MIRROR OF ES Diary
音楽制作メモやら音楽機材、生活グッズレビューを中心とした日記です。
WindowsでEuconを動かす Vista編 認識接続完了

偶然なのか、ついにWindows Vista 32bit +Mac Pro ブートキャンプ環境にて
euconの認識、安定接続し、動作確認が取れました♪

PCにeuconのLANケーブルを直差しの場合IPアドレスの固定を
というAVIDのQ&Aではうまくいかず、
結局euconはDHCPオンの状態で、
PCはIPアドレスを自動取得に変更、
直差しまたはLANハブ経由の状態へ。

次にeuconインストーラを入れたことによる
スタートアップで自動起動する状態のeucon常駐ソフト3つを
手動終了させてセキュリティソフトをオフに、
再度この3つを手動起動。
その後euconの電源オンで認識、接続完了しました。

ただ、この手が確定的かはなんとも言えず、引き続き検証が必要そうですが、
取り急ぎ認識したというところまで。

Macの動作とは違い、認識、接続すると、一見MC transportは
電源オフになってしまったかのようにすべてのボタンと液晶部分が消灯します。
ところが、SONAR、CUBASEを起動すると画面に各DAW名が現れます。
何よりスタートアップのeuconセットアップアイコンが少し白い色に変化するので
認識、接続されたかははっきりわかります。

早速アーティストトランスポートを上記二つのDAWで確認してみたところ、
MACのProtoolsやLogicと違い、
ほとんどのコントロールアサインがされていない、またはうまく動作していない
状態でした。
CUBASEはほとんどアサインなし、SONARはeuconのシフトキーを押すと
色々動作できるんですが…。

ということで、どちらのDAWも最初からeuconセットアップで
カスタムしていかないといけないような動きです。

まぁ、もともとMAC専用だったので、対応しているだけでもありがたいと
思うべきなのかも…。

もともとMAC+Protoolsでの用途が主体ではありますが、
Windowsでの動作確認もちょくちょくしていきたいと思ってます!

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

AVID (Euphonix) Artist Transport (MC Transport) 使用感想

MC TransportことArtist Transportが届きました♪
Artist ControlのJOGとはさすがに違いました。(^_^;)

期待以上の動きというべきでしょうか。
適度な重みのあるJOGとシャトルホイール、
そして何より手を放すとセンターに戻ってくれるシャトルホイールは
Artist Controlでは体感できない便利さ。
Artist ControlのシャトルモードはJOGを利用しているだけなので
放してもセンターには戻ってくれません。

でも、ここ重要なんですよ?!

アーティストコントロールのジョグ部分を
完全業務使用に耐えられるようにしたものが
アーティスト トランスポート。
そう考えてよさそうです。

アーティストコントロールでLogic使用の場合、
初期のままでは、早送り、巻き戻しボタンを
連打しないと連続できないのですが、
アーティストトランスポートでは
早送り、巻き戻しボタンを押し続ければ
すーっと連続で動作してくれます。

アーティストトランスポートで
気になる点があるとするならば、
ジョグとシャトルの物理的な配置の仕方です。
ローランドのVS2480等のように
パーツがしっかり分かれているという感じではなく、
シャトル部分の上にジョグが乗っている印象です。
ジョグを使用する分には問題ないのですが、
シャトルを回すとき、少し力がいるので、
ジョグが微動するかもしれないという点が
気になっています。
Logic上では、シャトルを動かして手を放すと、
ピタッととまるときと、少し動いてしまうときが
ありました。
この二つの物理的な動きを見てみると
微動しているようには見えないのですが…。

このあたりは今後の使い込みで判明するかと思いますので
そのときに♪

次にドライバです。

Windows Vista 32bitのeuconドライバを入れます。

次にDAW毎にeuconに対応するドライバを入れます。


---------------

・SONAR

SONAR7-8.5までは
http://www.cakewalk.com/Support/kb/reader.aspx/20080104
から、
EUCON Control Surface Plug-inをダウンロード。
これをインストールします。

