MIRROR OF ES Diary
音楽制作メモやら音楽機材、生活グッズレビューを中心とした日記です。
DAWをLogic Pro XメインにすべくOSX10.12.2にしてみた結果トラブったものたち
OSX 10.8.5が大安定していたのでそのままLogic Pro9で進めていたものの、
最近ボーカルピッチがDAW内で完結するLogic Pro Xの10.2.4でピッチ補正精度が
上がったということもあり思い切ってOSX10.8-10.12.2にアップ!
なんなくOS10.12.2にはなったもののいきなり3枚目のディスプレイが映らない。
まぁ、USBディスプレイなので予想通りドライバの問題でした。

http://www.displaylink.com/downloads/osx
ここですね。
・LCD-4300U
・LCD-8000U
・LCD-8000U2
・LCD-9700U3
・LCD-10000U
・LCD-10000U2
あたりは
DisplayLink USB Graphics Software for Mac OS X Ver2.6をインストールして
再起動したら普通に映りました。



次にiLok。
https://www.ilok.com/#!home
10.7以上のドライバあてれば問題なし。


iLok2も問題なく認識されるようになりました。
e-Licenserは特に問題なく認識。



そして極め付けはeu-conことArtist Control。
画面が赤く染まりました。
なのでドライバをアップ。
これが至難。
http://euphonix.avid.com/main.php
ここからログインなのであってAVIDのトップからではないのです。
一番新しいドライバを入れたら、Eucon本体を起動しておいて
Mac では、タスクバーにある EuControl アイコンをクリックし、[EuControl Settings]を選択。
[Surfaces]タブの右下のファームウェアアップデートを押せば自動的に新しいファームウェアに更新されます。
ドライバインストール→ファームウェアアップデートの順がポイント。


今の所これくらいです。
意外とすんなり動作してくれていて、Logic Pro Xの追加音色10GB超えをDL中ってところ。
2-3個くらいプラグインがエラーを起こしているものの、致命的な状態はなさそう。
こんなにバージョン飛ばした割にすんなり移行できそうなのはビックリ!

今日マネージメントの仕事終わったらバリバリLogic Pro X 10.2.4の新機能使い倒しますよ!
それに民族楽器増えてるしアルケミーもガシガシ使えるしまた新しいサウンドをお届けします!
お楽しみに♪


テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

A voice trembling from fear[フリーBGM素材][オーケストラ][緊迫系]公開



オーケストラサウンド、映画のプロローグのような緊迫感溢れるミュージック。
動画やゲームなどあらゆるコンテンツに無料で使用自由なフリーBGM素材です。

使用される際は下記クレジットを任意で記載頂けますと嬉しいです。
(必須ではありません)
使用報告は必要ありませんがツイッターに一報頂けると励みになります。

Mirror of ES
http://mirrorofes.com
Twitter @mirrorofes



テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

MATERIAL MIRROR OF Es 音楽フリー素材利用規約改定でほぼ完全フリー化
なんと!
MATERIAL MIRROR OF Es
当方運営制作による音楽フリー素材サイトが
「完全フリー素材化」キタ━(゚∀゚)━!
しました!

商用問わずご報告なく使用頂けます!
現時点でフリー素材BGM100曲以上あります。
効果音やジングルもありますのでどんどん使ってくださいキャ━(´ェ`)━!!!


さて、雑談を少し。
完全フリー化は時代の流れと心変わり両方のタイミングですね。

モノというのは使われなければ認知されない。
時代も変わり世界規模でコンテンツを気軽に作れる時代となり
特に動画の発展は凄まじいです。
動画に色を添えるのがBGMや効果音だったりしますよね。
そしてそれらコンテンツは昔と違い爆発的な再生回数になりうるんです。
それこそ知ってもらう最大のチャンスと言えるわけですね。
クレジットつけてもらえれば大満足なくらい笑
世界感覚としてはむしろ遅すぎる対応だと思ってこの点は焦っています。
が、アメリカの国内重視政策のような主義での観点から見るとまた大きな変革が来るのかもしれません。
とりあえず現状に追いつくための対応というところです。

それに加えしがらみを捨てたいというか、自分のモノであるという所有感が
どうでもよくなってきているんですよね。みんなが好きなように使えたらそれが良い。
クレジットの部分が必須になっていないのはそういう意味もあります。
特に難しいルールを読まず手軽に使える音素材。
これが何かを作りたいというクリエイター魂を持つ方の役に立てるんじゃないかなと。

そんな経由で大幅な利用改定を入れちゃいました。
もし、雰囲気は好きなんだけど完全オリジナルで自分の作品だけのための音が欲しいって方は
制作ご依頼ください♪




テーマ:最新音楽ニュース・音楽情報 - ジャンル:音楽

メインテーマ 著作フリー音楽素材アップしました。ご利用くださいませ。


上記メインテーマをフリー素材として公開しました。
オーケストラサウンドでございます。

Mirror of ES
http://mirrorofes.com
Twitter @mirrorofes
をクレジットとして記載して頂けますと幸いです。


続きを読む

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

サンワサプライさんが考えた最強のビジネス鞄が凄すぎる件



ビジネスバッグ 3WAY 耐水素材 15.6インチワイド A4書類収納可 手提げ・ショルダー・リュックの3WAY 自転車通勤に最適 出張もできる大容量 パソコンバッグ [200-BAG048WP] 【サンワダイレクト限定品】
が最強すぎる!

