MIRROR OF ES Diary
音楽制作メモやら音楽機材、生活グッズレビューを中心とした日記です。
pivot 3-DRIVE・AC THA クルーズコントロール スロコン インサイトに取り付けてみました

スロットルコントロール+クルーズコントロール付pivot 3-DRIVE・ACを
取り付けてみました。というか取り付けてもらったんですが。^^;

オートバックスでの取り付けです。
本体\24000にハーネス無料サービスにて工賃6000円ほどだったかと。
取り付けには3時間ほどかかったようです。
以外に長いんだなーと思いました。自分でやったら半日潰れてしまいそうな予感…。

取り付けて一週間以上たったので感想を。

名前の通りアクセルの踏込を調整する機能がメイン。
ECOモード、ノーマルモード、スポーツモードがあります。
ノーマルモードはふつうのインサイトと同じ走りになります。
ECOモードはECONみたいなもので、5段階あり、段階ごとにアクセルを荒くしても
安定した走りになります。スポーツモードはその逆で少しのアクセルワークで
機敏にエンジンが反応します。ベタ踏みのときのような感じが少し踏んだだけで
発生する感じです。
ECONオフスポーツモード5のときのインサイトはとんでもないパワフルさを発揮します。
思わず大興奮してしまう。登板車線ではかなり重宝するのではないかと。
ECOモードは3以上にすると、プリウス30型のECOモードのようなゆったりした感じになるので
右折時にちょっとドキドキしますが、アクセルワークが多少ブレても
速度が変わらないため、エコ走行できます。

ちなみに3つのモードはMODEスイッチを押すたびに切り替わり、モード5等設定した値に
自動的になるので、まさにモードスイッチみたいな感じです。


クルーズコントロール機能は丸いスイッチでオン。
オフはアクセルかブレーキを踏むだけです。
時速35Kmあたりからオンにできます。
これが恐ろしく便利。クルーズコントロールは一定の速度を自動的に制御するもので
エンジンブレーキとアクセルをオートコントロールしているようなものです。
最初はジェットコースターにでものったかのようなドキドキ感がありました。
坂道などでは速度維持のため、実質アクセルによる加速をするので…。(笑)
なれてくると異常なほど楽な運転になります。車の通りが少なくなる時間帯は
特に重宝します。燃費にも大きく作用し、よくネットで聞くインサイトは平均20km/l
でるというのをクルコンとエコモード3にすると結構維持します。
案外自分のアクセルワークが安定していなかったのだと痛感したり…。

その他ではエコモード、スポーツモード各時のときにバック停車したり
坂道発進のときの感覚がことなるので、慣れるまでは人や車のいない広い道路で
試しに各種設定を体感しておいたほうがよさそうです。
とくにスポーツモードはびっくりするパワーを引き出してくるので…。

取り付け位置は結構注意です。
インサイトの場合パネルやらが結構一体感があるため、あまり変なところにつけられなく、
操作のしやすさを考えると、箇所は限られそうです。
自分の場合、スイッチはVSAスイッチの横につけてもらい、配線は内部へ引っ張ってもらってます。
本体はテレスコピックから配線をだして左下あたりに貼り付けとなってます。
が・・・、オートバックスさん、よく剥がれ落ちるんですよ。
とたまたま赴いたときに言ってみたら、無償で強力なテープにて貼り変えてもらえました。
しかも、これでも落ちてくるようならさらに対応してくれるとのこと!
オートバックスさん、対応素晴らしかったです♪

とりあえず、付属の粘着テープは頼りないのでしっかり固定したほうがよいです!!

ちなみに万が一の装置故障時は自動的にインサイト側に制御が回るため特に止まらないとか
加速してしまうということはないそうな。

いやはや、CR-Zについているスポーツモードとクルーズコントロールいいなーと思ってましたが、
これでインサイトにも同様なモード搭載となり大満足でした。
※マイナーチェンジ後のインサイトにはクルーズコントロールがL、LSに標準でついています!



