MIRROR OF ES Diary
音楽制作メモやら音楽機材、生活グッズレビューを中心とした日記です。
EW/QL Symphonic Orchestra PLAY Edition のインストール解説と使用感想
EW/QL Symphonic Orchestra PLAY Edition Gold Completeを導入したときの詳細などです。



64Bit VistaとMacOSX10.5にインストールしてみました☆
このソフト、ライセンスがiLokキー管理のため、複数のコンピュータにインストールしても
OKなのです。もちろんiLokキーが差さっているパソコンでしか起動しません。

MacOSXでは特に難しくもなくインストーラーの通りに進めていけばOK。

問題はWindows Vistaのほう。
こちらは代理店がつけてくれているインストールガイドによるとiLokキーのドライバや
ライブラリディスクの入れ替えなどがでてくると書いてあるものの、
実際にはライブラリもiLokのドライバもインストールされずPlayエンジンのみが
インストールされる。64bit版インストーラの場合、スタンドアローンが64bitで動くのと
64bit版VSTiがインストールされるというもので、カスタムインストールで
32bit版VSTiもインストールするかどうか選ぶことができる。
もちろん現状のVistaでは32bit版が必要なこともあるのでインストールがお勧め。
またVSTiは標準だと
C:\Program Files\Common Files\East West
という階層にインストールされてしまうので
VSTのインストール先を変更して
各DAWが管理しているVSTフォルダを指定してしまったほうがわかりやすいかも。

ここからさきはとりあえず手動で進めてみることに。

まずは、iLokキーのドライバ最新版をインターネットでゲット。
ちなみにiLokキーはProtoolsのiLokとは別にもうひとつ準備。

というのも、今の環境ではPT関係のキーといっしょにするメリットがない。
ソフトシンセは楽曲制作における作編曲の段階で使用することが基本で
Mixの段階でわざわざ立ち上げない。
Mixと並行するならPT用Macと楽曲制作PCでiLokを分ける必要があるのだ。
もちろん、作編曲もPTで行うという場合はiLokは一本にまとめたほうがUSBがドングルだらけに
ならずにすむ。

iLokキーはこの段階でようやくPCに挿す。
次にインストールDVD一枚目の中に入っているオーサライズ用のソフトをネットPCに
インストール(制作PCにネット環境がなくてもOK)。
C\:programfiles\eastwestの中にあるオーサライズソフトを起動して
iLokのアカウントとEAST WESTのアカウント情報を入力。
(どちらのアカウントもない場合、インストール画面内でアカウント作成可能)
いちいちiLokのWebページから登録する必要なく接続しているiLokキーに
オーサライズ完了。
※PCにはオーサライズしたいiLokキーだけを挿しておくこと。

ここでひとつポイント。
Silverは特に問題ないけど、
Goldの場合はSilverとGold二つ分のオーサライズコードが付属しているので
どちらもiLokに情報を入れていかなければいけない。
もし片方だけだと楽器をロードするときに、
License Terms Not Found!" error message when loading an instrument in PLAY
というエラーがでてライブラリを読み込めなくなる。
platinumの場合は各楽器種類ごとにオーサライズが必要のよう。

残りはサンプルライブラリ。
Windowsのみ手動なので、ディスク1?5までのライブラリデータを
ハードディスクにコピーする必要がある。
30GB以上のデータであるものの、1時間程度でコピーは完了。

株式会社ハイ・リゾリューション経由(日本)で購入した場合は
2008年10月段階での最新アップデータが付属。
マニュアルも日本語。ただしマニュアルはPlayエンジン全般用でシンフォニックオーケストラ
専用ではないので注意。

今回の1本買うともう一本は無料というサービスは本国のEAST WEST通販サイトでも
行っているようで日本で買うより安い。platinumは約1100ドル。

株式会社ハイ・リゾリューションのサポートはなかなかで、
メールでの対応も迅速。電話、FAXサポートもしてる。

ようやくインストールが終わり演奏してみると、
これがなかなか良い音で。Play版前のKontaktエンジン版silverとはやはり違う。
Playエンジンも今のところSONAR、Logic、Windows版cubaseで問題なく使用できてます。
キースイッチもViennaほどではないにしろいくつか用意されていてGOOD。
うーん、ここ最近Giga Studio関係からどんどん単体で立ちあがるソフトシンセに
移行してるなー。いやはや便利。ただ、各メーカーがアップデートをストップすると
悲しい結果になるので、そういう意味では汎用性のあるサンプラー形式のが
良いなぁと思ったり複雑な気分。

そうそう、実は本命はEWQLSOではなく1本プレゼントのほうで選んだソフト。
否応にも期待が高まります☆

本ソフトウェアは早速制作ご依頼案件に使用していきますよー。
どしどし楽曲ご依頼お待ちしております♪

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

EAST WEST社・・・。
あれれ? EAST WEST社のソフトシンセの販売代理店が変わってる。

株式会社ハイ・リゾリューション という新たな代理店

PLAYエンジンバグが多すぎてなかなか手を出せない
Quantum Leap Voices Of Passion
をいよいよ購入するときが来たか!?