※ちなみに明記はしていませんが
VistaでもSONAR X1は動き、上記のドライバをインストールすることで
euconを扱えるようになります。

Windows7+SONAR X1専用ドライバは下記からDLとなります。
http://www.cakewalk.com/Support/kb/reader.aspx/2007013271

・Cubase

http://japan.steinberg.net/jp/support/content_and_accessories/steinberg_eucon_adapter.html
上記からアダプターをDLしてインストールします。

このアダプターを入れることでeuconがMIDIアウトプット項目にも追加されます。
※機器を繋いでなくても出てきます。

---------------

準備はこんなところです。

さて、ここで不思議な現象が。

MACでのブートキャンプ使用で、
MACOSXでは特に問題なく認識するのですが、
WindowsではEuconとして認識はされるものの、IPアドレスが違うという
メッセージが定期的に現れて使用することができませんでした。
接続方法が違うわけでもなく、不思議なので、
アーティストトランスポートの左側ソフトキー二つを同時押ししたまま電源を入れて
Windowsの設定に合わせてIPアドレス指定したりしましたが、うまくいかず。
現在原因解明中です。


さて、
MC TRANSPORTことアーティストトランスポート、
思った通り MC Controlの不満点を大きく解消してくれる素晴らしい機器です。
Jog/shuttleに拘りのある方はとてもお勧めです。

サイズが大きいのはちょっと気になりますが、
操作性、サイズの大きさからくる手首のホールド感など
長時間使用に十分耐えられる形です♪

これは、Artist Mixにも期待が高まってきました♪


最近、アルバムCDから一曲だけのマスタリングも非常に好評を得てます♪
マスタリングの予定がありましたらぜひとも依頼ご検討よろしくお願い致します。
マスタリングに関するご相談はこちらからどうぞ♪


テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

CDを手作りしてみる♪ EP-704Aが手軽で便利♪
なにやら、最近CDやらカードやら作ったりで準備中です。(笑)

今回はCDを「手作り」する際に便利なものを紹介しつつ実践。

1・レーベル印刷可能で綺麗印刷で安価プリンタ



最近はプリンタ激安ですね…。
USB接続と赤外線のみの接続なものの、
エプソンEP704Aが安くて綺麗に印刷できます。
導入してみたところ、でかくて重いという弱点?以外は
印刷速度、印刷品質、使いやすさすべて○でした♪

ドライバ類も、最新のドライバをネットからというより
この機種に関しては付属インストーラをインストールすれば
自動アップデートで最新版になります。
付属ソフトが多いので、一個ずつインストールするのは極めて面倒です。(^_^;)

この機種に付属するレーベルプリントのためのソフトがかなり高機能で
サクサクとCDレーベル面のデザインを作れます。
とにかく高性能。

そして口述のエレコム EDT-SCDJKというCDケース側のほうの表と裏デザイン用
用紙との相性もばっちりで、A4用紙として普通に印刷するだけで
ズレもなく綺麗に印刷できます♪

・用紙


エレコム ELECOM スーパーファイン CD/DVDケースジャケットキット EDT-SCDJKがおすすめです。
ネットから無料でエレコムらくちんプリントというソフトを
インストールするだけで、上記のプリンタですぐ印刷できます。

・フォト用紙

イラストでも綺麗に印刷してくれます。
イラストは3000PXくらいだといいですね♪

・インク

とりあえず互換インクを4つくらい買ってみました。
純正がひとつプリンタにセットされているので、まだ純正印刷ですが…。
にしてもプリンタ本体の値段って…5000円あたりに…。

・CDケース

スリムタイプしかショップにはあまりおいてないという…。
CDでスリムだとマキシみたいですね…。
それと、用紙のほうがスリムに対応していないタイプが多いようなので
標準タイプのものがおすすめです♪




