MIRROR OF ES Diary
音楽制作メモやら音楽機材、生活グッズレビューを中心とした日記です。
サンワサプライさんが考えた最強のビジネス鞄が凄すぎる件



ビジネスバッグ 3WAY 耐水素材 15.6インチワイド A4書類収納可 手提げ・ショルダー・リュックの3WAY 自転車通勤に最適 出張もできる大容量 パソコンバッグ [200-BAG048WP] 【サンワダイレクト限定品】
が最強すぎる!

ビジネス鞄で必要だよなという要素をまず考えてみよう。

・ノートパソコン15インチあたりまで+ACアダブタなどが入ること
・タブレットがすんなり出せること
・500mlのペットボトルが取り出しやすいこと
・耐水性があること
・収納量が圧倒的であること(書類なども入る)
・頑丈であること
・ショルダーできること
・手提げも肩掛けもできること
・1-2日くらいの出張に耐えられるだけの衣類が入ること
・通勤が苦にならない取り回しの良いサイズであること

です!

これを真剣に考えて作ってしまったのがサンワサプライさんなんです!
本当ビジネス鞄の革命と言って良いのではないでしょうか。
機能性と堅牢性に完全に振り切った鞄。これこそ究極のビジネス鞄。
ファッション性はこの無骨さというか機能美から逆に生まれているような。
ここが足りないんだよなというスキがほとんどない!

一箇所きになるのはロックできるファスナーがあってその中にあるポケットがなぜか
ファスナーではなくベリベリとはがすタイプなんですよね。
貴重品を一番入れたいところなのですが。

とは言ってもここまで考え抜かれた鞄はないですよ本当。

次に実際に購入してみてわかったことを挙げてみます。

・iPad Air はサバイバーケース付でも全面の大きなポケットに収まる。
 その代わりギリギリ入る感じなので小物はほとんど入らない。
 ケースなしなら余裕で入る。
・iPad AirとMac book Air 11 を二つ一緒にロック付ファスナーの
 ところに入れても十分余る。USBハブやACなどサプライ入れても余裕で余る。
・真ん中のファスナーのところはさらに拡張できるけれどそこまで入れることは
 そうそうないだろうというくらいなんでも吸い込まれていく。
 メッシュタイプのポケットが付いているので目視して取り出したい小物に向いている。
・前面左の小さなポケットにはペットボトル500ml+栄養ドリンクがちょうど入る。
 しかも取り出しやすい。
 この左ポケットの正面ファスナー付ポケットはちょうど携帯電話が一台収まる。
・大きな右ポケット正面のファスナー付ポケットはタオルやティッシュペーパーが収まる。

と、およそこのような形で使っておりファスナーも大きめの金属製。
縫い目もしっかりしており、防水性も実際に雨に降られてしっかり弾いているのを確認。
PCクッションもしっかりしておりさすがPCサプライメーカーさん!

これ以上最強のビジネス鞄はないと思います!
この鞄とうまく付き合って5-10年は使い続けたいなと思っています。
お仕事で使う鞄って本当大切で一生モノとして考えても良いと思うのです。
特に自分の場合はライブ現場(屋内外問わず)にポンと置いておくこともあり
環境的にハードよりな使用です。
一瞬革物も良いかなと思いましたがやっぱり大切な仕事道具であるタブレットやPCを
守ってくれる鞄には勝てないですね。

こんな鞄ないかなと思ったらサンワサプライさんが販売していたという
奇跡のような出来事。
こういう物造りできる企業さん尊敬します!
ありがとうございます!

テーマ:ノートPC - ジャンル:コンピュータ

TR-09とTR-8。ちょっと待ってローランドさん。触ってみた感想。
まさかのTR-09。


これって
TR-8との住み分けどこだろう…。


ルックスですか?
触り心地はまぁ。
いや特に感動はないです。
電池で動くとこ?
いや、そこはもう時代的に違うような。


TB-03も弾いてみましたけども、AIRA持ちには特に…。

AIRAは発想が良かったです。
違うサウンドになろうが、追加機能つけようがとにかく新しいものを目指している感じが音に出てる。

この新作二機種はガチ復刻系なんでしょうか?
特に何も思うことがなく静かにその場を去ってしまいました。
いや、良い商品だと思うんですよ。
音も悪くなかったし。
なぜAIRAと被せてきたのか。
ビンテージサウンドの完全復刻?
AIRAってブランドには秘めた力があると思うんです。
ヒットはしなくとものちに名機になりうるような。
それじゃあ企業は成り立たないですよね。難しい問題だ。

辛口なんだか辛口じゃないんだかですけども甘口でもないです。
今一歩尖ってないというか。
やっぱV-Synthみたいな斜め横(上ではない)に尖りまくったシンセを期待!

