MIRROR OF ES Diary
音楽制作メモやら音楽機材、生活グッズレビューを中心とした日記です。
Protools 8 約16GBものダウンロードと使用レビュー!!

時代の波に乗っかったProtools8。仕事のため導入することになりました。(汗
まだTDMシステムは怖くて8にできないので、
余っていたFW1814を使ったM-Poweredから。


Protools8のアップデートには期間限定fxpansion / VST-RTAS Adapter 2がついてくる
ということもあって、
Windows Vista Business or Ultimate + Protools8の選択肢はかなりイケル!!!


003RACKならデジデザインのソフトシンセがおまけでついてくるしなぁーと。

さて、そんなM-PoweredをWindowsに入れるには2009年1月では、
今のところProtools7M-Poweredを買って、7をインストールせずに
8をダウンロードしてインストールするしかない様子。
そう、ネット環境なしには8を導入できないのだ。(汗

そんな8をダウンロードするにあたって、Win、Mac両方のインストーラ、サードパーティインストーラを
含めると約16GBもの容量をDLすることに。
なんとも時代の変わったこと。
ナロード時代には考えられない話。

そんな8。ダウンロード時にすごいと思ったのが、ループ素材集の量。
これだけでDVD一枚分以上の容量があるのだからすごい!!!
ジャンルもRock、R&B、JAZZ、Hiphop、Popsなど様々。
ネタの種類も豊富☆しかも全部Wavファイル。
さらにMelodyneの簡易版Celemony Melodyne Essentialもついてくる。

FXpansion BFD Lite v8

Torq LE v8

もついてきて、バンド志向、DJ志向にも対応。
DIGI標準でPiano専用音源、オルガン専用音源、マルチ音源など入っている。
なんと至れりつくせり・・・。
音もなかなかなんですよ。おまけとしてなら大あり!!!
これにVSTプラグインが使えれば文句なし。

確実に初期投資が最も安く

MBOX MINIで約4万 MBOX Microなら約3万。 それぞれ拡張するならiLokがいるけれど・・・。
オーディオインターフェイスを持っていないなら確実に安い!!!
すでにM-Audioのインターフェイス持ちなら3万でiLokもついてくるし。
どう考えても同価格帯のSONAR、Cubase、Logicよりも魅力的になってしまった。(汗

いや、なぜそこまでって、まずMIDI機能の強化が確かにすごい!!
ピアノロールはインライン以外に別Windowで表示可能。
しかもレイヤー表示できる(Digital Performerに似てる)ので
いくつかのMIDIトラックを見ながら編集可能。
そしてそのピアノロール。消しゴムツールなどをもたなくても、
ノートをダブルクリックで消せるし、ノートオンもピアノロール上の置きたい場所にクリックするだけ。
ノートの長さ変更やら様々な面で他のDAWに遅れをとらない性能。
唯一、ノートのベロシティをLogic等のベロシティツールで上げ下げできなく、今まで通り、
画面下のベロシティを表す棒を上げ下げするところが不満なくらい。

※Ctrlを押しながらスマートツールでひとつひとつのノート上でベロシティを上げ下げできました(汗
 個人的にピアノロールはSONAR、Logic、Cubaseより使いやすい感覚で衝撃です!!!

ちなみに選択した部分のベロシティを変更といったこともできるので、いくつかのノートを
選択してベロシティを整えるのも楽☆

それにしてもピアノロール、画面がLiveっぽい質感というか独特。エッジがあまりなくて
やんわり気味。
その他肝心のミキサー画面も変化しまくり。
今風のDAWというかSONARっぽい雰囲気で、SONARより少しゴテゴテしてるかな?
機能は今までのPTの通りなので当然優れているわけだけど、
旧PTの画面のが見やすいです…。

オーディオプラグインも標準で作編曲に使う特殊系をたくさん追加してくれたおかげで
各種DAWの中でも1、2を争うほどの数に。
これは驚きの一言。

PT8、起動とともにいきなりHIPHOPだのテンプレート選択画面になっていて、
あきらかに録音ソフトではない雰囲気。
制作スタイルの変化という時代の流れをひしひし感じます。

楽譜のほうは確かに簡易的。リピート記号の種類ないけどまぁシベリウスと統合しない
現在においてはこんなものなのかなと。例えるならSONARに毛が生えたような?