ビジネス鞄で必要だよなという要素をまず考えてみよう。

・ノートパソコン15インチあたりまで+ACアダブタなどが入ること
・タブレットがすんなり出せること
・500mlのペットボトルが取り出しやすいこと
・耐水性があること
・収納量が圧倒的であること(書類なども入る)
・頑丈であること
・ショルダーできること
・手提げも肩掛けもできること
・1-2日くらいの出張に耐えられるだけの衣類が入ること
・通勤が苦にならない取り回しの良いサイズであること

です!

これを真剣に考えて作ってしまったのがサンワサプライさんなんです!
本当ビジネス鞄の革命と言って良いのではないでしょうか。
機能性と堅牢性に完全に振り切った鞄。これこそ究極のビジネス鞄。
ファッション性はこの無骨さというか機能美から逆に生まれているような。
ここが足りないんだよなというスキがほとんどない!

一箇所きになるのはロックできるファスナーがあってその中にあるポケットがなぜか
ファスナーではなくベリベリとはがすタイプなんですよね。
貴重品を一番入れたいところなのですが。

とは言ってもここまで考え抜かれた鞄はないですよ本当。

次に実際に購入してみてわかったことを挙げてみます。

・iPad Air はサバイバーケース付でも全面の大きなポケットに収まる。
 その代わりギリギリ入る感じなので小物はほとんど入らない。
 ケースなしなら余裕で入る。
・iPad AirとMac book Air 11 を二つ一緒にロック付ファスナーの
 ところに入れても十分余る。USBハブやACなどサプライ入れても余裕で余る。
・真ん中のファスナーのところはさらに拡張できるけれどそこまで入れることは
 そうそうないだろうというくらいなんでも吸い込まれていく。
 メッシュタイプのポケットが付いているので目視して取り出したい小物に向いている。
・前面左の小さなポケットにはペットボトル500ml+栄養ドリンクがちょうど入る。
 しかも取り出しやすい。
 この左ポケットの正面ファスナー付ポケットはちょうど携帯電話が一台収まる。
・大きな右ポケット正面のファスナー付ポケットはタオルやティッシュペーパーが収まる。

と、およそこのような形で使っておりファスナーも大きめの金属製。
縫い目もしっかりしており、防水性も実際に雨に降られてしっかり弾いているのを確認。
PCクッションもしっかりしておりさすがPCサプライメーカーさん!

これ以上最強のビジネス鞄はないと思います!
この鞄とうまく付き合って5-10年は使い続けたいなと思っています。
お仕事で使う鞄って本当大切で一生モノとして考えても良いと思うのです。
特に自分の場合はライブ現場(屋内外問わず)にポンと置いておくこともあり
環境的にハードよりな使用です。
一瞬革物も良いかなと思いましたがやっぱり大切な仕事道具であるタブレットやPCを
守ってくれる鞄には勝てないですね。

こんな鞄ないかなと思ったらサンワサプライさんが販売していたという
奇跡のような出来事。
こういう物造りできる企業さん尊敬します!
ありがとうございます!

テーマ:ノートPC - ジャンル:コンピュータ

TR-09とTR-8。ちょっと待ってローランドさん。触ってみた感想。
まさかのTR-09。


これって
TR-8との住み分けどこだろう…。


ルックスですか?
触り心地はまぁ。
いや特に感動はないです。
電池で動くとこ?
いや、そこはもう時代的に違うような。


TB-03も弾いてみましたけども、AIRA持ちには特に…。

AIRAは発想が良かったです。
違うサウンドになろうが、追加機能つけようがとにかく新しいものを目指している感じが音に出てる。

この新作二機種はガチ復刻系なんでしょうか?
特に何も思うことがなく静かにその場を去ってしまいました。
いや、良い商品だと思うんですよ。
音も悪くなかったし。
なぜAIRAと被せてきたのか。
ビンテージサウンドの完全復刻?
AIRAってブランドには秘めた力があると思うんです。
ヒットはしなくとものちに名機になりうるような。
それじゃあ企業は成り立たないですよね。難しい問題だ。

辛口なんだか辛口じゃないんだかですけども甘口でもないです。
今一歩尖ってないというか。
やっぱV-Synthみたいな斜め横(上ではない)に尖りまくったシンセを期待!

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽



プロフィール

TAKUYA

Author:TAKUYA
公開している音楽制作HPに多少?関係したゆったり日記です。
音楽制作依頼のご連絡はこちら

運営中の音楽HPはこちら



Google



ツイッター



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



こーこく








サーバー・レンタルサーバー








カウンター



アクセスby



楽天ナイスアイテム



ブログ内検索



RSSフィード



チョコボ大好き♪



iTunes週間音楽ランキング



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



楽天ランキング



買得楽器



AMAZON



最近のトラックバック



月別アーカイブ



QRコード

QR