MIRROR OF ES Diary
音楽制作メモやら音楽機材、生活グッズレビューを中心とした日記です。
ニンテンドーDS KORG DS-10のフリー素材配布開始♪

さてさて、アマゾン限定販売のDS-10。
シンセサイザーをDSでエミュレートしちゃうソフトです♪
説明書はもちろん超シンセ的内容で初めての人には
絶対ちんぷんかんぷんでしょう。(^_^;)


ただし、直観的にプレイできる面もあるので、
とりあえず触っていれば音はでるはず。
あとはなぜそうなるのかという原理に戸惑うことになる
のだけど、それを乗り越えればシンセサイザーの魅力の虜です♪

そんなDS-10で初日にちょいと作った曲を音楽フリー素材として公開中です。
DLはこちらからもできます?♪ 自由に使って下さい♪
※使用に関する注意などはこちらをお読みくださいな。

また、DS-10ガイドブックもででいるようです♪


基本ガイドブック見るより動画で紹介してるサイトをみたほうが直観的に理解できるような???

まぁとにかく第一印象は楽しいです♪
シンセでやれることだから個人的に目新しいものはないんだけど
DSのコンパクトさはかなりGOOD!! 気軽に触って音だしていけるし。
ナイスなソフトを出してくれたKORGに感謝☆

テーマ:ニンテンドーDS - ジャンル:ゲーム

VISTA 64bit で SONARを使って音楽制作するまでの道のり☆
さてさて、VISTA 64bit での音楽制作環境がついに整いました☆
より一層素敵な音楽をご提供できるようになりましたので、
ご依頼のほう、お待ちしております?♪

ここからは VISTA 64bitの環境構築までの道のりのお話でも。

まず、VISTA 64bit について。
VISTAはとても興味深いソフトで、64bitOSでも32bitOS版のソフトを
インストールできるのだ。
つまり、SONAR7なら32bit版と64bit版両方をVISTA64bitに
インストールしてしまえる。

では何が違うのかというと、やはりメモリ。
同じソフトではあるものの、32bit版ではたとえOSが64bitでも
メモリ制限がかかる。つまり32bitのソフトウェアはすべて
64bit環境で動かしてもメモリの使用可能量は32bitOSと
ほとんど変わらない。
で、64bit版ソフトウェアであればメモリを64bitOSの限界まで
使用することができるわけ。

また、64bit SONAR7では32bitのVSTiやDXiはほとんど動かない。
稀に立ち上がってもそこでフリーズすることがほとんど。
(仮に64bitSONAR上で32bitVSTiなどが立ち上がっても当然
VSTiのメモリの使用可能量は32bitの制限に依存)
もちろん32bit SONAR7では32bitのVSTiやDXiはほとんど動く。
手持ちソフトで動かなかったのはほんの一部のフリーVSTiと
Miroslav Philharmonikだけ。Miroslav PhilharmonikはVISTAに
対応しているので動くはず。今のインストール環境に
何かトラブルがあるような気がする。
Komplete5もVISTA64bit + 32bit SONAR環境では快適に動いている。
Waves V5.Xに関しても同様に快適。V6でなくとも動くとV6にするのは
まだ先でいいかなと思ったり。
逆にいえばまだまだ64bit版SONARで動くプラグインは少なく、
本格的に64bitのみで楽曲制作するのは先になりそう。

さて、VISTA64bitで一番問題となるのはドライバ。
ドライバに関しては32bit版をインストールしてもほぼ動かない。
64bit版ドライバがなければ絶望的。
音楽制作の場合ドライバをインストールする機材は多いので
64bitに対応しているかは先に調べておくことが先決。

それとExpertMouseは前回Windows Vista標準ドライバで動く
というお話をしたけれど、これは単純に右クリック、左クリック、スクロールが
できるだけでボタン割り当てなど細かいことはできない。
もちろんWindowsXPの32bit版しかないMouseWorksをインストールしても当然NG。

で、価格.comのやり方が一番良いのではないかと。
intellipoint6.2の64bit版とXMouseButtonControlの64bit版をインストールすると
VISTA 64bitでExpertMouseのボタン割り当てが可能になりました☆
ちなみになぜかintellipointだけでは割り当てはできませんでした・・・。

上のマウスの例のとおり、物理的なデバイスは必ず64bit版のドライバが必要のよう。
お気に入りのV-Synth ver2は残念ながらドライバをインストールすることすらできず
MIDI接続になってしまいました。(泣