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

MONTAGE弾いてみた+Neuronと比べてしまう件。


MONTAGE8弾いてきました。
いやいや、さすがヤマハさん。
良い鍵盤タッチです!
88鍵盤良いですね。
ノブもしっかりしてるし。
そういうところが素敵。

さて、音色が変化していくという目玉機能なんですが。
こちらどの音色をアサインしてみてもですね…。
どう聞いても音色Aと音色Bがボリュームによって混ざってるようにしか聞こえないんですよ。
Neuronみたいに音がバラバラに分解されて謎の音になるのかとドキドキしたんですけどね。
ならなかったです。

もう一つの目玉であるFMはFMっぽいんですけどソフトシンセで十分な予感。
圧倒的安心感のある王道ワークステーションっぽさを感じるんですけどね。
ただ、40万円超えは高いです…。

ちなみに、ど変態かつオンリーワン最強?FX制作シンセNeuronは
なんとソフトシンセ化した後フリープラグインになってるんですよね。
http://www.neuron-synth.com/html/Home.html
VSTのみですけども気合入ってる方は是非。
実機はもう触るだけで感動します。

こうなってくるとヤマハさんもNeuronくらいの変態っぷりで進んで欲しいものです。
そしたらKRONOSより物欲がうわまるかもしれないのです。
KRONOSはナンダカンダ音が良いので手放せないんですね。
これの音色だけはほんとソフトシンセでもないなーって思います。
ピアノ、エレピ系が優秀すぎて。
早く音源モジュール版かソフトシンセを出してください。笑



それにしてもRD-800の弾き心地が良すぎて。

RD-900が出たら変えようかしらって思ってしまうのです。
でも新宿行った時にMIDIキーボードのすごいのがあるっぽいのでそれを試奏したいなと。


だんだん脱線気味ですね。
MIDIコントローラーとかMIDIキーボードいっぱい出てるんですけども
どうにも触り心地がガジェットっていうかおもちゃなんですよね。
楽器的な頑丈さ、使いやすさ、タッチの良さとかそういうのをしっかり追求した
コントローラーが欲しいのです。
お値段高めで良いので。鍵盤系は出るもののノブやスライダー系はほとんど見かけないです。
どこか作ってくれないかしら。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

SYSTEM-8とJD-XAを弾き比べてみた。

SYSTEM-8
弾いてきました!

SYSTEM-1とどう違ったかも込めてレビュー。


SYSTEM-8はAIRA集大成っぽい機能満載。
SYSTEM-1のバージョンアップで追加された大量のオシレーター波形が最初からあり、
シーケンス+今風にゲートサウンドも。しかもコードを記録できるんですよね。
これがもうなんだろ。NEXUSみたいなGATサウンドをガンガン弾けるんです。
店頭にあったSYSTEM-8は本当触られてない感があり、ほとんどオシレーターで
ちょっと遊んだくらい。
もう、これぞとばかり音色を作り込んでガンガンゲートサウンドをコード弾きで入れてきました。笑

ボコーダーもあるみたいで単純に触っていて楽しいです。
そしてそれを気軽にPCに取り込めるのも良いです。
ちょっと横幅大きいですけども。

SYSTEM-1とはちょっと前にブログで書いた通り、制作で使うか機材として使うかじゃないかなと。
やっぱ制作だとゲートサウンドは他の音色をトリガーにしたりするんで・・・。
結論シンセを楽しむならSYSTEM-8。
制作はコンパクトにSYSTEM-1。

ついでにとなりにあったJD-XAを触ってみたら…。



あれ?
あんまSYSTEM-8と音の傾向が違わないぞ。
しかもオシレーターをアナログシンセにしてもさほど…。
意外にピンとこない?
SYSTEM-8が楽しすぎたか?

アナログを楽しむならJD-XAってのは間違いないのだけど
最新サウンド感はSYSTEM-8かなと。
ただ、やっぱSYSTEM-1の音色だもの。
そういう点ではアナログが使えるJD-XAが最新サウンドになるのかしら。
アドレナリンが出るシンセは名機になりやすいのでSYSTEM-8は要チェック!