実はなぜか現在対象商品を一本買うともう一本好きなのをただでもらえるらしいのだ☆
(イシバシ楽器などでも同じキャンペーンを展開してる模様)
(さらにクリプトンではEAST WESTの一部サンプリングCDをアウトレット販売している)
これはオイシイ!!!

つい先日まで新たな代理店に
Quantum Leap Voices Of Passion
が記載されていなかったので日本では販売されなくなるのかと
焦って個人輸入まで考えていた矢先、代理店オンラインショップに追加。
ちなみにアメリカでは400ドルくらいで今は1ドル92円!!!やっぱ円高だし安いよね。
ってかさすがにこれだけ円高で日経平均も下がりっぱなしだと流石に心配。

EAST WESTといえば
Eastwest Quantum Leap Symphonic Orchestra。

こちらもPLAYエンジン版が出てるのだけど、
なぜか10/27の段階では代理店のオンラインショップで販売していないので
問い合わせてみることに。
キャンペーンが終わる前になんとか手にいれたいところ(>_<)

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

MOTU 896mk3の使用感想
さて、896mk3の使用感想を書いてみたいと思います☆


端子はFire Wire。そう、最新Macbookでは搭載されなくなったこの端子。(^_^;)
Fire Wireを使いたければMac Book Proを買おうというコンセプトになった模様。
しかもFW800規格。本機種を出しているMOTUのアナウンスでは
FireWire 400←→800 変換ケーブルがあれば問題ないらしい。
んー?FW800端子にFW400規格をさしてももともと互換で動くんゃなかったっけ。(汗



・本体そのもの
写真からは想像しにくいほど本体は軽い。
箱はばかでかい。(汗
Image054.jpg
意外に本体はプラスティック素材が多く使われていて、
今までのハード音源などのような鉄板系ではない。
それが軽い理由のひとつにもなってるんだろうなーと思いつつ
なんか頼りなく感じてしまうのは気のせい??(^_^;)
そうそう、本体の電源オフ時に本体から少し音がする。そういうものなのだろうか??

・本体のみでの機能面
とにかくこの機種は本体だけでも内部のルーティング設定が可能で非常に便利☆
各Inputにゲインはもちろん、リバーブ、コンプレッサー、EQを使用可能。
Gainは本当に便利。今までシンセ纏めるにもいちいちミキサー通す必要があっただけに
本当大助かり。896mk3の導入でそろそろミキサーを一台撤去できそうでスペースも空いて
大助かりかな。

・音質
それはもう、FW1814と比べれば雲泥の差で896mk3のがフラットかつ綺麗。
96I/Oや196I/O、手持ちでしばらく代用していたUA1000からだとそれほど
大きく違う音像ではないです。
しかし各音域が粒シャワーのようにくっきりしていてとても曲を作りやすいです。
癖がなく綺麗に鳴るのでしっかりMixもできます。

・PCとの相性
64bit Vista、MacOSX10.5のどちらとも正常に動きました。
レイテンシーも問題なし。
付属のルーティングやエフェクトを変えることができるソフトは派手な画面で
なかなかしっかりした作り。わかりやすくて便利。

・DAWとの相性
Cubase、Logic、Sonarでは特に問題なし

・拡張性
やはりADAT×2は素晴らしい。
現在はADAT経由でPTHDシステムとミキサーに繋いでいる状態。
クロックもパソコンをいちいち起動せずとも変更できるので便利。

・Exrernal FX系
いわゆる、アウトボードエフェクトをVSTミキサーにルーティングするCubaseなどに
ついているDAWの機能のこと。
似た機能はLogicにもSonarにもあるわけで。
この機能を使って896mk3のエフェクトを使うことが可能。
このあたりもさすがといったところ。
ただ、どうせなら896mk3のエフェクトをそのままVSTプラグイン可できれば
もっとよかったんではないかなと。(汗