今回の64bit関係ドライバの流れで個人的に感じたことは
Roland→最新機種や人気機種のみがVISTA32bit、64bitドライバに対応し、他は絶望的。
      特に Fantom系は1年に一度ほど新しいのがでるタイプで
      そのたびに切り捨てられている様子。
      V-Synth XTはぎりぎりセーフで初代V-Synthはアウトって・・・。切ない。
      ただしまだ数少ないと思われるオーディオインターフェイスの一部が
      64bitに対応していたりで素敵な面も。
KORG→KORG USB-MIDI Driver が優秀。ほとんどのUSB MIDI関連機器が
      これで対応するのでVISTA 64bitも問題なく対応していっている。
      メーカーへの信頼度アップ!
YAMAHA→YAMAHA USB-MIDI Driverは64bitに対応。
        Yamaha USB Audio Driverも64bit対応。
        なかなかドライバに関してはメーカーが頑張ってくれていてGOOD
MOTU→このメーカーはさすが老舗!!
オーディオ系、MIDI系ともに早期から64bit版Windowsドライバを提供してくれている。
     性能も対応速度も申し分なく素晴らしいの一言。
     次のオーディオインターフェイスはMOTU製にしちゃおうかしら・・・。
BEHRINGER→なぜかVISTA側で標準認識してくれたBCR-2000。
         もちろんメーカーサイトにはVISTA用ドライバはありませんでした。(笑)
         このメーカーは製品数が多すぎるので他はよくわかりません。(汗

こんなところかなと。

そうそう、MACOSX10.5は問題なく動いたりするんだな。
(V-Synth Ver2もMACOSX用ドライバで動くし)

ToolsのTDMプラグインを除けば意外と素敵☆
TDM関係は面倒の一言・・・。
マッシブパックでてるけど、後々のことを考えると
バラ売りの寄せ集め集であるマッシブは新OSへの対応が毎度中途半端です。
それと、Tools関係話で
Komplete5が10.5環境のProtoolsでまともに動かないのは痛いなぁと。
wavesもver6が必要でなにかと新OSがでる度に金のかかるMACOS。
なんとかならないのだろうか・・・。なんともならない感じだと
デジデザインが進めているWindows版ProtoolsTDMが安定し始めたら
移行してしまいそうな気分。

以上気づいたことやらの覚書でした?。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Protools TDMとMAC PRO Early 2008の難点日記
MAC PROの8コア標準モデルとPCIeのHDカード。
なんとスロット2にコアカードが挿さらないモデルがあるらしい。

そしてなんと、そのモデルに該当していた!!!!!!

Protools1.jpg

上はMACPROのビデオカードの上のスロット。
スロットの一部のみに四角いでっぱりがあるのがわかるだろうか?

Protools2.jpg
この形状をしたMACに上の写真のPCIeコアカードを挿すことができないのだ。
どこと接触するかというと、ほぼ写真中央のネジの周辺。
ここはカードを止めるための金属板を基盤に取り付けている部分なのだけど
この部分の基盤が2mmほど飛び出ていてMAC PROの基盤に接触してうまく
取り付けられないのだ。

実は無理やりとりつけることもできるらしいけど、デジデザインでこの基盤の余分な
部分をカットしてくれるので早速デジデザインに送ることにした。
もちろん無償修理?です。なんというかAppleに翻弄されるデジデザインと
僕ら制作側っていったい・・・。

ちなみにスロット3、4に挿した場合はちゃんとProtools起動確認できました。
スロット2だけにでっぱった基盤部分があるMAC PRO・・・。難点だ。

そしてついでなのでこんな現象も。

MAC PRO MA970J/A にVISTA Ultimate 32bit、64bitどちらをインストールするときでも
いっしょで、Protools TDM のPCIeカードが差さっていると
ブルースクリーンでエラーになりループすることが判明。
今までの謎だったVISTAがMAC PROにインストールできない原因はここにあった!!!
つまり MAC PROでVISTA環境にてTDMは使えない(BOOTCAMPができない)
まぁ、保障はされてないので誰にも文句は言えないのだけど。
おそらくAppleとデジデザインがWindows用のドライバを更新してくるようなら
使えるようになるのだろうけどいつの話なのやら・・・。