テーマ:改造日記 - ジャンル:車・バイク

MACOSX10.6.7とLogicやNI製品一部64bit化アップデータ適応後。
MACOSXを10.6.7にて、ブートキャンプしているとLogic Pro9が起動しなくなるという
バグが直りました。ブートキャンプドライブが認識されていても普通に立ち上がるのを確認しました♪
Logicの動作も10.6.7にて安定しています。



最初はOSX10.6.6にはまだ細かいバグがあったようで
SMB関係のサーバとのトラブルもあったようです。
そういえば、コンペ提出時にこちらからはSMBサーバにアップしたのに、
提出先のほうではデータが見えないという謎現象が起きましたが、これが問題だったのかも?
MACOSX10.6.6ユーザにとって今回のアップデートはとても重要そう。

それと、NI社のABSynth5とFM8がついにMACOSXにて64bitで起動できるようになりました!

Komplete6、7ユーザは無料でアップデートできるようです♪
これでABSynth、FM8、Battey3、Kontakt4、Guitar Rig4の
5種類が64bit
で使えるように!!


いやいや、この調子で64bit化が進むのはありがたいことです。
例によってLogicで認識させるには、各アップデータインストール後、Logic9.0.2を
一回立ち上げて、終了してから64BitモードでLogic Pro9を立ち上げる形になりますので
お気をつけて!

さらに加速する制作スピード!
音楽制作のご依頼ご検討の方、ご連絡お待ちしてます♪

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Studio Oneが実はスゴイDAWだった!

Studio OneをMACOSXにインストールしてみました。
というかインストーラはなく、ドラックアンドドロップでアプリケーションフォルダに
入れるだけだったりします…。(笑)

付属してくるソフトシンセの出来がなかなか良いのにビックリしました。
サンプラーやらマルチ音源やらアナログシンセやら一通りあります。
音色もGM基準なものはほとんど入っている様子。
その他サードパーティーシンセもついてきます。(NI製が多い)

このStudio One、雰囲気はProtools9とCubaseを足したような感じ。
非常にサクサク動き、とても軽快です。
これほどのDAWは操作したことがないです。

そして、SONAR X1の売りである、エフェクトやソフトシンセ名を
ドラックアンドドロップで配置できるということをすでに
やってのけています。しかもSONAR X1より快適で分かりやすい!!!
というかSONAR X1はこういうことがやりたかったんだなーと謎の実感。
SONAR X2はこうなるんだろうなーと。

テイクコンピングが無かったことと、書き出しのバリエーションが
少なく、業務として使うには今一歩なところが唯一の不満で、
DAWとしての全体的な出来はCubase、SONARを超えそうな力がありそうてす。
いや、これ次のバージョンアップあたりで相当すごいことになりそうです。
DTMやDAWをやってみたいと思った方、かなりこのソフトおすすめです。
説明書がなくてもとりあえず動かせるくらい見た目も重視されてますし。
studio one

個人的には乗り換え候補ナンバーワンかなと。

旧Cubaseの設計をしたエンジニアさんが作ったというソフトだけあって、
本当に音楽制作のことを熟知し、洗練されたワークフローを感じさせてくれます。
30ドルの期間限定販売で買いましたが、30ドルなんて破格すぎです!



※初めて音楽をするという方のためのオーディオインターフェイス、
ヘッドフォン、コンデンサーマイク、マイクケーブル、Studio One Artist
セットという至れり尽くせりなものも発売されています♪

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Cubase 6 使用感想

ついに発売となったCubase6を VISTA 32bitで動かしてみました。^^;
Cubase5からのバージョンアップ版です。特に問題なく動きます。

インストールはDVD1枚のみ。容量も軽いためあまりHDDを消費せずです。
その他の付属DVDはすべて期限付きデモなので、いらない場合はデータ容量も大きいため
入れないのが吉です。

さて、どんな風に変わったのかと試してみました。

1・GUIがスルスルと滑らかに動く
画面構成に拍車がかかりました。とても見やすくスルスルとウィンドウが開いたり。
キーエディタの縦線も水色っぽくなり見やすくなってます。
細かいところで5.5よりも見やすくなっています。