PT8のファーストインプレッションはこんな感じでもはや録音ソフトというより作曲ソフト。
作曲面でも十分人にお勧めできるようになりました。
ただし、PT7までの操作に慣れていると、どうも録音やMixをあまりしたくなくなる配色や
微妙なモタツキ(MAC PROでも)挙動が気になります。
HDシステムは当面7で様子見かなー?
まぁ、デジデザインはSONARを少し睨んでいるようだし、
PT9が出る頃にはいよいよDAW No1の座を勝ち取るのかもしれません。
それはそれでデータのやりとりもOMFなんかじゃなく楽でよい気もするけど
面白みもないような? 何れにしても今からProTools9が楽しみです☆

あ、不思議な話。M-Poweredの中でなぜかHDシステムが認識されます。
入れてもいないHD PCI-Eカードドライバが更新されて、ついに
VISTAでHDカードを認識させていても動くように!!!
※SONARやCubaseなどでインターフェイスとしてHDカードを選べるようになってますが
 選ぶとハングアップします。(笑)
この不思議な話、デジデザイン曰く、確認はとれていないらしいけど
実際そうなるとかなり問題ありなのだとか。
そりゃそうだ。M-PoweredでHDシステム使えたらね…。
まぁ、普通に考えたらHDシステム持ちがM-Poweredに興味もたないけど…。^^;

時間ができ次第PT8でいよいよまじめに作曲してみようと思います^^;

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

ついに出た!!! ポケモンセンター限定 ビッパドール☆激可愛☆
ついに出た!!
ビッパのぬいぐるみ☆(泣)
BIDOOF


このときをどれほど首を長くして待ち続けたことか!!
せめてUFOキャッチャーでと思っていた矢先、なんと全国のポケモンセンター限定で
ビッパのぬいぐるみが2009年1月に発売されたではないか!!
しかも、ドールシリーズ!!!
見よ、このかわいいビッパドールを(泣)
ビッパドール
半端ないかわいさ!!!
いや、もうほんと作ってくれてありがとうの一言です。(*^_^*)
※写真に一匹ビーダルさんが混じってますがご愛敬で・・・。

一匹\1000近くだけどもうなんだか3匹居ます(笑)
まだなんか物足りないというかもっとわさわささせたい野望が・・・(汗
まさかの・・・ここまでハマったぬいぐるみは初だ・・・。
このシリーズで出たということは密かに人気なのかな?とか色々考えながらビパドルを眺めてます。
NAMMショー以上に衝撃的出来事でした!!
ポケモン好きで記事を見た方、何気なくセンターに足を運んでぜひ手に取ってみてください☆
ビッパ、やっぱ超かわいいですよ!?

・・・・・・。
任天堂さん、つ、つぎは等身大(1/1)ビッパを(汗

テーマ:ポケモン - ジャンル:ゲーム

工人舎SC3KP06GAのレビュー(SC3KX06GAのVISTAモデル)とWindows7でSONAR7を動かせた☆

工人舎SC3KP0GAというモバイルPCを導入しました☆

というのも仕事先でのデータ管理が主だった用途のため。
もともとは

FUJITSU FMV-BIBLO LOOX U/C30を導入しようと思っていたのだけど、
店頭で実際に触ってみると思った以上に小さく、画面は綺麗なもののアイコンや文字
すべてが小さくクリックしにくい。(汗

ここからがもう悩みまくりで、LOOXと工人舎それぞれ良いところをあげると

☆LOOX U/C30
・指紋認証機能(Windows使用時はスクロール機能にもなる)
・5.6型ワイド画面で方手持ちでも長時間OK
・Bluetooth
・約6.0時間駆動 ※標準添付
※外部ディスプレイ端子は別売りで可能

☆SC3KP0GA
・GPS
・Bluetooth
・7型ワイドで画面のサイズとしてはとてもフィット
・キーボードにかな印字(LOOXはかな文字ないんです・・・)
・ワンセグ
・外部ディスプレイ端子搭載、USB2.0×2、有線LAN搭載、
 ExpressCard/34スロット、3in1メディアカードスロット
・Webカメラ

という感じ。
まぁ正直なところSCシリーズは付加機能が多いかなと。
LOOXはセキュリティ面、持ち運び面、バッテリー面(SCシリーズは3.2時間)で
圧倒的に有利。
ただ、この二機種、値段が違うんです。
2009年1月の段階でLooxは72,000?80,000円。
SCシリーズは69,800円という感じ。
Looxの最安だとそう変わらない値段。
この段階では確実にLooxだったのだけど、
念のため工人舎を扱うJoshin店頭のほうに出向いて
触ってみることに。