ところで、一般的なDOS/V系ならBIOSで予めPCIeをOSに認識させないよう
設定してみる方法もありだったりする。
が、MACにBIOS画面はないので、なんとかならないかいろいろ試してみたところ、
なんと、VISTAインストール後、Coreカードを挿して起動。
Windows起動後即Alt+ctrl+delでタスクマネージャを開き、VistaがCoreカードを
調べようとする前にそれを強制終了してやり、デバイスマネージャで
Coreカードやaccelカードに関するデバイスをすべて「使用しない」としてやると
普通にVISTAが起動するようになるのだ。
まぁ、当然VISTA側でProtpools関係は一切動かないわけだけど、
MACOSXで動けば当面問題ないのでTDMPCIeカードを取り付けた状態で
BOOTCAMPをしたい場合には便利だ。
ただし、PCIeに関わるドライバ(特にディスプレイ系やビデオカード系)は
TDMのカードを挿す前にインストールしておかないと、デバイスを使用しないにしても
ブルースクリーンでフリーズするので、先にビデオドライバなどを更新しておこう?。

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

大人の科学でシンセサイザーを作れる

いよいよ7/30に大人の科学からシンセサイザーを作る「シンセサイザークロニクル」が発売!
松武さんからの事前情報もあり、随分前から気になっていたもので、大人の科学サイトの完成内容を
みる限りフィルター、LFO、リボンコントロールもどき?な鍵盤部分、外部入力対応でかなり本格的☆
これで3000円台って安くないですか!?

とにかく初めてシンセサイザーを触る人にはぜひ触れてほしい基本機能が搭載されているので、
ここ最近でているシンセなんかよりずっと直観的にシンセサイザーを理解できるのではないかと

テルミンミニも仕事で結構活躍してるので、今回のアナログシンセサイザーも期待大☆

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

テクノVJ&5.1chサラウンド音楽 Environmental Destruction 視聴スタート♪
Environmental Destruction Stereo VJ Ver

さて、今回のVJは5.1chサラウンド音楽として立体的に仕上げた楽曲にVJをつけ、ステレオミックスし直したバージョンです。
曲の通奏低音的ループはクラブMusicという意味もありつつ、また繰り返されるとある出来事をただただ強調して風刺してます。現代ならではの作品内容をぜひ視聴して想像してみて下さい♪

この曲の5.1chサラウンドははこちらにて視聴可能です☆


目を閉じて5.1サラウンド(WMA)のみを聴くと多分軽くトリップ
 (広大な音の世界と大きな蛇が浮かびます)できるかも^^;

初出 コンテストパークweb第6回「unknown」にて受賞

テーマ: DJ/CLUB - ジャンル:音楽

MAC PROが戻ってきた


MAC PRO戻ってきました。
なんと、送って2日で帰還!!!!
ちゃんと見てくれたのか不安になる速度です。(^_^;)

ちなみにMACをAppleに修理に出すとき、MAC専用の箱が宅急便から
やってくるんですなぁ。
これがなかなか良い出来で、材料は段ボールとビニールだけだけど
衝撃対策がとにかく素晴らしい。
Appleなかなかやるな?。
買ったときの箱も相当頑丈なので、そのあたりの気配りは素晴らしいの一言。

さて、もどってきたMAC PRO。
一応すべて調べてもらったみたいですが、
特に異常は見られなかったと。汗

しかし、OS ERROR で起動しないはずなのにそれは直っていて
ちゃんとMACOSXが起動、HDDも初期化したわけではいようで
Windows DISCの検証用のデータも残っていた。
いったいどうやったのだろう・・・?

で、どきどきしながら Windows Vista 64bit(64bitは動かないとサポートセンターに
言われていたけどこれ目当てで・・・)を入れてみると・・・

あれれ?

すんなりインストール完了。おそらく30分ほどだったかなと。
いったいなんだったんだろう???
こっそりAppleのほうでなにかしたんだろうか???

なにはともあれ、無事VISTA 64bitも快適に動き、ドライバーも
Appleが64bit版をなぜか用意しているのでそれを入れて
デバイスの認識も問題なしに。


今までMACで大きなトラブルはなかったけど、これを機に
Apple care にしっかり入っておくべきだなぁと実感。

今回の謎の症状、原因がつきとめられず、不安要素はあるので
検証したいところだけど、そんな時間的余裕はなかったり。汗
さっさと制作環境を整えてしまおう?と。


テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ



プロフィール

TAKUYA

Author:TAKUYA
公開している音楽制作HPに多少?関係したゆったり日記です。
音楽制作依頼のご連絡はこちら

運営中の音楽HPはこちら



Google



ツイッター



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



こーこく



カウンター



アクセスby



楽天ナイスアイテム



AMAZON



ブログ内検索



RSSフィード



iTunes音楽ランキング



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



楽天ランキング



買得情報



最近のトラックバック



月別アーカイブ



APPLE



QRコード

QR