2・キーエディタの機能
ノートをポインタツールでダブルクリックするとノート別にコントロールチェンジや
ピッチベンドを描く小さなウィンドウが開きます。ノートエクスプレッションというそうです。
レーンとはリンクしていないため、レーンでボリューム動かしてノートエクスプレッションで
動かすとぐちゃぐちゃな音になりますので注意。
さらに和音を入力して、そのどれかの音にノートエクスプレッションを使うと
ほかの和音構成音にもその効果がかかってしまいます。
MIDIの仕様上当たり前なんですが、紛らわしいですね…。
Cubaseはレーン機能が十分効率的なので、個人的には少し微妙なツールでした。

3・ VST Expression
まぁ、PPPやらmfやらと書かれた箱をキーエディタにドラックアンドドロップすると
その音量で音が鳴ってくれるというものですね。
これまた楽譜ならともかくキーエディタだと確実にペロシティ操作したほうが確実なのと、
ペロシティのいくつを基準にpppとしているのか?だったりで
やはり微妙な機能の一種です。和音入力の場合は全体に反映されてしまうようです。

4・エフェクト
エフェクトは一新されたものやら追加やらなかなか素敵でした。
ようやく他社DAWと初期状態でも戦えるかなという雰囲気になってます!

5・HALion Sonic SE
HALion Oneから進化したものですね。
音源はこれのみ追加という形。
音はoneとよく似た質感ですが、より透き通った音に聞こえるようになりました。
音色も増えて、4や5のアップグレード時にあった音が鳴らない等のバグも特になかったです。
CCの自由なアサインや、設定でピッチベンドセンシティビティを上下別々に設定できるように
なったりようやく戦力となる音源になりました!
マルチ音源にもなっていて、AUXエフェクトを内臓しています!
※CC0.CC0.CC6でのセンシティビティ変更は効きませんので注意

6・LoopMash 2
半端なく凄い!!
もうコイツが繰り出すリズムは素敵すぎ。
理屈で考えて使うのではなく感覚で使うべきソフトだなと。
これだけ単体でソフトシンセ化してほしい…。

7・オーディオ
オーディオクオンタイズがつき、ついに
マルチテイクコンピングが搭載されました。
これは、数テイク録音し、その中から好きなテイクの一部分をつないでひとつの
テイクにできるというものです。
実はCubase5にはテイク録音はあるものの、コンピング機能はなかったので
今回のバージョンアップでは一番うれしい機能です。

トータルでみると、ソフトシンセの数がまだまだ少ないため、
Cubaseのみ買って?となるとSONARやLogicにはかなわない点があるものの、
DAWとしての機能は非常に洗練されているので、別売りのVSTプラグイン等を
使う目的で購入する分にはバッチリではないかと。

ちなみに
使用環境はWindows7またはMACOSX10.6以上が必須になっていますので
VISTA等対応していないOSへのインストールは自己責任です☆

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

リサイクルトナー、カートリッジが激安!!

YOIJIMUというお店からリサイクルトナーを購入してみました。

なのだけど、こいつの交換トナーは10000円くらいするという…。
しかも、つい此間まではホームセンターに売っていたのに、最近はおいていないというお店ばかり。
で、コピー機能付きプリンタが数千円で売っている世の中です…。

価格破壊も随分進んだなと思いながらも、数千円のプリンタのコピー速度やインク代を考えると
悩ましく思っていたところ、リサイクルトナーならば3000円代で買える上に、
交換後のトナーを回収してくれるという親切さ。これはとてもエコ。
YOIJIMUさんでは、送られてきた専用の梱包材に入れなおして、
すでに印字された宅配用伝票をつけて送り返すという形。とても親切でした☆


また、使っているブラザーのプリンタのインクが切れたので
こちらもリサイクル品を使ってみました。
印字問題なく、綺麗です!
100円代でインクが買えるようになっていたとは驚きです。
詰め替えを自分でする手間もなく、どちらの品物もとても良い印象。

インクも価格破壊が進んでいるんですね…。
驚きです!