なるほど、7インチはタッチパネルタイプとしてはとても操作しやすく快適☆
モバイルとしては5.6型のLooxが断然有利。
これ、電車、バスで片手でもってもまったく苦にならない。
工人舎は軽いとはいえ、長時間片手持ちは辛い。
しかし、持ち運びや片手持ちで決定できるものではなく、
Windowsの操作がしやすいかがポイント。
そういう意味で、触った感じでは工人舎SC3KP0GAが少し魅力的。
この触った感じでならまだどちらもありで悩ましいところだったのだけど、
決定打はJoshinの1/20までの1台限定価格!!
LOOX U/C30は約83,000円
SC3KP0GAは59,800円だったのだ!!!

なんだかんだと1時間悩んで一回帰って、閉店ぎりぎりにまた行って
フィルターをお伴にレジに向かいました。^_^;

いや、この二機種ほんと悩ましかったです。
そのあと、ちょっとした罠。
よーく見ると液晶モニターの裏側についているゴム足のようなものがひとつ欠けている!!!
P1010068.jpg
早速、工人舎にTEL。
なんとサポートは土日も行っている!
電話はかかりにくいかなというか、混雑しているのでおかけ直しくださいというやつ。
デジデザインのような留守録的なものや、随時お繋ぎというのではないけど
工人舎WEBのほうでは何曜日の何時が繋がりやすいかの明細表まで準備してある☆
サポートは完璧。すぐにゴムの部分を送りますということですんなり!!
ああ、去年の東芝サポートのときとは大違い。(苦笑)

さて、ようやく各種ソフトの導入も済み、DAWも使ってみてしまったというモバイル
らしからぬ使用編は次の機会に書きます☆
200901200129000.jpg

あ、そうそう。知り合いの話。
Windows7、マイクロソフトから入手して導入までを傍観しながらインストール進めていたのだけど
Windows7 32bitでSONAR 7 PEとUA1000のVISTAドライバ、UMシリーズのVISTAドライバで
快適に動いてました☆
ドライバ周りはインストーラーexeを右クリックしてVISTA互換にチェックしてからインストールすると
うまく行きます♪
Windows 7、Vistaからだと劇的変化ではないけれど、タスクバーも雰囲気変わってなかなか。
まぁ、標準タスクバーが大きいのは気になるけれど変更できるので。
Windows7楽しみ。だけどVistaが当初高めの値段だっただけにVista to Windows7は少しくらい
お得にアップグレードできないものかなと思うこの頃。

テーマ:モバイルミニノートPC - ジャンル:コンピュータ

nanoPAD、nanoKeyのその後とNAMMのCubase5発表

初期不良のnanoKeyは早速交換してもらえました♪
とくに動作チェックをするわけでもなく新しいものをもってきてもらえたので
こういうところは流石楽器店。通販と違ってすぐ手に入るのがうれしい☆

で、お目当てのnanoPADも購入。
PADはあえてのホワイトで。(笑)
nanoPADはデスクトップ制作+DJPLAY用、
nanoKEYはノートPC制作用という形で活躍してくれそう☆

ところで、どちらの機種もLiveのクーポン券がついているのだけど、
オフクーポンは微妙かも。それなら体験版でも入れてもらったほうが良い??
まぁ、本体価格を考えるとクーポンがついてるだけでもお得な雰囲気はあるのかな。

その他、nanoKEYにはM1Leというソフトシンセがついてくる。
nanoPADにはEZdrummerLiteというソフトシンセがついてくる。
どちらもオーサライゼーションコードの紙がついているだけなので
本体はインターネットからダウンロードしないといけない。
とはいえ、これはなかなかのサービスっぷり☆
最近KORG、個人的にツボのある製品で気に入ってます!!


そしていよいよNAMMスタート。
今回の発表では新ハードシンセが少ない様子。
RolandではVP770やV-Piano(コンセプトが面白い!!)。
YAMAHAは新ハードシンセは・・・。
そう、両者のハードシンセの代名詞MotifとV-SynthGTは
内部OSのバージョンアップにとどまった様子。
V-SynthGTに至ってはようやく、ディスプレイのノブ表示と
本体のノブがリアルタイム性をもち、モタリが解消されたみたい。
それって発売当時から問題になってて改善に随分時間かかったんだなと・・・。
http://www.roland.co.jp/mov/page/V-SynthGT2/index.html
からV2.0の新機能動画が見られます。

