MIRROR OF ES Diary
音楽制作メモやら音楽機材、生活グッズレビューを中心とした日記です。
クリプトンのサンプリングCD決算セールは超狙い目☆
2009年6月12日(金)から2009年6月30日(火)まで
クリプトン
70%OFF!3枚買っても1枚分の価格以下というセールを行ってます♪

まぁ、乗りました。(笑)

とりあえず変なループ系は何かとあると助かるという訳で
2rAw FX IN TIME MACHINES + TOOLS
工具や道具をリズミックに"演奏"したユニークなFXループ集
は確実ゲット☆

その他、パーカッションループ系や一発モノを中心に漁っておきました。
クリプトンの太っ腹精神はナイスです♪

ちなみにアップルROOPSもあるみたいだけど、なんかサンプルがぱっとしないのが
気になるなぁと。今回は何かにつけて使い回せるACID系がいいかなーと。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

MOTUのMK3シリーズパワーアップと3.6.8.1410アップデートによるエラー発生

視覚的観測ツール「X-Y プロット」および「フェイズ・アナライズ」がCueMixに追加された!!!
PCにインストール、インターフェイス管理するソフト上でのみ見ることができるのだけど、
これがなかなか。位相のチェックやらモノラルソース化に使える。

これが魅力的でアップデートをしてみたら罠がまっていたのだ・・・。

MOTU Webより抜粋----
MOTU オーディオドライバ 3.6.8.1400 の ASIO ドライバを使用した際に、UltraLite や UltraLite-mk3、828mkII、828mk3、896HD などの機種で、表示上のアウトプットチャンネル名が実際に音声が出力されるオーディオアウトと異なってしまう症状を確認しています。

Analog 1-2 を指定しても実際には Analog 3-4 から音声が出力されてしまうといった使用上の問題が出た場合は、既存のドライバをアンインストールし、MOTU オーディオドライバ 3.6.8.1394 をインストールしてご使用下さい。

※mk3 シリーズでオシロスコープを使うことは出来なくなります。
※ドライバのアンインストールは、コントロールパネル>プログラムの追加と削除 (XP)、コントロールパネル>プログラムと機能 (Vista) から行うことが出来ます。

-----------

えー・・・。ってかMOTU オーディオドライバ 3.6.8.1410を入れてしまってから気づいた。
いやまぁ、夜も更けてというか朝方一仕事終えたあとインストールだったんで
読む気力が若干なかったのも事実。

3.6.8.1410を64bit Vistaにインストールすると、インストールの途中でエラーが必ず発生し、
MOTUに連絡してね☆と英語で表記されその後ブルースクリーンというオチ。
まじっすか・・・。

んで、再起動するとFDISK(前FDISKでFAT32の素材用HDDバックアップ1の一部のデータが
吹っ飛んだのでFDISKはしたくない)、下手にキャンセルしてもまたFDISKをかけようと
するので仕方なく放置。
ほどなくVISTA起動。ほっとしたのも束の間。
なんと、コンパネからアンインストールしようとしてもアンインストール途中で同様のエラー!!!
3.6.8.1410は消せない罠!!!

Windowsクリーンインストールという地獄の作業が頭を過りグラっときたけれど、
なぜだかドライバもCuemixも問題なくインストールされていることに気づく。
んで、MOTU発表の問題も起きていない。
それどころか、今まで、Cuemixは非常に動作が重くパラメータ変えるたびに待たされる
感じだったのが急に快適サクサクに!!!
観測ツールもいい感じ☆

そうそう、MacOSXのドライバ更新は間違いなく動作が軽くなり快適さ120%

MOTUやるねー!!
ハード関係ドライバはほんとかなり安心させてくれるなと再実感したものの、
ドライバ入れる前には必ずWindowsのシステムバックアップをしておこうと再実感。
というか朝方のドライバアップデートは危険っす…。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

「天つヲトメ」アルバム視聴スタート!!!!
アルバム「天つヲトメ」視聴スタートしました!!

各種配信ストアダウンロード販売を予定しています。
発売され次第、本ブログでもお伝えします☆

本ブログ右側の「制作楽曲の視聴」から視聴できます♪

天つをとめジャケット

1  謡い人  ボーカル:komina
2  bottomless swamp   ボーカル:夢乃ありさ
3  陽のあたる場所  ボーカル:komina
4  Empty  ボーカル:komina
5  雨はきまぐれ  ボーカル:染井美乃
6  Strange world ? Direct mail?  ボーカル:桜居ひかる
7  二つの月  ボーカル:komina
8  Find out  ボーカル:夢乃ありさ
9  雨堤  ボーカル:夢乃ありさ
10 midnight crossing  ボーカル:桜居ひかる
11 Advance  ボーカル:桜居ひかる
12 いつか出会える場所で  ボーカル:桜ほのか

