(税込・検査料込)

今回の場合は、故障品だったため送料含め無料で手に入ったので
単純に47,250円で新品Artist Mixが手に入ることに。
これはラッキー!?

ただ、MC Controlのシルバーに合わせて購入したものの、
現在AVIDではArtist Mix(黒)しか取り扱っていないとのことで
そこが残念。今後MCシリーズが故障すると黒モデルに自動交換という。



とりあえず、Artist Mixを中核に備えたレコーディングシステムを構築すべく
コツコツと機材集め中です。
今年の夏には本格稼働できそうかなと。

それにしてもMC Control使っていて、非常にスムーズにオートメーションが書けるので、
海外のトラックに最近よくあるエフェクトのオートメーションのかけ方をすぐに模倣できてしまう。
あまりに楽すぎる。とにかくフェーダー部分とつまみ部分が最強です。
依然タッチパネルはオマケ感がぬぐえないかも。キーボードのショートカットに慣れているのが
一番ネックなんですが。
一度使うと二度と別のコントローラーには戻れなくなるのは間違いありません♪



テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

ミュージシャンに各トラックVOLバランスを直接とってもらえる機材発見♪
いつの間にかベリンガーから凄い機械が出てる!!
レコーディング中にミュージシャンのほうでVOLバランスやPANバランスを一人一人自由に
セッティングしてもらえるというツール!!

似たようなものがマッキーから発売されていたものの、現在製造中止となっていて
困っていたところにとても朗報な話です♪

POWERPLAY 16 P16-M
まずPOWERPLAY 16 P16-M。
これがミュージシャンに操作してもらうインターフェイスになります。
これを最大48台追加できるというのだから驚き。PAにも大規模レコーディングもマストアイテムに
なるんじゃないでしょうか。

POWERPLAY 16 P16-I
次に本体となるPOWERPLAY 16 P16-I。
アナログ入力16+ADAT(44.1or48合計16ch)という高機能っぷりです。
欲を言えばADAT部分が96kHzに対応していればとも思いますが、
それにしても素晴らしい環境。

この二台はLANケーブルでの接続となり、電源供給もされるため、非常にスマートな
環境を構築できそう。

POWERPLAY 16 P16-MB
マイクスタンド取り付けアクセサリーを使えばさらに利便性向上です。

また、今構築中のスタジオはケーブルを這わせる配管の直径がそれほどなく、
LANケーブルを数本通すまではできないと思っていたところ、
POWERPLAY 16 P16-D
POWERPLAY 16 P16-Dという電源供給できるLANハブまで出ているという…。

至れり尽くせりなうえに、この手の商品はなかなかなく、さらにベリンガープライス!!
定番となるのは時間の問題です!!

早速導入してみます♪

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

NOW81 CD発売♪

NOW81 発売されました!!
もちろんAMAZONにて予約済みだったので、すぐ届きました♪

1曲目からナイス選曲で
めちゃくちゃカッコいいです!!!

カントリーをクラブチューンした曲とか
ありそうでないようなジャンルも入っていて
非常に創作意欲を刺激されます!!

間違いなくお勧めのCDです♪

テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽

マイクプリ AVALON AD2022導入しました&使用感想♪

AVALON AD2022 2chマイクプリ導入しました♪
使用感想を。

まず、今回のAD2022の選定にあたり、やはり

同社1chマイクプリのM5と悩んだわけですが、
たまたまebayで、スタジオ業務を引退する方が出品していて、
そのままAD2022を落札してしまいました。(^_^;)

イギリスのスタジオからやってきたAD2022は、非常に状態が良く、
新品と見間違うほど。メンテナンスも定期的に行われていたようで、
マニュアルなどすべてそろっていました。

120Vか240Vかを電源ボックスの背面で切替できるのですが、
とりあえずであれば120V設定にて100Vで動きます。
電源ボックスはデカくて非常に重いのが特徴です。

AD2022の全面パネルには
+48V、-20dB、インプットVOL(ダイヤル式で段階的に切り替える)、
アウトプットVOL(無段階調整)、インプットフィルター(低周波を取り除く)、
VUメーター、Hi-Z X 2端子、マイク端子 X 2、
アンバランス端子も搭載しています。
2ch仕様なのでサミングも可能。

とりあえず、1chにVOマイク、2chにギターという使い方をしています。

電源オンオフのスイッチなどはなく、電源ケーブルを差すとオンになります。

手間取ったのが、インプットダイヤル。
段階的なのは悪くないんですが、ピーク音量の微調整が結構難しいです。

それ以外はとても良い印象で、非常に美しい響きでした。
U87との組み合わせも良好で、U87の独特な張り付くような質感が薄れ、
立体感が出ます。ボーカルが目の前にいるような印象を強く感じます。
空気感の表現がとてもきれいに出ているのだとも感じました。

AD2022とLIO8を5Uに突っ込んで、ブランクパネルで2U真ん中を空ける形にて
いつでもマスタリングや綺麗にRECする必要があるケースに対応できるよう
にしました♪


見た目の美しさといい、AVALON製品は所有する喜びを感じます!!

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽



プロフィール

TAKUYA

Author:TAKUYA
公開している音楽制作HPに多少?関係したゆったり日記です。
音楽制作依頼のご連絡はこちら

運営中の音楽HPはこちら



Google



ツイッター



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



こーこく



カウンター



アクセスby



楽天ナイスアイテム



AMAZON



ブログ内検索



RSSフィード



iTunes音楽ランキング



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



楽天ランキング



買得情報



最近のトラックバック



月別アーカイブ



APPLE



QRコード

QR