・小物

ネタで2個作ってみます。(^_^;)
その他にも色々。

・UVカット&耐水

以前はCDレーベル面専用もあったようですが
調べてみると今はインクジェット用というのしか見つからない?!
とりあえずこれで試してみます。
1年後に「色あせたー」とかだと残念ですもんね。

という感じで何やらゴタゴタとやっております。
印刷速度が速いので、結構スピーディーに終わりそうな予感。

そして結構な予算になる予感。(笑)
今のところ努力=\10,000レスなイメージです。
CDは業者にプレス依頼したほうが良いかも…。

ちなみに上記の内容でDVDを作ってたりします。(^_^;)

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Euphonix by Avid / Artist MC Control v2 ebayにて落札&届いた♪

ebay初の落札は新品展示品 マニュアル欠品のEuphonix by Avid / Artist Control V2 Euohonix版♪

海外ショップからの購入だったのもあり非常にやりとりもきめ細やかで迅速でした♪
まぁ、競ってはいないパターンですね。(^_^;)

V2は1000ドル超え、
ちなみにV1は大体600ドル強で落札されているようです。
今回は予想外での落札価格でした。日本で売られている価格の半分近くと言っておきます。(^_^;)
運が良かった!

簡単にV1とV2の違いを書いておくと、

・LED LCD Displayを採用しタッチスクリーンの反応や解像度改善
・さらにスムーズな動作を実現したノブ、エンコーダー、ジョグ/シャトル
・ジョグ/シャトルの色がV1シルバーからV2で黒になった
・本体の強度アップ!?(V1は右端プラスチックが割れてしまうことが多いようで
 そのような状態のV1がオークションにもあった)

というところです。外観はジョグでV1かV2を判断できるわけですね。
さらに外観が真っ黒になったAVID版も登場しています。
eucon V1とV2の見分け方

落札&支払日から到着まで8営業日くらいでやってきたV2。
付属インストーラは使わず、PCにつなげない状態のまま、
とりあえずドライバ兼セッティングソフトウェアをDL。
このとき、AVIDに登録しないとDLできないので注意です。
AVIDに登録する際のシリアルは本体裏のシリアルを記入すればOK。
届いたMC Control中身


DLしたらすぐインストール。
その後イーサネットケーブルと電源ケーブルをつないで
電源オン!!

※念のためPCシャットダウンしたほうが良いかも

Euphonix という文字が出てきました。
どうやら本体のファームウェアが少し古いようです。
最新版はAVIDと表示されます。

慌てず、セッティングソフトが立ち上がっているのを確認し、
見つかったEuConをAddする。
※MACではときどき見つかりませんと出たりするものの、
 数十秒まてばしっかり見つかります。

この状態でセッティングソフトのタブをクリックして
ファームウェアの更新を行うという流れです。
セッティングソフトにファームウェア更新機能がついているのは
少し珍しいかも。

無事最新バージョンになると電源をオフにしろと英語で表示されるので
オフにして、念のため30秒ほど間を空けてから電源オン!!
イーサネット対応機種は装置取り外しとかのUSBみたいな概念ではないので、
パソコンの電源がついているときにオンオフしても問題なし。

ファインダーで作業しているときはファインダーのショートカットが
タッチパネルに表示され、DAWを使っているときはそのDAW専用のデフォルト
ショートカットが表示されます!
切替も全くノンストレスな速度。

さらにジョグやら各種反応が超反応!!

今までのMIDIフィジカルコントローラとは確実に精度が違う!!!

これは、すごく体感できます。
もう、MIDI規格に準ずる速度のフィジコンには戻れないです…。


とはいえ、そのままではショートカットメニューが使いにくい配列なので
自分でMIX用、MIDIエディット用、波形エディット用メニューを作りこんでいくことに
しました。
制作しながらなのでまだMIDIエディット用が少し出来上がってきた程度ですが、
完成すれば、マウスを触る回数が減り、キーボードはほとんど触らなくなるかも!?