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

Logic Studio Logic Pro 9 がMACOSX 10.6.6で起動しないときの対処。
MACOSXを10.6.6にすると発生する現象と回避方法を記入。


Logic Pro 9を含むLogic Studioアプリケーションが起動時にフリーズまたは立ち上がらない現象を発見。

最初はOSX10.6.6では起動しないのかと思ったのだけど、
知り合いのMACOSX10.6.6+Logic 9は動くと聞いたので、
もしやと疑ったのは…

ブートキャンプ

対象となっているMACはここ一年以上まったくブートキャンプでWindowsを使っていないのだけど、
WindowsのNTFSにしてあるHDDがとても怪しいと睨んで、
対象のHDDアイコンを左クリックしてアンマウント(取り外しにアイコンを持っていく)して
Logicを再起動してみたらあっさり起動
しました。^^;

なるほど、NTFSドライブとアプリがコンフリクトしている様子。
ブートキャンプはMACOSXの売りでもあったのだけど、即10.6.7が出ないところを見ると…?
うーむ…。まぁ今使っていないので良いのだけどなかなかやっかいなトラブルです。
毎回Logic使う前にアンマウントするのも地味に面倒なので、該当HDDに
accessできないようにMACOS側で設定してしまおうか悩み中…。

そういえば、10.6.6+Logic Pro9で、1つ認識できないソフトシンセ発見。
ArturiaのArp2600V2。

実は地味に2.0.2にアップデートされていたようで、このアップデータで無事10.6.6で
動くようになりました♪
その他Brass等2.X.Xというアップデートされているものも一応アップデートしたほうがよさそうです。
ただ、まだMoogmodular起動時のバツっという激しい一瞬のノイズは発生することがありますが。

さてさて、なかなか制作詰めで個人的なものは進みがゆっくりですが、
作編曲に関わるお仕事のご依頼のほうはまだまだガンガンお受けできますので
お気軽にお問い合わせください♪

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Studio One Artist 30ドルセールとiPadガレージバンド DAWの価格破壊もついに4桁争いに!!!

DAW Studio One がAudioMIDIという海外音楽機材通販サイトで30ドルに!!!

日本で買うと24800円くらいするソフトです…。
そして、つい先日発表されたiPad2のアプリ「ガレージバンド」は…1コイン程度という…。

8トラックとはいえ、ソフトシンセ搭載、レコーディング可能、
iPad用のGarageBandとMACとデータ共有機能あり。
MAC用は

iLifeならば5000円以下、
APPストアからガレージバンドのみ購入ならば1000円代に。

こうなってくると

Cubase6が異様に高く感じてしまう。^^;
最上位からのアップグレードでも\20000なうえに、またしても数千円上乗せでHow To DVDセット継続。
毎度ながらDVDセットという項目 いるのだろうか…。
そしてインストーラ。
DVDセット(6枚)
DVD-ROM:「Cubase 6 Installation DVD」
DVD-ROM:「HALion Symphonic Orchestra (VST Sound Instrument Set) Trial」
DVD-ROM:「HALion Sonic 1.5 Trial 1」
DVD-ROM:「HALino Sonic 1.5 Trial 2」
DVD-ROM:「The Grand SE 3 Trial」
DVD-ROM:「Cubase 6/Cubase Artist 6 クイックスタート ビデオチュートリアル」
…ん?
トライアルばっかり!?

他のDAWがガンガンつけてくる上にこの記事の内容からして、
そろそろ無償で各種つけてもいいのではないかと思うこのごろ。
Cubaseの標準付属音源少なすぎます…。



この勢いでLogic Studioが値下げしたら、Cubase、Sonar、Protoolsのメーカーキツそう…?
しかし良い時代になりました。
まさかガレージバンドを持ち運び、どこでも作曲。
しかもソフトシンセも録音もできるだなんて。
QYシリーズを思い出すと時代の差を感じます…。(笑)


まぁ・・・とりあえず Studio Oneは買いました。
レジストレーションに必要なコード等がまだ未発送の様子。
週明けまでお預けかな??

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽



プロフィール

TAKUYA

Author:TAKUYA
公開している音楽制作HPに多少?関係したゆったり日記です。
音楽制作依頼のご連絡はこちら

運営中の音楽HPはこちら



Google



ツイッター



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



こーこく



カウンター



アクセスby



楽天ナイスアイテム



AMAZON



ブログ内検索



RSSフィード



iTunes音楽ランキング



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



楽天ランキング



買得情報



最近のトラックバック



月別アーカイブ



APPLE



QRコード

QR