・総じて
すべての面において価格以上(\90,000円台として)で○。
ただし、今後の価格値上げで日本価格\180,000ほどになると
考えるとさすがにこれをチョイスするよりRMEなどをチョイスする選択肢も
出てくる。新MAC BOOK PROでの使用を考えてもやはりFire Wire 800の
オーディオインターフェイスのが気分的に安心?
まぁ、ノートに大きなオーディオインターフェイスはあまり考えにくいかもしれないけど。

この機材の導入でミキサーを減らしたりシステムをよりスマートにできるように
感じました。とにかく大満足☆


以上、しばらく使ってみての感想でした。
さて、以後は896mk3システムとHDシステムでの制作環境で
楽曲制作をご依頼頂いたお客様に対応します。
ご依頼どしどしお待ちしておりますっ♪

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Protools 8と SONAR8専用フィジコン+AudioI/F動画を見てみる


ついにProtools8登場。
MIDI強化、楽譜機能搭載はわかっていたことだけど
GUIの変化はすごいインパクト!
録音ですよーという雰囲気から一気に一転して
最近のDAW色が強く。

SONARやらCubaseのように大量ソフトシンセ導入。
レコーディングオンリーな時代は過ぎ去ったのかなと。


一方SONARもデジデザインのように専用フィジコン+オーディオインターフェイスを導入。
しかもVSシリーズを彷彿させるデザイン!!!
そしてFANTOM音源内蔵(苦笑)
こりゃたまらん。でも要るかという疑問も・・・。
なんというか1メーカー品オールインワンのみで固めるってのはどうも
今までうまくいった試しがないので…。

その他各メーカーともかなりの製品をラインナップ。
が、今回の衝撃はPTにつきる。
これから先はDAWの生き残り合戦必至。
切磋琢磨し合うならいいけど潰れたりはしないでほしいな。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

宮廷画家ゴヤは見た
ゴヤの絵が大好きで、初上演日に早速映画を見てきました♪

以下は簡単な感想。
※ちょっとネタバレのため白文字で。(^_^;)

場所はスペイン。時代はちょうどルイ14世の処刑からナポレオンあたりまで。
この映画のタイトルにある画家のゴヤが主となる映画というよりは
激動の時代に生きる人々の過酷な運命を描く物語。

物語は人は神によって形成されたのかどうかを問う場面から
一人の聖職者ロレンスに焦点が絞られていく。

人間の理想や自由とは何か。
宗教とは何か。
愛とは何か。
神とは何か。
戦争とは何か。
命とは何か。
人の実態とは何か。
錯綜する時代に翻弄される人々の生活観と苦しみ。

それらをゴヤは感じるがまま描く。
しかし、その描く様は傍観者であり、時代の変革にただ流されるままの姿であるという
激動の波に揉まれ必至に喰らいついて生きたロレンスの言葉がとても印象的でした。

しかし、実社会へのアクションの仕方は様々。
クリエイトも政治も何もかも手法のひとつ。
ロレンスとゴヤ、信念を形にして表現する二人の手法がぶつかり合い、
お互いが大切に思うものを守りきれない結果となるラストにはただ涙でした。

初日にも関わらず客は20人もいなかったものの、映画はとても素晴らしいものでした♪
ただ、ゴヤが残した作品はこの映画の内容からだけでは生まれないかなとも。
ゴヤには時代の変革期に垣間見たことから悟ったもっと強烈な精神
があると思います。ゴヤの精神世界を軸にした映画を見てみたいなと。

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

Windows VistaのバックアップとHDD換装

True Image 11 HomeというバックアップやHDD換装時にドライブ(OS含む)+パーティション内容ごと
バックアップできるツールがVista32/64bitに対応しているのを
きっかけにようやく音楽制作のおとも、事務ノートPCのHDDを換装してみることに。
HDDはWD2500BEVE (250GB 9.5mm)

こいつをSOTEC WAに取り付けてみることに。

HDDに内容をコピーするためにはノートだとどうしても外付けドライブが必要。

というわけで安価な玄人志向の2.5HDD SATAタイプをチョイス。
こいつはUSB二本を挿して電源供給をパワーアップさせるタイプで
ACはついていない。

まずはTrue Imageを使ってユーティリティを起動。
あとはそのままVISTAの入っているドライブを指定、その後移動先HDDを
指定するだけで自動でパーティションを合わせてくれる。
もちろんカスタムも可能なのだけど、なぜかカスタムではデータ移行完了寸前で
画面ブラック。
自動で進めることでうまくデータ移動できた♪