フィジコンの快適さって重要です!

使っていて思ったことは、

AVID Artist Transportと

Euphonix by Avid / Artist Mix
の2台という選択肢もありということ。

使っていてこんなことも思いました↓

楽曲制作用としてはArtist Control V2 1台でいいかなと思う反面、
波形エディットやミックスでは確実に
Artist MixとArtist Transportの二台のほうが効率が良い可能性が!?
この二台、導入してみようか検討する価値ありと思っています。


テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

UNIVERSAL AUDIO Apollo QUAD入荷が4月に!?


いよいよ発売時期になってきたApollo。
3/16発売かと思いきや、入荷は4月あたりになるとのこと。

今年夏前まではインテル Macのみの対応となり、
Mac OS X 10.6.8 Snow Leopard もしくは 10.7.2 Lion 以降
FireWire 800 ポート
で動くらしい。

Windows7は今年の夏あたりになるのだとか。

$100バウチャー付属
等、UADプラグインを買えと言わんばかりの設定。

この機種の最大の売りであるDSP+掛け録りができるという部分が
どうしてもPT HDと比較したくなってしまうという。

新型MAC PROの発表もないままの現在、
2009or2010モデルにのみ対応している
HDXにはなかなか手を出しにくいところも悩みの種。


Protoolsがオーディオインターフェイスを選ばなくなった今、
RME Fire Face UFXのダイレクトREC機能はスタジオにかなりありがたい機能。

UFXは実際に持っているのでわかりますが、
音の良さ等すべて兼ね備えています。

サンダーボルト端子のみで考えるなら、ApolloかSymphonyのどちらかに
現状なりそうです。
仮にその路線が強まる時代となっていくのなら、
今年の新型MACラインナップがどうなるのか気になります。

Apolloのサウンド傾向がまだ不明なため、そこさえわかれば、
今年のオーディオインターフェイス傾向ははっきりしてきそうです。

もう一度自分なりに覚書をしておくと、

--------------------------
・予測するApolloの利点
DSPによる処理が可能

サンダーボルト対応

UAならではのADの良さがある可能性

UAD2部分が3となったとき、Protools HDのようにPCIeカードまで
買い換える等大がかりである必要がない。

DAWを選ばない汎用性(MAC WIN対応)

といったところでしょうか。
解像度が高ければ、簡易PTHDかPTHDに近いクオリティを持てる
可能性を秘め、DAWを選ばない素晴らしいツールになる予感です。

--------------------------
今後の
続報が待ち遠しい機種です!

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Love ticket! [初音ミク][オリジナルソング][Winter POPS]動画公開しました!
初音ミクオリジナルソング「Love ticket!」動画公開開始しました♪



Lyrics:桜猫
illustration:koro11
movie:ぎん色
Miku VoiceEdit:VP
Composer&Arranger:TAKUYA

・公式WEB
http://mirrorofes.com

--歌詞--

[A1]
世界が大好き
宇宙が大好き
あなたが大好き OK?

自分が大好き
この街が大好き
あなたがいるから OK?

[A2]
もっと近くに
もうちょっと近くに
心を開いて? so please!

パラダイス探しに
ツバサを重ねて
助走をつけてね 行こう・・

[B]
見えたよ kira ほうき星
壊してくれる あなたとの距離をね

[サビ]
Love is not oneway ticket!
信じているんだ うん
その白い切符の行き先は「あなた」のはず

Love is not oneway ticket!
感じているから ね
その白い切符の行き先は「あなた」のはず

さあ、Jamp up!


[A1]
みんなが大好き
地球が大好き
あなたが大好き OK?

景色が変わるよ
温度が上がるよ
あなたがいるから OK?

[A2]
もうちょっとだけ
もうちょっとだけ来て
触れ合いたいから so amuse!