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

未知の扉[オリジナル][初音ミク][進路][ハイスピードロック]動画公開開始しました!


見えない未来、悩ましい進路をテーマに。
Compose TAKUYA
ツイッター @mirrorofes
lyrics ES
Illustrator たっかーさん
http://piapro.jp/Qoo1127
movie アリス@ココロナ
http://piapro.jp/kokorono_arika
produce Mirror of ES
http://mirrorofes.com


http://nico.ms/sm29952751

テーマ:初音ミク - ジャンル:音楽

AIRA SYSTEM-1持ちが新製品SYSTEM-8を考察


ついにAIRAが本気に!?
SYSTEM-8登場です!

プラグアウトX3&ボコーダー、アルペジエーター、
ポリフォニック・ステップ・シーケンサー、コードメモリー、CV/GATE Out...。

おいしいところいっぱい詰め込んできましたね。
USB項目にAUDIO機能がある事からオーディオインターフェイスとしても。
ボコーダーの使えるオーディオインターフェイスはちょっと魅力的。

ドラム系を除くシンセサウンドはかなり作り込めそうですね。
これ一台で結構お腹いっぱいになれるかも。
アナログシンセとしてではなく技術の先端を貫くAIRA。
JD-XAとの差別化はしっかりしてます。


では、SYSTEM-1持ちから見るとどうでしょう。

やっぱり付加された機能分SYSTEM-8のが魅力的ですね。
コンパクトに最新サウンドというかAIRAサウンドをってなった時のSYSTEM-1は最強です。
このサイズでシンセしてるってのが今っぽいんです。
しかも手で触る時にリサイズして小さくなっていないので操作性はとてもよい。


JP-08とかみたいにリサイズして扱いやすい大きさにしてるのはとってもよいのだけど。
でも操作性を犠牲にしてるかもという。慣れかな?

初シンセでSYSTEM-1持ちってなるとなんともだけれど
幾つか持っていてSYSTEM-1を選択した方ならきっとわかるジレンマ。
SYSTEM-8にしてもPlug Out機能は結局ソフトシンセで賄っちゃうよねという。
DAWとの連携を想定してる時点でね。
そうすると余分な操作パネルを削ぎ落としたSYSTEM-1は実に利便性が高く
追加された機能はDAWで補えばよいのです。
そう考えるとサウンドキャラクターが激変しない限りSYSTEM-1のままが良いとも。
完全な上位機種って考えにくいのがAIRA製品らしいかなと思います。

そうなるとJD-XAのが魅力的。でもそんなにアナログシンセ取り込まないよって。


Doepferにハマった時期がある身としてはいろいろお腹いっぱいで。
それより制作的に必要なサウンドなのかが重要。
そういう観点からSYSTEM-1含めたAIRA製品はお仕事に活かせているので満足しています。

次を期待してしまうのはAIRA製品を完全にまとめて扱えるUSBハブ的なの。
前からこのブログで言い続けてますね...。

なんというかAKAIのSシリーズのSINE WAVEを使い続けるためにSシリーズを維持するのかとか。
そのためにシステムの維持するよりスマートにタブレット一台で曲作れちゃうみたいな方に
進んでる気がするのです。
もちろんSシリーズ、売り時を逃しました。笑
今時SシリーズのサンプリングCDを探す方が大変。笑
CDドライブ非搭載なんてSCSI接続型CD-ROMドライブを探さなきゃ。
懐古してる時間で何曲作れることやら。
時代の波ですね。( T_T)

というわけでSYSTEM-8はAIRA製品を持っていない方にこそ意義があると思うのです。
このでかさが問題ないならありあり!
AIRAサウンド、綺麗なので今っぽい(それでももうサウンド的に1-2年前かなー?)メイキングできます!

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽



プロフィール

TAKUYA

Author:TAKUYA
公開している音楽制作HPに多少?関係したゆったり日記です。
音楽制作依頼のご連絡はこちら

運営中の音楽HPはこちら



Google



ツイッター



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



こーこく








サーバー・レンタルサーバー








カウンター



アクセスby



楽天ナイスアイテム



ブログ内検索



RSSフィード



チョコボ大好き♪



iTunes週間音楽ランキング



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



楽天ランキング



買得楽器



AMAZON



最近のトラックバック



月別アーカイブ



QRコード

QR