その他ショルダーキーボードAX-Synthが音源付きでちょっと気になるかなーという感じ。

NIはKompleteの新型ではなく!!! ハード+ソフトシンセのリズムマシーン。
うーむ・・・。

で、NAMMで今のところ興味を惹かれたのは Cubase 5 (古いほうではない(笑))

4.5を出したばっかで5の発表とは。
そして価格改定で2万ほど安くなる様子。
機能としてはようやくピッチ補正を導入したり、画面デザインの変更などで
見やすくというところ。
まぁ、SONARやLogicがあれだけやってるとどうしてもCubase4の10万近い値段って
高すぎる訳で。
しかし、今回はものすごく魅力的というより
ようやくCubaseでもここまでできるようになったのかという感じ。



世界同時不況の波はやはり関係しているのかなと思わせる内容だったりで
無難なラインナップ。
果たして残りの日程でサプライズはあるのか!!??
なんだかんだで楽しみです♪

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

KORG nanokey初期不良(泣)とNAMM開催☆

nanoKEY買いました☆
もちろん半分以上衝動買い(笑)
4980円は安いよねー(^^)

色はブラックで☆
がしかし、右側Fの鍵盤の初期不良らしく10回Fを弾いて2回くらい鳴ればよいほう。
ほかの鍵盤はちゃんと鳴るのでやっぱ初期不良(泣)

今日交換しにいってきます?(汗

さて、肝心の使い心地はというと、まぁノートパソコンのキーボードみたいな押し心地に近い。
なれるまでは黒鍵が押さえにくいけど、なんとか許容範囲。
いや、このサイズでベロシティに対応してるし、USBのみで駆動するし、
ピッチペンドボタンとかどうよと思いつつ使ってみると、しゃくり上げとか以外に
カッコよく決まるし、CC割り当てモードとかなかなか面白い!!!
KORGのロゴが白く発光するのもイケてる。

この価格でよくぞここまでという感じかな。
もともとモバイルでコード付けやらメロディの大量生成しなければいけない案件が
多いのでこれくらいあれば十分。
そこまでできたらデスクトップでじっくりアレンジ、REC、MIXってな感じ。
Blackタイプならパソコンにも似合うし良い☆

困った部分があるとするなら外観のとおりハードな使い方には向いてなさそう。
展示品はすでに壊れてて、鍵盤が外れてたわけで。(汗
まぁ、価格を考えるとある程度使ったら劣化するという位置づけで
マウスやPCキーボードのような消耗品程度に位置づけて使うとよいかも。

初回購入から不良にあたったけど、今日は交換してもらうついでに
nanoPADも買ってこよーと思ってます♪

いや、X-Y PADはかなり頻繁に使うので☆
なにはともあれKORGさん最近素敵☆

そうそう、1/15からいよいよNAMMだー!?
今年はどんなラインナップなのか?
ハードの熱い巻き返しはあるのか?
NIは何を出してくるのか?
またしても仕事の都合上、現地NAMMツアーに参加できないので
ネットで情報収集という形になるのでした。^^;

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

SONAR8使用感想2とその他のDAW比較

SONAR8を使用しているうえで少し気づいたことなど。
まず、キビキビ動く!! 7とは大違い!!
この動作の良さが8の最大の良さかも??

次に再生停止時のノイズを防ぐ機能が追加されたこと。
オプションで再生停止後にオーディオ音をフェードアウトするようにできる。

オーディオデバイスはどうやらWindows Vista、Windows 7への対応強化を
どんどんさせていく様子。この様子だと、SONAR9など次のバージョンでは
Vista必須になってくるのかな?
が、今のところWDMかASIOで間に合っていたり。(笑)

MIDIの打ち込み機能ではレーン機能により、
CCなどを別途表示できるようになった。
※Cubaseのレーン機能に酷似
がしかし、この機能はかなり微妙で、旧バージョンのがよいかもしれない。
なんといってもトラックを変更すると表示させたくないレーンが勝手に表示されたり。
で、ひとつだけレーンを表示させるショートカットもないようでいちいち-ボタンで
減らす必要があるのはまいった。(汗

CPUの使用頻度を表示する機能は以前から画面右下にあるのだけど
こいつがマルチコアだとCPUの分析のためかいちいちチラつく(チカチカしてる)。
7ではここまで酷くなかっただけに気になる…。