パラダイス探しに
ツバサを広げて
助走をつけてね 行こう・・

[B]
ほら そこ kira ほうき星
壊してくれる あなたとの距離をね

[サビ]
Love is not oneway ticket!
信じているんだ うん
その白い切符の行き先は「あなた」のはず

Love is not oneway ticket!
感じているから ね 
その白い切符の行き先は「あなた」のはず

さあ、Fly up!

[C]
ほら そこ kira ほうき星
あたしとあなた乗せて 旅立つんだ!

[サビ]
Love is not oneway ticket!
信じているんだ うん
その白い切符の行き先は「あなた」のはず

Love is not oneway ticket!
感じているから ね 
その白い切符の行き先は「あなた」のはず

Love is so sweet tikcket!
甘くてとろけそうよ
その白い切符であなたを目指していくよ

Love is not oneway ticket!
感じているから ね 
その白い切符の行き先は「あなた」のはず

さあ 飛ぼう!
さあ 行こう!
風 起こす
Here is Love ticket!




初音ミクオリジナルソングマイリスト
http://www.nicovideo.jp/mylist/29314219


テーマ:ボーカロイド - ジャンル:音楽

BFD2 55%オフ \12600セール3月限定に乗ってみた!

もはやBFDといえば、ドラム音源でもかなり有名なソフトシンセ。
BFD ecoのときの販売はなんだったんだといわんばかりの

fxpansion BFD2 12,600円セール!
2012年3月15日(木)~ 2012年3月31日(土)午後4時

しかもパッケージ販売商品。
これはありがたい。
莫大な容量のDLは懲り懲りです。(^_^;)

BFD2、エンジニアによるミックス・テンプレート・プリセットが
かなり良い感じです。
発売当初は細かいエディットをしないといけないという印象でしたが
このテンプレートのお蔭で格段に制作スピードを上げることができます。

BFD2はすでに音源制作用として持っているのですが、
今回はスタジオに入れるために導入しました。

現実的に、ドラムもRECでとも言い切れず、必要なシーンがある
という流れです。

それにしてもこの価格、確実にスタンダードドラムソフトシンセとして
皆が持つソフトになってきそうですね…。(^_^;)

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Cubase6.5 インストール~新機能使用感想♪
Cubase6からCubase6.5にアップグレードしてみました!
購入~インストール、機能追加部分の感想を簡単に♪


今回はスタインバーグから直接WEB購入でいけます。

ちなみに、Steinberg Online Shopオンラインショップにユーザー登録する必要があります。
なんだか今までの販売の仕方と違ってきてますので注意です。

DL販売なので、購入後DLしてインストールするだけ。
DLには期限があるようなので、すぐにDLしてDVD等に
焼いておくとよいかも。


Cubase6.5インストール完了後、
6ではなく6.5として起動するようになります。
Cubase5等のように共存はできないようです。

つづいてeLCCアプリケーションを起動。
メールで送られてくるレジストレーションコードを
入力すれば完了です。

Cubaseはハイブリットなのでe-ライセンサーがささっていれば
Win Macどちらでも動きます♪


さて、次は機能のチェック!

・Retrologue
いわゆるアナログシンセですね。
音の質感は、
Protools付属•Vacuumモノフォニック真空管シンセサイザー
に少し近いようなニュアンスです。

アナログだけどデジタルの綺麗さがあるという。
でもアナログシンセの基本的な音色はガッツリ押さえています。

・Padshop
グラニュラーシンセですが、名前についている通りPad系の
音が充実しています。
PAD系は厚みのあるものから薄くのせるものまで一通りあり
こちらもデジタルらしい綺麗さが特徴的です。

追加された二つのソフトシンセ、
役割ははっきりしていますが、
生楽器系をもっと追加してほしいと思うこの頃です。

・MorphFilterとDJ EQ
きわめてシンプルなパラメータ。効果。
DJ EQはローカットハイカットのオンオフをワンボタンで
という感じで゛、どちらも直観的に音を変化させることが
できます。
こういったツールがついてくると今後、Liveみたいに
演奏パフォーマンスツールとしての発展も期待できますね。