こちらの大きな視聴プレイヤーでもお聴き頂けます


テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

アルバム「天つヲトメ」完成☆
今回は新アルバム「天つヲトメ」の完成までの道のりを少し?♪

2002年から始まり、2003年にはほぼ楽曲完成。

2003年あたりに ローランドグルーブコンテストでアルバムの一曲Advanceがノミネート

どたばたしてボーカルをすべて変えることに。2005年に新規ボーカル募集。

FM湘南ナパサ78.3Mhzにて「天つヲトメ」旧仮名称アルバム「ES Vocal Collection」より
「いつか出会える場所で」がONAIR

2006年クラブのテクノイベントにてAdvance Live Ver を初ライブお披露目(VJ付きで)

2007年 Advance VJバージョン コンテストパーク受賞

2008年 3曲ボーカルRECし直し+Vo様歌練習期間のため制作は休止

2009年 6月 Autotune EVOの登場とRECし直しは難しい曲ばかり残り、
頓挫しそうだった中、突如レベルアップしたボーカルkomina様のおかげで
残っていた3曲無事録音終了。
各音楽配信事業者へ申請開始。

うーむ・・・このアルバム用の8年は長かった。
この間にどれだけの曲が完成したことか。
そして完成するときはあっという間だった…。
もともとSAFのセカンド位置づけもあっただけに2003年にはCDデビューする予定が
時代の流れでCDではなく配信デビューとわ…。

さて、仕切り直し。
関係者様各位、もし当サイトを見てくださっていましたら、ほんとに長い間お待たせして
しまい申し訳ありませんでした。
Vo選考やRecで歌ってくださった皆様、本当にお力添えありがとうございました。

作詞、作曲、編曲など制作に関わって頂いた fukami様 MAI様お二人のずば抜けたセンスに
8年たった今でも尊敬しております。またいっしょに音楽ができたら素敵です♪

また、楽曲は年月とともに細かく改編が入り、最終的なボーカル様は
桜居ひかる様 komina様 夢乃ありさ様 染井美乃様 桜ほのか様
の5名となりました。またご機会がありましたらぜひとも音楽しましょう♪

なにはともあれ、完成!!
全体的にしっとりほろり気味で超固有サウンドに仕上がってますが、一部エッジの
効いた曲もあります。聴きごたえありの12曲お楽しみに☆

PS 楽曲の視聴は近日中公開予定です。封印していたAdvanceのVJもいよいよ解禁です♪

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

新型インサイトのフロントパーツの値段!?+無限、モデューロ、AMS見てきた+コーティングの話
インサイト全体
大分遅れましたが、納車された青インサイトです。


エアロは最近AMSのフロントグリル+アイラインだけ気になってます。(笑)
あんまり噂にもならないようだけど、他のインサイトオーナー様にはどう映っているのかな・・・?
気になる…。ちなみに装着したフルエアロ実車のフロント見てきたけど、かっこよかったですよー。
アイラインは粘着テープでくっつけるようなので耐久性が心配だけど…。



それとフル無限、フルモデューロ両方見れたけど、やっぱ無限はカッコ良かった。
無限のリアウィングの一体感は異常。見るまではいらないかなーと思うけど
見ると惚れる可能性大!!


モデューロはやっぱサイドのドア開くと光るウェルカムランプがいい感じ。
なぜだかディーラーさん曰く、施行にエアロ代+2万円くらいかかるらしくあまりお勧めしにくいらしい。
まぁ、モデューロはエアロと車の一体感が無限に比べると顕著に違い・・・。
でも遠くから見てる分にはモデューロめちゃカッコ良いです★



さて、タイトルはなんのことかというと、まぁなんというか、
インサイトの前面のメタルグレーな色の部分(グリルの下)に大きな傷ができていたんですね…。
ディーラー曰く自転車のぶつかった傷痕ではないけれど?? とのこと。
駐車場での出来事でした。

んで、交換代金はフロントパーツ全部だと思っていたので相当高いのだろうと考えていたら
意外にも20,000円で済むらしく、実際メタリックグレー部分全パーツ変えてもらうことができました。
発注から納品も異常に早く、交換も1か月点検含め1時間以内とディーラーの対応に感心☆

でも、たぶんこんなところをぶつけたりしないだろうなと。
新インサイトはフロントバンパー(フォグ部分とか特に)の部分の形状が
飛び出ているのでここをぶつけたりしやすいそうな。
ここがいくらで修理となるのかは未知。フィットは4?5万近くといってたけど…。

まぁ、変えてもらえば当然新品でよしっと思いきや、納車時にしてもらったコーティングは
当然ここだけなしに・・・。
なんかここだけコーティングしてないのもなんなので、


クリスタルガードをこのメタリックグレー部分だけに塗ってみました。
十年もつらしいけど、そこよりなによりまず塗るとガラスコーティング系のピッカピッカな感じで
鏡見たいな光沢…。あれ? 周りのコーティングはシーラント。なんか浮いてない??
気のせいにしておこ・・・。(笑)


同社のクリスタルガードホイールアーマーはアルミホイール用。
これも効果大。インサイトは前輪がものすごく汚れやすいのだけど、
こいつを納車時に塗った成果か、水洗いですぐ汚れ落ちます。