換装作業はこんな感じ。
Image050.jpg
+ドライバーさえあればなんなく換装は可能☆
とにかくHDD容量が前の3倍以上になって快適に。

3.5HDDは1TBでも1万で買える時代。
2.5HDDはSATA2規格がでたり7200rpmもあったり容量も300GB以上のものでも
1万ほど。
あまりの安さにCD、DVD、Blue Rayメディアを買うとき、どうせならHDDでと
思ってしまうほど。

とにもかくにも、True Imageはかなり重宝しそう。
体験版では実際に手持ちパソコンでちゃんと動くか検証+バックアップもできるし
なかなか親切なソフト。

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

UAD-2 NEVANA 32使用感想+superior2+NI製品+M3


UAD-2 NEVANA 32がアメリカからようやく到着しました☆
今回は関税かからず。
とにかく入荷してから配送完了までが早い早い。
どれくらい早いかって2日!!!
その間もちろんFedEXで追跡もできるのでなかなか楽しい☆

Image053.jpg
梱包もなかなかでJRRShopなかなか良い印象☆
ローマ字で日本語を頑張って打ってくれる人までスタンバイしてたり国際的ですな。

もちろんUAD-2とともに896mk3も届いたのだけどこちらはまた近日中に。

UAD-2を挿して(32は1DSPなので基盤も小さい?)インターネットにアクセス。
付属CD-ROMは使わず最新アップデートファイルをゲットしてインストール。
完了したらUAD用ソフトを起動。
そこからオーサライズへ進むわけだ。
オーサライズはいたって簡単。なにかするわけでもなく
単純にUAD-2にプラグインライセンスを移動させるだけ。
つまり、ドングルにもなっているんだなと。

とりあえずPlate140を追加購入して早速仕事で使ってみることに。
MACPRO環境Windows Vista64bit Cubase4、SONAR7、MacOSX10.5 Logic8
ともに問題なく動きました♪
ProtoolsはRTASがまだ非対応のため試せなかったりします。
いずれ対応とのことだけどいつのことやら…。

さて、UAD-2のプラグインレイテンシーは7msほど。
とりあえず6trくらい88RSを使い、plate140などリバーブを二種類立ち上げたところで
DSPが半分もまだいっていないくらいだったかと。
CORE8環境なら割と十分かなー。
とにかくサクサク動くので捗ります♪
やっぱDSPは良いねー。TDMのように多種のエフェクトを兼ね備えたら
本格的に使っていってもよさそうなくらい。
オーサライズが楽だしねー。
ただ、一部UAD-2では動かないプラグインもあるようで、
今後の流れがTDMのように面倒な現象が起きないことを祈るのみ。

なににしろ用途としてUAD-2のエフェクトだけで制作するわけではないので
パソコンCPU負荷を抑える目的としても大活躍中です。

あ、そうそう。
UAD-2をパソコンに挿したらWindowsでSF2.0(superior)が動かなくなった。(汗


どうやらハードウェアの構成変更と認識されたらしく、
再度オーサライズするはめに。
おいおい、superior2厳しすぎ。
こんなんだと何か付け替えたりするとすぐにオーサライズ
回数0になるぞ…。(オーサライズは4回まで)
そのためにいちいちメールでオーサライズ回数を戻すように頼むのは
さすがに苦痛。ここまで厳しいとドングルのがマシだなぁとも思うこの頃。
※MACOSX上ではハードウェア構成変更と認識されず問題なし。なぜ!?(ーー;)

・KORG M3
M3Pluginに関して、Cubase4ではプラグインが立ち上がるものの、
MIDI入出力反応が一切ないという謎現象が。
SONAR上では起きないのでCubaseの問題なのだろうか・・・?
エディターが便利なのでちょっと困ってたり。(笑)

・NI製品
Cubase4とSONAR7、KontaktをはじめとしたNi製品は
64bit Vistaの場合、Cubase4のが快適に動く様子。
SONAR7はソフトを立ち上げると激重だったりフリーズしたりで
使うときドキドキ。



さて、さらに高品質音楽制作が可能になりました☆
作曲、編曲、MIXのご依頼受付中です♪
バシバシお問い合わせお待ちしてます。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽



プロフィール

TAKUYA

Author:TAKUYA
公開している音楽制作HPに多少?関係したゆったり日記です。
音楽制作依頼のご連絡はこちら

運営中の音楽HPはこちら



Google



ツイッター



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



こーこく



カウンター



アクセスby



楽天ナイスアイテム



AMAZON



ブログ内検索



RSSフィード



iTunes音楽ランキング



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



楽天ランキング



買得情報



最近のトラックバック



月別アーカイブ



APPLE



QRコード

QR