・VST Amp Rack
Logicにもあるように、見た目エフェクターを数珠つなぎしていく
ことが可能です。質感は、LogicのAmpシリーズに少し似ているような?
専用ギターアンプシミュレーターのが音は良いですが、
最初に買ったDAWにこれがついてくるのはかなり良いことだと思います。


・ワープクォンタイズ、テイクコンピング
これはオーディオ編集には欠かせない機能の強化で嬉しい限りです。
このあたりが便利かどうかって昨今のDAWではかなり重要かと。

・SoundCloud
いわゆる音楽アップロード、視聴サイトとの連携です。
作ってすぐアウトプット。素敵なコンセプトです。
各メーカー、すごくおしてきてますね。
ついにCubaseにも。
こういった試みは随分昔からありますが、果たしてどうなるのか?!

新しい試みといえば、iPad/iPhoneのガレージバンドが
リアルタイムセッションできるようになりましたね。
ついに音楽を演奏して楽しむことが世界中の人といつでもどこでも
できるように!!
革新的なことだと思います。


音楽を演奏する、作ることへの敷居はますます下がってきています。
音楽は楽しむのが一番ですから、こういった流れは素敵です!!

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

音楽機材狙いでebay.comに踏み込んでみた!!
ついにebay.comに踏み込んでしまいました。(^_^;)
個人輸入から始まり、ついにオークションまでたどり着きました…。

ebay.comはこちら
登録やら落札の仕方やら詳しく書いてあります。

きっかけとしては最近、ヤフオクになかなか欲しいものが出なくなってしまい、
視点を海外に向けてみたらという発想にたどり着いたのです。

ebay.comは登録しなくてもどのようなものが出品されているのか
簡単に検索できるので、まずは覘いてみると面白いですよ♪

今気になっているのは

ADAM S2Xとか、

Musikelectronic Geithain RL906
なんかです。

これらはebay.comでも出てこないという。
スタジオにいらっしゃるお客様向けのスピーカーベストでかなり悩んでいます。

オーディオよりな聴いて気持ちの良い音か、
正確で分解能の高いエンジニア向けの音かですね。

以前、クライアントとピアノは生に限るってお話で盛り上がっていたんですが、
スピーカーからの音として、オーディオよりの気持ちの良い響きを出せる
スピーカーがあったほうがよいのかなと。

難しいところです。

でも、ebay.comで素晴らしい巡り合いができることを
楽しみにしています♪

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

NEUMANN ノイマン U87ヴィンテージ導入準備中♪
NEUMANN ノイマン U87ai + EA87 ではなくU87(初期モデル)と専用サスペンションを
手に入れることができました♪



U87ai、U87iは使ったことがあるんですが、初期のU87は初です!
しかも借りてではなく、スタジオに常設となります!!

昨今色々なマイクが出ているので、U87でなければいけないということはない
気がしますが、やはり定番が入っていないとスタジオらしさって出ないので。(^_^;)

早くも来年までのスタジオ予約が入ってきていますので、
コンディション万全にしておきたいところ。

U87とサスペンションを売ってくれた方曰く、
U87とU87iはシステムラボ様で3万~あたりで修理調整してもらえるとのことで、
大変嬉しい限りです。

現在の代理店にあたるエレクトリ様はU87aiの修理調整になるものの、U87も扱ってくれるのだとか。
ただし、U87はビンテージなので、直で代理店から買っていない場合
楽器屋経由をとることになるようです。

サスペンションだけでも軽く3万超えるという…。


そろそろマイクも少しずつそろい始めたので、
デシケーターを導入しました。


省エネタイプなら5W以下とかもあったりで、なかなか良い感じです。
制作所とスタジオに一台ずつ導入することになりました。


簡易的なデシケーターからいよいよシフトアップです♪


U87ビィンテージ、録音がいまから楽しみです!