スターター的なこんなお得パッケージもあります。

ところでホンダのシーラント。どこぞの噂ではあまりという評判なのだけど、
なかなかです。納車一か月過ぎましたけど、水洗いまたは中性洗剤でさっと
汚れを落とせちゃいます(ウォータースポットやらはどんなコーティングでもやっぱつくんだけどね)。
納車時に気をつけることは、窓ガラスにもシーラントが施されていないかどうか。
まぁ、普通施されていないだろうと思うところだけど、
初めての雨の日すごいことになりました。汗
撥水しまくりで全窓ガラス・・・なーんにも見えません・・・。(T_T)
めちゃ怖かったので、窓ガラスだけコーティング剥がし剤で剥がして
親水系をリア、サイドガラスに、フロントには撥水系を使ってます。
まぁまぁいい感じだけど、サイドとリアガラスに親水系がベストかは試行錯誤中な感じ。

新インサイト、乗り出しから一か月以上、大満足です♪
なにより肩こりと足の疲労感がなくなった。体にフィットしてるんだろうなーと。

テーマ:自動車部品 - ジャンル:車・バイク

ピッチ補正の定番AVOXとAutotuneを使ってみて
さて、AVOXとAutotune使いまくってます(笑)
いや、ぶっちゃけあんまりCubase使わなくなりました。(汗
やっぱAutotune+Logic(ProtoolsTDM)は強い・・・。

あんまやりたくないけれど一時期ブームだったケロボイスになるなる。
まぁ、Autotuneならではの当たり前なサウンドだけど。
ケロにならないよう補正するのが基本。
グラフィックモードはVer4からそりゃもう劇的に変わりました。
使いやすいのなんのって。しっかりピッチをノート表示します。
ときどき間違えて表示していて、実際には違う音程が鳴るのはご愛敬。
時間も5分なんて余裕で超えてノート変換できます。
昔よくやってたMIDIのノートを読み取らせて音程を調整する機能は
今もあるけれどあまり使わなくなるかも。

Autotune Evoは間違いなく良いです!



さて、次はおまけで買ったAVOX。
ハーモニー機能はなかなか。
なんと声帯モデリングというなんともシュール?なソフトまで入っていて
使いどころに悩み中です。
とにかく実験色の強いエフェクト群なので
AVOX買うときはそう思って買うときっと安心できます。^^;
まぁ、なんだかんだでハーモニー機能は結局別のプラグインでやってしまうことが
多く、今一歩なところもありかなと。破壊的サウンドは簡単に作れるので
いつか実験音楽でもやってみようかなと。


そうそう、Autotuneがあまりに快適に動くんで、ながーく伸びたESVコレついにあと一曲ですよ!!
もう、数年前のアレンジなんでサウンドが風化してるわ、当時のアレンジ力に・・・になるわで。
でも2002頃に立ち上げたものがAutotune Evoによってついに終わりを迎えるとは…。
まさにエボリューション!! クリエイティビティなソフトはめちゃやる気でるねー。


というわけで、またまたパワーアップした音楽制作をお届けできるようになりました☆
ぜひこの機会に楽曲依頼、ご検討よろしくお願いします♪

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

Snow Leopardと新型MAC BOOK PRO 沈黙していたLogic Pro 9来るか!?
Snow Leopardついに発表されました!
9月発売で今MACを買うとSnowは無償アップデート。
そして、Tigerからのアップグレードは別パッケージ化されるという。
しかし、非常に魅力的なOSになっているなと。
何より新OSが出ることによるLogic Pro 9 の可能性に期待せずにはいられない!!

また、迷走した? Mac BookとProの違いを打ち出してきた。
Mac Bookは白モデル+FW400付きに統一。
Book ProはアルミでFW800+SDカードスロット。
値段も驚き、Mac Bookは10万でProが13万。
なんてこったい。

このMac Book アルミモデル(FW端子なし)はかなりレアものになってしまった。(汗

結局FireWireは消えることなく800へ移行を促し続ける形に。
USB3がなかなかでないためかな?
とにもかくにも毎回驚きの販売方法に関心します。
色々見習うところはあるなぁと思いつつ、
仕事で使ってるとモデルチェンジには結構な比率でのっかる形になってしまう。
まぁ、OS単体で買うなら売って毎年モデルチェンジしたほうがいいような気も。

何年か気分的に落ち着けるはMac Proで、その他モデルは
半年以内にドキドキさせられるという魅せ方にハマる魅惑の罠。

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ



プロフィール

TAKUYA

Author:TAKUYA
公開している音楽制作HPに多少?関係したゆったり日記です。
音楽制作依頼のご連絡はこちら

運営中の音楽HPはこちら



Google



ツイッター



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



こーこく



カウンター



アクセスby



楽天ナイスアイテム



AMAZON



ブログ内検索



RSSフィード



iTunes音楽ランキング



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



楽天ランキング



買得情報



最近のトラックバック



月別アーカイブ



APPLE



QRコード

QR