インストゥルメントトラックはもはや他社DAWでも標準。
ただ、SONAR8ではまだはっきりとした分類があるわけではないようで、
インストゥルメントトラックはCtrl+Mの機能でMIX画面から非表示にするとき
MIDIチャンネルに分類されていたり謎めいた挙動。
正式対応というより、なんとか導入したという感じ。

ピアノロールの縦の拡大は7同様。もう少し縦に拡大できるようにならないかしら?
いや、SONARの拡大鏡機能は嫌なんですよね。(苦笑)

しかし、これだけMIDI機能も充実しているのだから、
そろそろまともにMIDIデータ生成できるようにならないかなと。
XGWorksも販売終了となり、DPも6はアレなので…。

D-ProはLEと比べ機能制限もないので良いです♪
ピッチべンドレンジも変えられるしようやく使える感じ。

と、昨日の楽曲制作の仕事中に気づいたことでした☆

で、同日にCubase4とLogic8でも制作の仕事があったので
感覚的に比較☆


Cubase4はSONARにはまだない画面のウィンドウ設定を保存だとか
素早く制作可し易い環境にできる機能があるのはほんとに良いなと。

複数のMIDIトラックを同時にピアノロールで編集するのはさすがに
SONARよりは劣るものの、Logicよりは優秀かなと。
ベロシティの操作方法もSONARに負けず劣らず豊富。
ただし、SONARのようにさっとパーセントでベロシティやゲートをそろえたりする
機能の面では少し不満も?

あたり前だけどVSTの面が安定しているので、そこにおける信頼度は
やはり高いかなー。SONARも今、結局はVSTで、DXiプラグインは
新規付属してこなくなってきているし。あ、そうそう、SONARのVSTプラグインは
Cubaseでも使えます・・・。^^;

一番の不満はナッジ機能。
オーディオにしろMIDIにしろ、ナッジ機能はよく使うわけで。
SONARのようにテンキーで3種類のナッジを操れるようにとまでいかなくとも
Logicのようにショートカットでナッジの単位を変えられるようにはなっていると
嬉しいのだけど。これが一番不満かも。

全体的に使いやすく、じっくり細かいところを追及しながら曲作りもMIXもできる感じ。
SONARは機能はよいのだけどこの感覚があまり味わえないような??
いや、もちろん細かいこともできる良いソフトなんだけど・・・。
感覚の問題かな??


Logic8での仕事中に特に思ったこと。

ピアノロールで複数MIDIトラック編集がしにくい!!!
昔はありがたい機能だったけど今ではどのDAWにもある機能。
やっぱ今風に進化させてほしいなぁ・・・。

次にタップテンポ。7以来久々に使ったらなんだかややこしくなってるんですけど・・・。
ソングセッティングの同期一般で「手動」に変更しないといけないとか
絶対マニュアルを読まないと分からないっす。(汗

やっぱピッチペンドがハイパードロー上で128段階表記なのもどうかなと。
まぁ、ハイパーエディットやイベントリストでは16384段階表記だけども・・・。

そういった面を除くと、驚異にすら感じるプリセットの魔力。
標準ソフトシンセの立ち上がりの良さ、選びやすさ、エフェクトが
プリセットで作りこまれているが故の創造のし易さはすごいの一言。
今はこの機能と豊富なエフェクト、ソフトシンセがあるからこそ使いたくなる感じ。
この面に関してはLogicの圧勝かな(苦笑)

曲を形にするための準備は早い!
しかし、曲を構築する際の各機能(入力のしやすさ)でひっかかる感じです。

久々に一日で3つのソフトを使うことになった訳だけど
上記の個人的な感覚から、

Logic - Cubase - Sonar

という順序が見えてくる。
これは優劣の順ではなくソフトの挙動の位置づけ。

なんだか最近中間にいるCubaseが扱いやすい♪

以上、超個人的なお話でした。^^;

というわけで、CD、MDなどのメディアやWavなどのデータ納品以外に
Cubase、Sonar、Logic、Protoolsなどの
ファイルそのものでの納品も可能です♪

どしどし楽曲依頼お待ちしております♪

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽



プロフィール

TAKUYA

Author:TAKUYA
公開している音楽制作HPに多少?関係したゆったり日記です。
音楽制作依頼のご連絡はこちら

運営中の音楽HPはこちら



Google



ツイッター



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



こーこく



カウンター



アクセスby



楽天ナイスアイテム



AMAZON



ブログ内検索



RSSフィード



iTunes音楽ランキング



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



楽天ランキング



買得情報



最近のトラックバック



月別アーカイブ



APPLE



QRコード

QR