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

初音ミクオリジナル「Bow」ロック期間限定1コーラス配信開始
初音ミク プロジェクト 「Bow」の完成版1コーラス
期間限定配信スタートしました。視聴先は

http://mirrorofes.com/mp3.htm

からどうぞ♪



最近、いまさらながらアペンドが気になっています。
ボーカロイド3のほうも並行進行しているのでなかなか手が出せないという…。
ミクプロジェクト第一弾が終わったらアペンドに進んでみようかと検討中です♪

テーマ:ボーカロイド - ジャンル:音楽

NEO Created by OYAIDE(オヤイデ) BLACK MAMBA-α【1.8m】使用感想

NEO Created by OYAIDE(オヤイデ) BLACK MAMBA-α【1.8m】を導入してみました。(^_^;)
数時間使用後の感想を♪

まず、このマンバケーブルを取り付けた機種は
RME Fireface UFXです。


MAMBA-αは1.8mとはいえ、太く取り回しがきくわけではないので、
2段積みされた5UのRACKの一番上の1Uから一番下の1Uに取り付けたら割と
ケーブルの太さからくる曲がり難さの都合上パッツンな感じでした。

今回は
CLASSIC PRO PDM/LII

に取り付けてます。

ファーストインプレッションとしては、UFXの持つLRレンジ感が少し広がったかなという印象。
先日行っていたコンペの曲のLR空間の隙間が気になるようになりました。
もともととてもレンジの広いサウンドを持つUFX。
最初にUFXに切り替えたときのような広がりの感覚ですね。

機材の特色をより明確にする電源ケーブル。
そんな印象を受けました。

そこから4時間後…。

何か音程が凄く気になる。
程よく気持ちの良い不協和かなと思っていた音はアウトな音になったり、
密集音が明確になり、不協和があらわれてくるようになったり。
細かい音程のズレも気になり始めるようになりました。

分解能が上がった!?
感覚的ではありますが、レンジ感と音程の揺らぎがとてもよく聞こえる。
そんな感じです。

最初の取り付け時には、意味なかったか!?と正直思ったんですが、
確かにジワジワとその効果が分かる品物でした。

半端なく音が良くなるものというより、機材本来の音をしっかり出してくれる
ものという印象なので、DAWの強化順でいうと、

・オーディオインターフェイス
・スピーカー
・スピーカーケーブル
・パワーディストリビューター

あたりをしっかり良いものにしてから導入するのがよさそうなグッズでした♪

個人的見解ですが、ご参考になれば幸いです。(^_^;)



テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

エイブルトン Live 8導入しました♪
仕事でついにLive 8を使うことになり、導入しました。
うまいこと10周年バージョンの在庫余りが手に入ったので
少し安く購入することができました。
手持ちのLiteからアップグレードするのと同じくらいの料金だったという。(^_^;)



今まではLiteで充分こなしてきたんですが、やっぱり8トラック制限とかないと
色々できるようになりますね!

Liveでのパフォーマンスに最適なLaunchPadが欲しくなってきたこの頃♪
しかし、iPadのアプリでもいけそうなんで、そちらで試してみようかなとおもってます!

Ableton Liveといえば今年、Skrillexが第54回グラミー賞で2部門獲得
していますね。

もはやDJツールとして大定番なのだということが伺えます。


テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽



プロフィール

TAKUYA

Author:TAKUYA
公開している音楽制作HPに多少?関係したゆったり日記です。
音楽制作依頼のご連絡はこちら

運営中の音楽HPはこちら



Google



ツイッター



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



こーこく



カウンター



アクセスby



楽天ナイスアイテム



AMAZON



ブログ内検索



RSSフィード



iTunes音楽ランキング



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



楽天ランキング



買得情報



最近のトラックバック



月別アーカイブ



APPLE



QRコード

QR